気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

排卵日に貧血?めまいや吐き気を感じる原因と対処法

2016.2.28

排卵日が近くなると貧血のような症状が出たり吐き気がするなど体調不良になる女性も多いと思います。

体調が悪くなったら安静にしていたり、どうしようもなくつらい場合は婦人科に行く事も考える必要がありますが、普段の生活スタイル次第ではある程度軽減できるということをご存知ですか?

今回は排卵日付近で貧血のようなめまいや吐き気を感じる原因と対処法を紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

子供の足裏にプツプツと湿疹?疑うべき病気と対処法をご紹介!

ある時、ふと子供の足に目をやると、足裏に湿疹ができていた! 湿疹といえば背中や腕などの部分に多...

腎臓に良い食事としてスイカがあげられるけど本当なの?

夏の定番であるスイカ。 このスイカは多くの人が腎臓によい食事として挙げます。 果たしてこ...

血圧の変動が激しい人の4つの原因とその対策

血圧というのは一日の間にも変動があるので、決して一定ではありません。 しかし、その範囲を超えて...

眼鏡をかけると視力が悪くなる?視力低下のメカニズム

みなさんは、眼鏡を使用することによって目が悪くなるという噂は聞いたことはありませんか? 目が悪...

ストレスによる発熱や関節痛の怖い症状と、その対処法をご紹介

大人になると仕事などで過度なストレスを受けることも多いですが、急な発熱や関節痛の症状が出て...

コミュニケーションって苦手!病気と疑うその前に

学校で会社で家族間で、あらゆる人間関係において発生するコミュニケーション。 コミュニケーション...

盲腸の手術は開腹せず腹腔鏡を使ってできる場合があります

盲腸が炎症をおこす虫垂炎は放っておけば体全身に症状が広がる怖い病気です。 でも、安心してくださ...

妊婦にオススメの御飯とは?体重管理と栄養のバランス

妊婦は「栄養を取らなきゃ」「栄養バランスを考えなきゃ」と考えすぎて、それがストレスになっていませんか...

BCGの接種跡、反応がない時や早くに起きたらどうすべきか

結核菌への感染および発症を防ぐためのBCGワクチンですが、他のワクチンと異なり、接種した跡の観察がと...

風呂に毎日入らないライフスタイルは不潔?それとも健康?

風呂に毎日入らないというライフスタイルがあります。 風呂好き、潔癖症気味の日本人にとっては、ち...

BCGワクチンって何のため? 翌日から跡が腫れたら要注意

BCGの予防接種は、毎年結核感染者が報告されている日本で暮らし・育つ以上、とても重要なワクチンです。...

《知っておきたいデパスの知識》頓服と依存の関係性とは

精神安定剤や抗不安剤として有名なデパス。仕事の悩みや人間関係での悩みなど、様々な要因から服用している...

BCG接種後に発熱等の体調不良 これは副反応?それとも…

結核患者が今なお発生している日本において、BCGワクチンの接種は、赤ちゃんを結核から守るために必要な...

眼球が痛い原因は風邪!?眼球が痛くなる様々な原因

皆さんは、風邪を引いたときに眼球が痛いと感じた事はありませんか? 一見風邪と目には何の関係もな...

夢と現実が混ざる?実は意外な精神病の可能性が!

夢を見ているのに、現実感がある、夢と現実の区別がつかずにその両方が混ざる事はあります。 江戸川...

スポンサーリンク

そもそも排卵日とは

女性が妊娠する為には精子と卵子が出会い受精しなくてはいけません。

卵子はいつでも準備ができているというわけではなく、一定のサイクルで妊娠する為に排卵されます。それが排卵日です。

排卵日は生理の始まりから計算して14日前後です。

月経周期は人それぞれに差があると思いますが、生理と排卵日の間隔に
差はほとんどありません。

排卵日をある程度予測したいと考えた場合は基礎体温を付ける必要があります。

基礎体温は低温期と高温期の2期が交互に訪れます。

排卵日付近を境目に低温期から高温期へ移行するのですが、移行する時に一段と体温が下がる日があると思います。

この、体温が一段と下がる日の付近数日が排卵日だと言えます。

排卵日付近になると様々な症状に悩まされてる女性も多いです。

主な症状としては吐き気や倦怠感を感じたり、頭が痛くなったりめまいや立ちくらみといった症状が出る人もいます。

ではなぜ、排卵日前後になるとこのような症状が表れるのでしょうか。

排卵日前後で貧血のような症状や吐き気がする理由

排卵日前後でめまいがしたりふらっと立ちくらみがしたりすると、これってもしかして貧血?なんて思う人もいるかもしれません。

ですが、めまい全てが貧血というわけではありません。

生理中であれば大量の血が出てしまうので貧血になってしまう事もありますし、生理前は妊娠をするために子宮に大量の血液やエネルギーが集まることによって他の部分への血液量が減少し、貧血気味になる事もあると思います。

しかし、排卵日前後の症状は貧血ではなく、女性ホルモンの影響によるものが考えられます。

排卵日前後でエストロゲンという女性ホルモンとプロゲストロンという女性ホルモンが入れ替わって分泌されるのですが、そのホルモン分泌の急な変化に身体が対応しきれずに、貧血のようなめまいや吐き気という症状になってあらわれてしまうのです。

また、一部では例外もあり、普段の排卵日ではほとんど体調に影響するような症状があらわれないにもかかわらず、今回急にめまいや吐き気を感じたというのであれば、妊娠している可能性もありますから早めに検査を受けてみる事をおすすめします。

貧血のような症状や吐き気以外に起こる症状

排卵日にはめまいや吐き気以外にも様々な症状がでてきます。

しかし、その症状は決まったものではなく人によって様々です。

先ほど紹介した2種類の女性ホルモンのうちの1つであるプロゲステロンを分解する際に睡眠薬並の睡魔を誘引する成分が分泌されるため、排卵日前後でやたらと眠くなる人もいます。

もう一方の女性ホルモンであるエストロゲンは、血管を拡張する効果があり、その影響によって頭痛を引き起こしてしまうという場合があります。

エストロゲンの分泌量が多い人は、激しい頭痛を感じる場合もあり、吐き気を感じてしまうほど症状が重い事もあります。

また、女性ホルモンの入れ替わりの影響でイライラしてしまうというのも排卵期の特徴です。

女性ホルモンの影響以外にも、排卵痛という排卵時の痛みによってお腹が痛くなってしまう人もいます。

この排卵痛は、2日くらいで治まるものですが、もしいつまでも痛みが続き、生理と変わらないような出血もあるようであれば、すぐにでも婦人科に行き、診察を受けた方がよいでしょう。

貧血のような症状を感じた時の対処法

排卵日に貧血のような症状が出てめまいや立ちくらみがしてしまったら、無理して何かをしようとするとさらに悪化してしまう危険性があります。

頑張ろうとするよりも、リラックスする事を心がけて安静にすることが何よりも必要です。

のんびりと過ごしてたっぷりと睡眠を取れば、精神的にも落ち着くことができ、いくらか症状が軽くなることもあります。

また、身体を温めてあげる事も大切です。

冷たい食べ物や飲み物はなるべく避け、冷え性の人は末端などが冷えてしまわないような配慮も必要です。

お風呂もシャワーだけですませるのではなく湯船に長めに浸かって身体の芯からしっかりと温めるようにすると良いでしょう。

もし、自分でどうにか対処ができなくて日常生活にも何らかの影響が出てしまうような場合は、我慢して過ごすのではなくかかりつけの婦人科を利用しましょう。

低用量ピルや漢方を使うことでツラい症状を軽減することもできますし、自分に合った対処法を医師から聞くことで安心することもできますからね。

排卵日の不調は食事で軽減できる

排卵日に体調が悪くなる人はなんとかしてこのツラさを少しでも軽減したいと思っているはずです。

ツラければ婦人科に行って薬を処方してもらえば何とかすることも可能でしょうが、あまり薬にばかり頼るのはちょっと嫌だと思う人もいると思います。

そんな女性におすすめしたいのが、毎日の食事の見直しです。

特に生理前に何を食べるかで排卵日の不調をある程度軽減できるので、いつもめまいや吐き気に悩まされている人は是非試してみてください。

排卵日を調子よく過ごすためにはまず、肝機能が正常に働いている必要があります。

その為にはタンパク質やビタミン、ミネラルが豊富な食材を摂取するように心がけましょう。

タンパク質が豊富な食材は豚肉や鶏肉、ベーコンなどです。チーズにも豊富に含まれています。

ビタミンが豊富なオススメ食材はブロッコリーや人参、レバーなどもよいでしょう。

ミネラルが豊富なのは納豆やひじきなどが挙げられます。

これらの食材を生理前にバランスよく摂取することを心掛けて、排卵日の不調悩まされることからさよならしてしまいましょう。

 - 健康に関する雑学