気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

肩甲骨の痛みは病院の何科に行けばいいの?

2016.3.1

肩甲骨のあたりに痛みがある、という方はいませんか?

そんなときは病院で診てもらいたくても何科で診察してもらえばいいのか迷ったことがある、という方も多いと思います。

こんな症状が出たときはどこで受診したらいいのかを考えていきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

うつ病の家族がいて「しんどい」と思った時に試す3つの方法

うつ病は本人がとてもつらい病気です。 しかし、それを受け入れている家族だって「しんどい」思いを...

腫瘍マーカーの数値ceaでどんな病気が分かるの?

一般的に腫瘍マーカーは、ガンの早期発見や再発の早期発見のために使われています。 腫瘍マーカーの...

妊婦の悩みを解決!妊婦オススメの献立の立て方

妊婦でなくても、献立を考えるのが家事の中でも一番辛い、大変なんていう人もいます。 でも献立を難...

ピルの副作用で起きる頭痛 もしかしたら危険信号かも!

避妊薬として、また女性特有の病気の治療薬として、低用量ピルは女性の強い味方です。 しかし、その...

独り言を言う人は病気のせい?電車でも止まらない!独り言のワケ

あなたは普段、独り言を言いますか? 誰も見ていないところならしょっちゅう言う、全く言...

入院で望んでない個室に!差額ベッド代は拒否可能か否か

何らかの事情で入院したとします。 病院側から個室しか空きがありません。他が空き次第お移しします...

子供がロタウイルスに!保育園はいつまで出席停止?ロタ対策

働くママにとって、ロタウイルスのような感染症に子供がかかると、子供の体も心配だけど、出席停止期間がど...

No Image

食後に寝るのは胃痛の原因?食後の適切な過ごし方

食後に寝るのはいい事?悪い事?諸説ありますよね。 よく言われる「食べてすぐ寝れば牛になる」とい...

身内の希望なら赤ちゃんを連れて病院にお見舞いに行くべき?

ページの目次1 赤ちゃん連れて病院にお見舞いというのはあり?2 身内が赤ちゃん連れで病院のお見舞いを...

サヨナラ冷え性!リンパマッサージで脚の冷えとむくみ解消

寒さが増す時期は、冷え性に悩まされる女性としては、本当に憂鬱な季節ですね。 体を温めたり、保温...

お茶の飲み過ぎによって頭痛が起きる原因と対策を解説

お茶を飲むとリラックスすることができるので、美味しいお茶を飲むと何杯も飲みたくなってしまい...

摂っては駄目? 血液検査前の食事や水分摂取の注意点とは

体内に何か異変が起きていないかを診断するために、重要視されている血液検査。 正確な検査結果を得...

朝にトイレ2回は異常?一回のトイレですっきりしない原因

朝にトイレで大便をするというのはとても普通。便秘の人には羨ましいくらいです。 しかし、2回とな...

マッサージ師必見! マッサージで手が痛いのを回避する方法

マッサージ師にとって手は大切な仕事道具。 しかし、だからこそ日々使わなければいけません。 ...

ふくらはぎをマッサージすると激痛!痛みの原因と対処方法

お風呂上りに疲れた足をマッサージ。癒しの時間ですね。 でもふくらはぎをマッサージしていたら、突...

スポンサーリンク

肩甲骨の所に痛みがあるけど何科で診察すれば?

肩甲骨は背中の上部にあって背骨の左右に対照的に存在する逆三角形の形をした手の平サイズの骨です。

骨と骨、つまり関節という構造ではなくて、鎖骨に靭帯を介して繋がっており宙ぶらりんの状態で付いています。

いわば浮いた状態になっています。

肩甲骨は腕を動かすための重要な役割をもっているので、たとえば肩甲骨の靭帯に損傷があったりすると腕が動かなくなったり、肩にも影響が出てしまいます。

肩甲骨付近に痛みなどがある場合は骨の痛みというより筋肉の痛みと言ったほうがいいかもしれません。

肩甲骨の痛みは原因が多くあって何科で受診すればいいのかわからないと思いますが、痛みを感じたらまず整形外科で診てもらいましょう。

これは、肩甲骨が鎖骨と靭帯で繋がっているというのを基本に、まず筋肉に問題がないのかどうかを診察してもらうことによるものです。

何科で受診すればいいのかわからないときは整形から診てもらいましょう。

肩甲骨が痛いときの対処法は

肩甲骨は腕や肩を動かすための重要な体のパーツとなっています。

最近肩甲骨回りに痛みを感じてきた、なんて場合は肩甲骨そのものは骨ですが、体を動かす一部と考えるとある意味筋肉であるとも言えます。

肩甲骨の痛みに関してはさまざまな要因が考えられますが、一番は体の姿勢が普通でない場合、たとえば猫背だったり骨盤が傾いていたりすると体はそれを修正しようとがんばります。

でも修正するのは骨ではなく筋肉です。

人間の骨は筋肉で支えられていますが、どちらがこけてもダメってことですね。

肩甲骨本体に問題がなければそれを支えている靭帯に問題があることがあります。

たとえば、前かがみの状態を維持したり姿勢が悪い状態で仕事をしたりすると肩甲骨に負担がかかりすぎてしまい、痛みを伴うことがあります。

座ったままでのパソコンを使用した作業などは姿勢が悪くなりがちで、特に猫背ぎみの人などは背中の筋肉や背骨にかかる負担ははかりしれないものがあります。

肩甲骨付近に痛みを感じたときはまず病院へ行きましょう

以前から肩甲骨付近に痛みが走るようになりました。

肩甲骨が痛いというかその周りの部分に痛みがあるような感じです。

病院で診てもらおうと思っていますが何科に行けばいいのかわかりません。

肩甲骨は他の骨とは靭帯で繋がっているため、通常は筋肉の痛みと考えるのが普通です。

単純に肩甲骨付近に痛みがあるのであれば基本的には整形外科で受診するのがいいと思います。

ただし、肩甲骨の痛みが永く続いたり腕や首などにも痛みやしびれが併発する場合は他にも原因がある可能性がありますので気をつけなければいけません。

まず、整形外科で診てもらったときに医師に現在の症状を詳しく伝えることが重要になります。

診る側は内科の部分なのか外科の部分なのかを判断しなければなりませんので、こと細かく伝えることによりなお原因の究明に近づけることができるると考えます。

肩甲骨の痛みがなかなか治まらないときは?

背中が痛い、肩甲骨付近が痛い、なんてことは年を重ねるごとによく経験することが多くなってきます。

デスクワークや同じ姿勢での作業などで筋肉の使われ方が偏った形で使われたりすると血液の流れが悪くなり筋肉の疲労などで痛みを伴うことがあります。

肩甲骨が痛む原因はさまざまです。

生活環境のなかで仕事が肩甲骨に影響するようなことであったり仕事以外の趣味でも肩甲骨に負担をかけるような体の使い方をすれば筋肉に負荷がかかり痛みを伴うことがあります。

たとえば、運動不足などで筋力の衰えや体重の増加で体に負担がかかれば体のどこかに影響が出るのが普通です。

その影響がでたところが肩甲骨ということであれば、はたして筋肉の問題あのかそれとも他に原因があるのかということになってくるわけです。

肩甲骨の痛みは、徐々に痛くなったのか急に痛くなったのか痛み具合はやんわりなのか激痛なのかといったように症状の出方でいろいろ原因が考えられるそうです。

はたして筋肉の問題なのかそれとも内臓の関係なのかあらゆる方面で疾病の可能性を秘めているかもしれませんので安易に考えるのは禁物です。

まず、整形外科で診てもらい医師には充分細かいところまで症状を訴えてどこに原因があるのか追及しやすいようにすることが今後の治療に大きく影響することと思います。

肩甲骨の役割とは!

肩甲骨は鎖骨と靭帯で繋がれており他の骨とは関係なく宙に浮いた状態で存在します。

つまり鎖骨と連動して動きますのでこの靭帯に問題が発生すると肩甲骨の動きに影響が出てきます。

肩甲骨は腕を動かすためのたいへん重要なパーツで前記のような問題があると当然腕が動かなくなったりすることがあります。

腕を上げるとか回すとかこういった動作を可能にするのは肩甲骨の存在にあるからこそです。

たとえば肩甲骨に痛みがあるとすれば通常は靭帯に問題があると思いますが、ではなぜ肩甲骨に痛みがあるのでしょうか?

ということを考えたときに単純に筋肉の疲れなどであればいいのですが、他の要素がからんだことによるものだとすれば安易に考えるわけにはいきません。

原因がどこにあるかは自分自身では判断が難しいと思いますので、まず受診しましょう。

整形外科で診てもらってそこで判断ができなければ他の疾病の可能性の考えられますので医師と充分話し合った上で今後どのような対応をしていくのかが大切です。

 - 健康に関する雑学