気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

高卒で就職を考える男性必見! 企業が本当に求めるものとは

2016.3.11

男性の大学進学率が6割近くに上る中、高卒で就職した場合、選べる仕事が少ないと嘆いてはいませんか?

確かに大卒以上が有利な面は否定できませんが、求められるスキルを磨くことで、学歴に左右されない評価を得ることは可能です。

企業が何を求めるのかを知り、自分の未来を考えましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

国会議員の給料は高すぎると感じる理由を解説

国民として国会議員に対する期待は大きいですが、ことあるごとに何か問題が起きると、高い給料を...

発達障害の社員への仕事の教え方を大解説

もしかしたら発達障害ではないかを疑いのある社員があなたの部署にいたらどうしますか? 何度言って...

作業療法士と理学療法士 それぞれの需要は高い?それとも…

作業療法士と理学療法士、どちらも主にリハビリテーションに関する専門家であり、国家資格を必要とする職業...

人生の失敗談や目標を聞かれたら… ESの効果的な書き方とは!

ES(エントリーシート)の設問によく挙がるのが「人生の失敗談」や「今後の目標」といったものです。しか...

腰痛で仕事を辞める前に考えるべき3つの問題

腰痛というのは厄介です。 なにせ体を動かすときには必ず使う部位ですから、腰痛がひどくなると日常...

主婦の内職で、お小遣いが稼げる安全で楽しい仕事はこれ!

家に目が離せない小さい子供がいたり、病気の家族や弱ったお年寄りがいたり、自営業で電話番が必要だったり...

主婦ができる副業って?NHKで特集された隙間時間の有効活用!

朝起きてから寝るまで、365日主婦に休みはありません。ちょっとしたお小遣い稼ぎに興味があっても、何時...

社内でパワハラ発生!人事部長の対応マニュアルから学ぼう!

社内でパワハラが発生した時。どのように対処をしたら良いのか、頭を抱えてしまう経営者や人事部長、総務の...

熱でも仕事を休めない社会人の哀しい性。何度で休むべき?

熱が出た、やった〜仕事を休めるなんて事は大人になったらほとんどありません。 多くの場合、熱が出...

バイトを辞める連絡は法律上2週間前でOK!円満バイト退職法

バイトを辞める事を、バイト先に告げるのは2週間前でも基本はOKです。 しかし、だからと言って2...

バイト先でミスをしてレジを打ち間違いしたときはどうするか

バイトでレジをまかされている人は多いでしょう。 もちろん、誰しもミスをしたくてミスをするわけで...

《賛成?反対?》ホテルのフロントで一人勤務

世界の先進国の中でも、特に治安の良い国というイメージの強い日本。 これはとても喜ばしいことでは...

会社で経理を任された! 初心者が勉強すべきことは何?

突然、会社からの辞令で経理に配属されてしまった!と慌て、不安に駆られていませんか?確かに、経理は会社...

大学生のバイトでクビを宣告!どこが悪かったのか悩む人へ

大学生と言えばバイトをする人たくさいんいますよね。 でもクビになる人はそう多くありません。 ...

風邪で発熱、38度を超えたら?会社を休まずに出来る自分ケア

風邪で発熱して38度になったら、できれば会社を休みたい、いや休むべきですが、状況がそれを許さないとい...

スポンサーリンク

高卒で就職する男性の生涯賃金は低い?

大学進学が一種当たり前になってきた現代ですが、家庭の事情や本人の意志といった、様々な理由により高校で卒業して就職を選ぶ人も沢山います。

しかし、本人の心のなかには、高卒で就職することに対しての不安も拭いきれず存在するのもまた事実でしょう。大卒に比べて賃金が安いのではないか、将来的な展望は、出世は…と、不安要素を挙げれば枚挙に暇がありません。

残念ながら、実際に初任給を比べてみると、大卒に比べて高卒は生涯賃金が低くなるというデータも存在します。その差は約2000万円とも言われています。それだけ大卒というものは、様々な場面において有利になる現状は、やはり今も昔も変わらないのです。

しかし、社会に出て働いていると、本当にモノを言うのは本人の能力です。年功序列制が影を潜めだし、実力主義となってきた現在では、例え有名大学を出ていようと、本人に能力がなければ評価は上がりません。逆に高卒であっても、本人に能力があるならば、評価が得られる世の中になってきているのです。

高卒でホワイトカラーの職業に就くのは難しいのか?

俗にホワイトカラーと呼ばれる、事務やデスクワークが主体の職種の求人は、大卒以上という制限がかかっていることが多く、高卒の男性がこうした職業に就くのは難しい面は否定できません。

その理由として、こうした頭脳系の職業には知識が求められるからです。製造系の会社でも、人を統括し、物をつくり、それを売り、会社の利益にするためには、幅広い知識が必要です。そうした面から、高卒よりは大卒の方が、知識量が違うと判断されてしまうのです。

ただ、これは大企業・有名企業での話です。日本の経済を根本から支えている中小企業の求人では、事務職の募集に学歴による制限を設けていない企業もあります。こうした企業で働きながら、専門的な知識を蓄え、自分の地位を上げていくことも、後に別の会社に転職をすることも可能です。

特に、転職者を受け入れている企業は、学歴ではなく”どの程度の実務経験があり、その業務を任せられるか”で判断します。

一度社会に出た後は、実力と本人の印象が全てです。

重要なのは、就職したからそれで終わりではない、という意識です。

技術・生産系の職業に就職するならば、断然大企業を狙うべき

逆に、ブルーカラーと呼ばれる技術・生産職の就職の際には、大企業や有名企業への就職が断然有利となります。福利厚生は勿論のこと、生涯賃金も、高卒の技術職の方が大卒に比べて高いという結果もあるためです。

特に自動車業などの製造業は、技術職あっての会社です。決してホワイトカラー有利な職場ではありません。また、こうした生産職の求人は常に存在しますから、将来的に転職を考えた時にも働き口を探すことは難しくありません。

こうした技術・生産職の強みは、現場スキルです。

手に職を持つ、という言葉が昔からありますが、技術があればあるだけ、職場で活かすことが出来ます。

最も、単に技術を持っているだけでは(転職の際など)強みになりません。自分の職に見合った資格などを積極的に勉強・取得する意欲が必要です。

特に、仕事で使う機械の保守・点検が出来る”機械保全技能”、燃料や化学薬品の取り扱いに関わる”危険物取扱者”、製造物の品質管理に求められる”QC検定”など、実務に即した資格は、必ず無駄にはなりません。

高卒で就職した人の離職率は高い現状。でも冷静な判断を!

どんな仕事にも、向き・不向きというものがあります。自分が活躍できる分野が分かっている、自分に向いた職業を把握している――そうした高校生は、あまり存在しないのではないでしょうか。

実際に仕事に就いてから、初めてその職業の実情を知り、自分にとって向いているかどうか判断できるのがほとんどでしょう。

こんな時、「若いから次がある!」と簡単に転職を繰り返すことは、とても危険です。

高卒で就職後3年で仕事を辞める人の割合、つまり離職率は、4割から5割にのぼるという調査結果があります。しかし、問題は辞めた後のことです。一度フリーターになってから再就職には、非常に大きな壁があります。

転職者を受け入れる企業の目は、非常にシビアです。職を点々としている人に対しては(例えどんな事情を並べても)「根気がなく責任感を持たない人」という印象を持ちます。

体を壊してでも、一つの仕事を続けるべき、とは決して言いません。ただ、若さだけでなんとかなるのは、人生のうち、たった10年ほどに過ぎません。

仕事に対して不満を覚えても、勢いで決めるのではなく、冷静に自分に向いている仕事は何なのかを見定めなければいけません。

高卒で就職する男性に求められる一番の”スキル”とは

近年、高卒の人に対する求人数が増えてきています。近年では高卒の求人倍率が上がった、内定率が増えた、というニュースも取り上げられるほど、高校新卒者へのニーズは高まっています。

専門知識は、確かに就職の際に有利に働きます。しかし、企業が新入社員に求めるものとして、一番に挙げる要素が”協調性”です。以下にコミュニケーション能力、基本的な生活態度と続き、決して技術・知識だけが焦点でないことが分かります。

事実、どんな仕事でも、新卒の新人に対して、即一人前の働きを期待することはありません。むしろ、教科書通りの働きよりも、実際の業務を上司や先輩から教えてもらい、素直に吸収してほしいと考えるものです。

そして、教えられたことを自分の力にし、更に自分の力を磨いていく――そうした仕事に対する積極的な姿勢こそ、会社が本当に求めるものです。

高卒で就職をする男性は、他の人よりも早く就職し、独り立ちしなければならないプレッシャーもあるでしょう。

ですが、あなたの社会人としての評価は、これまでの学歴ではなくこれから先の能力で決まります。
その大前提を忘れず、自分の能力を活かせる・伸ばせる仕事に巡り会えるよう、柔軟性を持って挑みましょう。

 - 仕事に関する雑学