気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

高校受験の勉強はいつから始めるべきかについての考察

2016.3.26

高校受験の勉強はいつから始めるべきか?

早ければ早いに越した事はありません。

でもいくら早いと言っても小学生からというのは現実的ではありませんね。

中学生の本音としては、出来るだけ短期間で、成果を上げたいのが本音でしょう。

ここでは高校受験はいつから始めるべきかについて考えてみましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

大学生だけど勉強にやる気・意義が見出だせない どう対処するか

大学生になったのはいいものの、勉強に対してやる気が出ない、意義を見出だせないままでいませんか?勉強以...

英語の勉強方法を知りたい高校生に贈る、必殺英語習得方法

英語は大学受験にも必須科目です。 そのため英語の勉強は欠かすことは出来ません。 しかし、...

中学生で勉強ができないと悩む子の共通点と対処法

中学生になって勉強についていけなくなったり勉強ができない事に悩んでいる子もいると思います。 わ...

No Image

大学受験のために部活を辞めて勉強に専念すべき?両立の問題

大学受験を考えると部活と勉強の両立は難しいと感じる受験生は少なくないでしょう。 特に体育会系の...

資格試験で確実に合格するための勉強の仕方

資格を取得しようと思ったら試験に合格しないといけません。 でも、資格試験の勉強ってどうやってや...

大学で最大の不安である友達が出来ないという不安と闘う方法

新しい生活は、当たり前ですが、今までの事実がリセットされ、新しいスタートが切れるという事です。 ...

高校の一クラスの人数はどのくらい?世界と比べた日本の現実

高校のクラスの人数を基準に学校を選んだ人はいないでしょう。 しかし、日々生活していく上でクラス...

高校の部活動におけるマネージャーの役割ってどんなもの?

フィクションの世界とは異なり、現実の高校の部活におけるマネージャーの立ち位置は、決して華やかなもので...

受験の失敗から立ち直りを決意するまで

受験の失敗というのは辛いものです。 これから最低でも1年間はこの事実と直面しなくてはいけません...

高校の校章をどこにつけるの?校章の正しい位置について

高校の制服を購入し、さて明日が入学式。 準備をしていて、ふっと気づく。 「あれ?校章の位...

野球部のマネージャーは可愛いだけでは務まらない

最近の高校野球では、野球部のマネージャーが超絶可愛いと言って大変話題になりました。 確かに可愛...

専門学校で奨学金を申請する時の理由の書き方

家の経済状況によっては進学する為の学費を捻出するのが難しいなどの理由により、奨学金を申請しよう! ...

大学でゼミの選び方を悩んでいる人へのアドバイス

大学と言えば、サークル活動、アルバイト、そしてゼミが重要な要素です。 選び方次第で、大学生活が...

勉強に集中するため有効なbgm その鍵を握るのは脳波

人間は古くから、音楽を心の栄養として楽しんできました。 その音楽の力を、是非勉強にも取り入れた...

受験に対する不安を解消するには

受験とは文字の通り試験を受けること。その合否によって入学が決まったり、資格の取得ができたりと、次につ...

スポンサーリンク

高校受験の勉強はいつから始めるべき?

中学生にとって、1年間はとてつもなく長いものです。

高校受験のために、1年費やすだけでも、かなりの犠牲を強いられます。

それが2年前、3年前から始めるとすると、よほどのモチベーションが必要です。

まずは、あなたにとって高校受験合格というご褒美に対して、どれだけの時間をかけられますか?一般的な認識としては、中学3年生の夏には本気にならないとだめと考えている人が多いでしょう。

その頃になると、部活も引退する事になりますし、いよいよ受験に専念という気分になります。

当たり前ですが、勉強というのは、毎日の積み重ねです。

試験勉強は一夜漬けでも可能ですが、受験勉強はさすがに一夜漬けの範囲を超えていますので、それなりに時間をかけないと成果は現れません。

そして、その期間は長ければ長い方が、成果が形として現れます。

目安ですが、難関校を考えているのであれば、中学1年生から、難関校でなければ中学3年生からは高校受験を始めた方がいいでしょう。

高校受験の勉強方法

ここでは具体的な技術論ではなく、勉強方法の考え方についてご説明いたします。

勉強熱心な中学生は、予習復習をきちんと毎日しているかもしれません。

しかし多くの中学生にとって、勉強は試験勉強の時にまとめてという人が多いでしょう。

まあ、短期間でそこそこ成果が上がるので、有効な手段と考えている中学生も多いと思いますが、高校受験にはこの方法は通じません。

前述した通り、範囲が広すぎるのです。

そのため、仮に中学3年生の夏から、中学3年間を勉強しなおそうとしても、毎日かなり時間を費やさないと成果が上がりません。

そのため、中学1年生の勉強は中学1年の間に、中学2年生の勉強は中学2年の間に理解をしておくと、受験勉強が随分楽になります。

理解という言葉だと曖昧ですが、具体的に言えば、判らない事は放置しておかないという事です。

特に数学と英語の文法は、過去の積み残しがあると、中学3年生になってかなり苦労します。

逆に積み残しがなければ、中学3年生は3年生の勉強と受験勉強に専念できます。

高校受験のために塾に行くべき?

塾に行くことで成果があがる人もいれば、上がらない人もいます。

一番問題なのは、塾に行ったことで勉強した気になることです。

塾の勉強方法は基本学校の勉強方法と同じく、先生の説明を聞く事です。

つまり、学校で判らなかった事の復習やもっと深く理解するたの説明、高校受験のテクニック的な物を学ぼうとするには有効ですが、聞いているだけでは身に付かないのです。

塾での勉強は受動的なものなので、実際に身に付くのは、自分でテキストを読んだり、問題を解いたりという能動的な方法です。

そのため学校の授業がまるで判らない人にとって、その勉強方法に準ずる塾の勉強は、あまり効果がありません。

そういう人の場合は、家庭教師のようにマンツーマン形式で、ピンポイントで判らない事を説明してもらった方がいいのです。

また、家庭がいろんな事情で勉強をするのに適していない場合は、塾のように集中できる場所の方が、効率が上がることがあります。

塾に行くべきか、行かないべきかは、その人が塾の勉強に向いているかいないかで判断しましょう。

高校受験の塾にはいつから行くべき?

中学3年生の夏から夏期講習へ行くという人は多いでしょう。

でも出来ればもう少し早いタイミングをおすすめします。

何故なら、勉強を習慣化するにあたり、その習慣の始めというのはあまり効率が上がらないのです。

自分の勉強方法の最適なやり方を模索したり、試行錯誤するので、エンジンが温まるまでに結構時間がかかります。

中学3年生の夏は、エンジン全開で行きたいところなので、そうするとやはり中学3年生になったタイミングでというのが、キリがよくていいでしょう。

中学生にとって、中学3年生というのは、高校受験をする年という事が、痛いほど判っていると思います。

そして、春というのは心機一転頑張ろうと気分があるので、何かを始めるにはうってつけです。

夏を待つ必要はないのです。

中学3年生になったタイミングで塾に入り、受験に向けた勉強を始めましょう。

はじめは中々効率が上がらなくても、いいのです。

まずは勉強を習慣化して夏休みを迎えましょう。

高校受験の勉強のポイント

高校受験のための勉強についてポイントをまとめまると、まず、中学1年と2年の勉強はその学年のうちに理解をしておきましょう。

特に数学と英語の文法は、積み上げ式なので、以前習った事の上に新しい事を積み上げていきます。

その基礎が怪しいと中学3年生で大変な苦労を強いられます。

この二つは特に意識して理解に努めましょう。

そして、塾に通うのであれば中学3年生の進級時のタイミングがおすすめです。

やる気があるうちに勉強を習慣化しましょう。

また塾に通えば、成績があがるわけではありません。

最終的には自分で勉強しないと成果は現れません。

塾は学校と授業と自分の勉強の補助ツールとして認識し、塾に行くことで慢心しないようにしてください。

また、塾に行く事に対して向き不向きがあります。

特に学校の授業についていけない人は、家庭教師のように、マンツーマンでその人の理解してない所をピンポイントで説明してももらった方がいいでしょう。

さて如何でしたでしょうか?

高校受験の勉強はいつから始めるべきか?その問いに対してのあたなと答えの参考にしていただければと思います。

 - 学校・勉強に関する雑学