気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

受験の失敗から立ち直りを決意するまで

2016.3.12

受験の失敗というのは辛いものです。

これから最低でも1年間はこの事実と直面しなくてはいけません。

また、自分の今までの努力が実を結ばなかったというのも辛い事実です。

しかし落ち込んでばかりはいられません。

立ち直りまでの方法をご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

大学生はバイトにテストに忙しい!失敗しないスケジュール作り

細かく校則で定められた制服を着て常に規律を求められてきた環境から、自分のことは自分の意思で決めて進ん...

大学で希望のゼミに落ちた時の立ち直り方

大学のゼミで、希望のゼミの選考から落ちたらショックですよね。 またどうしてもそのゼミで研究した...

高校で部活に入らないのは将来不利になるか知りたい

高校生の部活動は、強制の学校もあれば、任意の学校もあります。 入るという選択肢と入らないという...

大学に行くべきか否か、進路で悩みを抱えている高校生へ

高校生にもなると、ただ大学へ進学という進路ばかりではありません。 下手をすると将来に直結する選...

大学生が一人暮らしでつらいと感じる瞬間とその対策をご紹介

地方から大学に通うために引っ越しをしてきた時に、一人暮らしをしていてつらいと感じることもあ...

No Image

大学受験のために部活を辞めて勉強に専念すべき?両立の問題

大学受験を考えると部活と勉強の両立は難しいと感じる受験生は少なくないでしょう。 特に体育会系の...

将来に不安を感じる大学生の実態とは?

見えない将来は誰だって不安ですが、特に大学生が覚える不安は、社会に対する不安です。 就職に対す...

大学の卒論の発表で緊張のあまり失敗しないためにやるべき事

卒論が完成してホツとしたのもつかの間、今度は発表という壁があなたの前に立ちはだかっています。 ...

大学で最大の不安である友達が出来ないという不安と闘う方法

新しい生活は、当たり前ですが、今までの事実がリセットされ、新しいスタートが切れるという事です。 ...

高3の夏休みに遊びたいなら 把握すべきは自分の○○だった!

高3の夏休みといえば、まさに受験前の貴重な時間です。 頭では、遊びより勉強を優先して...

高校受験の勉強はいつから始めるべきかについての考察

高校受験の勉強はいつから始めるべきか? 早ければ早いに越した事はありません。 でもいくら...

高校の一クラスの人数はどのくらい?世界と比べた日本の現実

高校のクラスの人数を基準に学校を選んだ人はいないでしょう。 しかし、日々生活していく上でクラス...

英語の勉強方法を知りたい高校生に贈る、必殺英語習得方法

英語は大学受験にも必須科目です。 そのため英語の勉強は欠かすことは出来ません。 しかし、...

マネージャーは部活動でどんな役割を果たすべきか

マネージャーというと熱血スポーツ根性ものの主人公を支える可愛い女の子を想像してしまいます。 で...

大学でゼミの選び方を悩んでいる人へのアドバイス

大学と言えば、サークル活動、アルバイト、そしてゼミが重要な要素です。 選び方次第で、大学生活が...

スポンサーリンク

受験の失敗で落ち込むこと

高校生にとって1年間というのは、かなり長い時間です。

人によっては高校二年の時から、ずっと受験勉強をしてきて、いざ合格発表で自分の番号を見つけられなければ、それは落ち込みます。

何故なら今までの努力が無駄と感じられるからです。

そして、今後1年間は、またいままでと同じ生活をするのです。

すごろくでゴール間近で、スタートに戻されたようなものです。

それは絶望したと言ってもいいでしょう。

受験の失敗というのは、だた大学に落ちたということではなく、ちょっとしたアイデンティティクライシスを味わいます。

「自分が必要とされなかった」と感じる人もいるでしょう。

また友人が合格したのに、自分が合格できなかったという劣等感を味わう人もいるでしょう。

家族や友人があなたの受験の失敗を気にして、腫物に触るような対応をされて、余計勘に触ることもあり、時として八つ当たりしてしまう事もあるでしょう。

これは当然の感情です。

こういった感情は誰でも感じるものです。

だからその感情を無視しないでください。

挫折からの立ち直り

誰だって順風満帆な人生がいいですよね。

挫折もなく、いつでも楽しい思いをしたいと考えること当たり前です。

しかし、みんなが挫折もない人生を送れるとは限りません。

何故ならパイの大きさは決まっていて、そのパイをみんなで取り合っているので、取っぱぐれることもありえます。

誰かの順調な人生の中で、誰かが挫折している、それが人生です。

でも挫折するのがなぜ自分なんだと疑問に思いますよね。

他の人でもよかったはずだと。

事受験に関して言えば、もしかしたらあなたが他の人よりも勉強が足らなかったかもしれませんし、あなたの志望校が人気だったのかもしれません。

たまたま運がなかったかもしれません。

理由はどうであれ、あなたは受験に失敗するという挫折を味わいました。

でも長い人生の中、挫折をしない人はいないのです。

そして挫折を味わうのは、早い時期であればあるほど、立ち直るのも早くなります。

挫折と直面した時に本当の自分を知ることが出来ます。

受験の失敗から立ち直りまで

自殺をする人は「死にたい」と感じて自殺すると思っている人が多いですか、実際が「生きていたくない」と感じた時なのです。

死にたいと積極的に考えるのではなく、生きる気力がなくなるのです。

受験の失敗は、高校生にとってかなりつらい事です。

人によってはそれほどまでに思いつめてしまう事もありえます。

でも諦めないでください。

つらい出来事に直面すると、将来を考えられなくなります。

しかし、将来はあります。

たとえ受験に失敗してもです。

仮に翌年大学に入学したとします。

結構浪人の人は多いですし、誰も年齢をきにしていません。

就職だって大学に浪人したか否かなど、影響もしません。

人より1年多く勉強したからといって、人生のスタートラインが遅くなるわけでもないのです。

後から見れば、たった1年の出来事でしかありません。

今はとてつもなく長く感じても、大人になれば、ほんの少しの間の出来事でしかなくなります。

だから、高校生で人生を諦めるのは早すぎるのです。

受験の失敗に立ち向かおう!

「明けない夜はない」と言います。

どんなにつらくてもそれが永遠に続くとは限りません。

そして「夜明け前が一番暗い」という言葉があるように、つらい出来事から抜け出す前が一番つらい時です。

もし、あなたが今生きていた中で一番つらいのであれば、もう少しで夜は明けます。

人によって、夜明けまでの時間が違いますが、どこかで折り合いがつくようになりますので、心配しないでください。

もし、何もしたくないという無気力に襲われたら、うんと自分を甘やかしてあげましょう。

自分で時期を区切って、ここまではもう何もしないと決めてしまいます。

その時がくるまでは、もう何もしないでグダグダしているのです。

そして時期がきたら、グタグタを辞めます。

グダグダの辞め方は簡単です。

たった3つの事を心がけます。

まず、朝起きる、洋服に着替える、三食きちんと食事をする。

これだけでいいです。

そして、少し気分が上がってきてたら、散歩を付け加えます。

一遍に出来る必要はありません。

出来る事からやりましょう。

立ち直りの方法

自分の感情に蓋をしないように、つらいならつらい、悲しいなら悲しいときちんと感じましょう。

抑え込んだ感情はいつか爆発してしまいます。

もし感情表現が苦手ならば、自分の気持ちを文章にしてもいいです。

誰に見せる必要もないので、意味不明でもいいのです。

表現すると感情は昇華されます。

そして、受験に失敗したら「ああすればよかった、こうすればよかった」と色々後悔が押し寄せてきます。

反省は必要ですが、過剰な自責の念は自分を傷つけます。

まずは受験に失敗した自分を許してあげましょう。

命に関する失敗でなければ、その失敗はリカバリー可能です。

受験に失敗しても、人生は終わりません。

そして人生が続く限りは、リカバリーは可能です。

例えば子供の頃にいじめられっ子が、大人になって会社の社長になったりする話も聞きますよね。

もし人生を結果論で語るのだとしたら、その結果が死ぬときにしか判りません。

そして、受験の失敗は人生の短い期間の出来事でしかありません。

だから、自分を責めるのを辞めて、将来に目を向けましょう。

 - 学校・勉強に関する雑学