キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

空腹時に感じる吐き気の対処法とおすすめの食事

2016.3.19

あなたは諸事情により食事を取ることができずに極度の空腹に陥ったことはありますか?

お腹がすきすぎると胃痛がしたり時には吐き気がすることもあります。

そこで今回は空腹時に感じる吐き気の対処法と空腹時におすすめの食事を紹介します。

空腹で吐き気がする原因

特に病気があるというわけでもないのに、空腹時に吐き気がするという経験をしたことがある人もいると思います。

そういった場合は胃酸が通常よりもたくさん分泌されていることが原因である可能性があります。

胃は食事で摂取した食べ物を消化する為に、ペプシンや塩酸といった消化液が分泌されていますが、普段は食事をしない限りは消化液が分泌されることはありません。

ところが偏食やストレスなどが原因で、いわゆる胃酸過多になってしまうと、空腹時に大量の胃酸が出てくる可能性があります。

この胃酸は本当に強力な消化液で、時には胃壁に穴をあけてしまう事もあるので注意が必要です。

また、ほとんどの場合は胃酸過多が原因で空腹時に吐き気を感じるわけですが、まれに胃や十二指腸に潰瘍ができている場合も吐き気を感じる事があります。

胃もたれや食欲不振だけなら胃酸過多の可能性が高いですが、胃のあたりに痛みを感じたり、吐血するような場合は潰瘍の可能性が高いので、ただちに病院へ行きましょう。

空腹で吐き気を感じる時の対処法

空腹で吐き気を感じている場合の対処法はその原因によって変わってきますが、ここでは病気などではなく胃酸過多によるものだということを前提に考えていきます。

胃酸過多になってしまう原因は前述のとおり、偏食やストレスです。

一番簡単な方法はその偏食やストレスを解消させればいいのです。

簡単に行ってしまえばバランスの良い食生活とストレスのない健康的な生活を心掛ける事です。

普段からストレスを溜めこみやすい人は、自分なりのストレス解消法を見つけられるようにしましょう。

スポーツなどで体を動かすことは健康にもいいですしストレス解消にも効果的です。

食事に関してはバランスのとれた食事を心掛けても暴飲暴食をしてしまっては何も意味がありません。

食事をする時は早食いにならないように気を付けて、しっかりとよく噛み、腹八分目の食事を心掛けると良いでしょう。

これらの事を気を付けていても症状が良くならない場合は、何かの病気を併発している可能性も考えられるので、すぐにでも病院で検査してもらいましょう。

空腹時の食事代わりにおすすめの食べ物

空腹なんだけど今食べたら気持ち悪くなってしまいそうな気がするなんて感じた時、まず胃を落ち着けるために軽く何か食べ物を入れようと考える人も少なくないでしょう。

その考え方は間違ってはいませんが、だからと言って食べるなら何でもいいのかというとそういうわけではありません。

極度の空腹状態の場合は胃にもそれなりのストレスや負担がかかっている状態ですから、なるべく胃に優しい食べ物を選ぶ方がよいでしょう。

そこでまずおすすめなのが果物です。

果物はイチゴやキウイをはじめとしてビタミンCが豊富に含まれている物がたくさんあります。

ビタミンCには荒れた胃袋を修復して元の健康な状態に戻すためにも必要な栄養素ですし、美肌にも効果は抜群です。

しかし、果糖の摂りすぎは太る原因にもなるので食べ過ぎは厳禁です。

他にはヨーグルトもおすすめです。

そのまま食べてもいいですし、果物と一緒にしても美味しく食べる事ができます。

消化にも良いのでお腹が空いている時に食べても気持ち悪くなる事はないでしょう。

夜の空腹時におすすめの食事

夜の空腹時に先ほど紹介した果物などを食べてしまうと、摂取した果糖を消費することもなく蓄えてしまう結果になり、吐き気は治まったけどだんだん太ってきてしまったなんて言うことにもなりかねません。

そんな時の食事としておすすめの物をいくつか紹介したいと思います。

最初におすすめしたいのは野菜スープなどの温かいスープです。スーパーに行けば軟らかく煮こんだ野菜がぎっしり詰まったスープや簡単に調理することができるインスタント食品などが豊富に販売されています。

しっかり煮込まれた野菜スープであれば栄養も豊富でそれほどカロリーも高くなく、胃にも優しいので気持ち悪くなる心配も少なくてすみます。

いくら野菜が軟らかく煮こまれてるとは言っても、食事をするのはちょっとツラいけど、とりあえず何か胃に入れて落着けたいと考えているのであれば、甘酒を飲むと良いでしょう。

甘酒は栄養満点の飲み物です。

胃に負担もないので吐き気を感じる事もありませんし、弱った胃を修復する以外にも疲労回復や便秘の解消にも効果があるのでおすすめですよ。

食事は野菜を摂ることを心掛ける

胃酸過多によってダメージを受けた胃の内部を修復して元の健康的な胃に戻すためにはたくさんの栄養が必要になります。

特に必要なのがビタミンAとビタミンCです。これらのビタミンを摂取する為にも、ホウレン草やブロッコリー、ニンジンといった緑黄色野菜を積極的に食べるように心掛けましょう。

他にもキャベツやダイコン、カリフラワーといった淡色野菜もおすすめです。

これらの野菜は煮るなどして軟らかい状態にして食べると傷んだ胃にも負担が少なく食べられます。

逆に胃酸過多になってしまった場合に控えた方が良い野菜類もあります。

それは強い香りを持つピーマンや春菊、タマネギ、ニンニクなどといった野菜です。

いくら豊富な栄養を含んでいるとは言っても胃への負担を考えたら食べない方が賢明です。

また、火を通しても軟らかくすることができないゴボウやタケノコなども食べない方がいいでしょう。

傷んだ胃に極力刺激を与えずにたくさんの栄養を摂取して、1日も早く健康な胃を取り戻しましょう。

 - 健康に関する雑学