気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

バイトの面接結果が不採用だと電話連絡がない場合も

2016.2.10

バイトの面接を受けたけれど、いつまでたっても連絡がないと、不採用かと心配になりますね。

電話で問い合わせするべきか、このまま諦めてしまった方がいいいか?悩んでいる人も多いと思います。

そんな時の対応方法についてご説明いたします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

育休を取ったけど、仕事復帰しないで退職。問題ない?

待望の赤ちゃん。 でも、今まで仕事も頑張ってきたから、妊娠者出産が理由で会社を辞めたくない。 ...

バイトを辞める連絡は法律上2週間前でOK!円満バイト退職法

バイトを辞める事を、バイト先に告げるのは2週間前でも基本はOKです。 しかし、だからと言って2...

風邪で発熱、38度を超えたら?会社を休まずに出来る自分ケア

風邪で発熱して38度になったら、できれば会社を休みたい、いや休むべきですが、状況がそれを許さないとい...

公務員と民間の併願はあり?効率的なスケジュールの立て方

公務員と民間企業を併願する人にとって、民間企業の選考開始時期がズレた事により、併願希望者にとって、中...

バイトを辞めるのが正解?迷惑をかけている罪悪感に悩むあなたへ

念願の初バイト、ずっとやってみたかった・働いてみたかった場所の店員になれた! しかしどきどきの...

利益を計算するためには原価計算をお忘れなく!

商売の基本は利益です。 これがなければ企業は存続することはできません。 そのため多くの企...

腰痛で仕事を辞める前に考えるべき3つの問題

腰痛というのは厄介です。 なにせ体を動かすときには必ず使う部位ですから、腰痛がひどくなると日常...

熱でも仕事を休めない社会人の哀しい性。何度で休むべき?

熱が出た、やった〜仕事を休めるなんて事は大人になったらほとんどありません。 多くの場合、熱が出...

文系大卒が就職できる職種は「営業のみ」という説について

文系の大学生で就職活動をしている人は、就職戦線に異常があるのか、無いのか、みな色んな情報に踊らされて...

面接で緊張しても合格できる5つのポイント

面接は誰でも緊張するものです。 なかには緊張して面接に失敗した人も多いでしょう。 でも、...

会社をバックレてしまったときに離職票をもらうための方法

精神的に追い込まれてしまうと、会社をバックレてもいいと思ってしまい、そのまま会社に出社拒否をしてしま...

40代女性の仕事探しは難しい?!

仕事をテキパキこなしていた20代。それから間もなく結婚して出産。 ようやく子育ても落ち着いてき...

高卒で就職を考える男性必見! 企業が本当に求めるものとは

男性の大学進学率が6割近くに上る中、高卒で就職した場合、選べる仕事が少ないと嘆いてはいませんか? ...

ADHDの人必見? 34歳からでも仕事が出来る力が身につく方法

ADHDの人にとって、得意なもの、苦手なものの差がはっきりしているため、得意な分野で特技を仕事でそれ...

就活学生必見! ESのアルバイト期間の書き方 高得点をGETしよう

ESにはアルバイトの期間などを記入する欄があります。さてこれに単純に事実をかくだけでも良いのですが、...

スポンサーリンク

バイトで不採用だと電話連絡なし?

可能性はあります。

バイトで回している会社やお店は人手不足の場合が多く、採用担当者は、不採用の電話連絡まで手が回らない事もあります。

でも諦めるのはまだ早いです。

バイトの面接をしてから、何日経過しました?もし1週間程度でしたら、それぐらいかかる場合はざらにあります。

バイトの面接時に採用担当者の人が「○○日までに連絡します。

」と言った場合、その期日は経過しましたか?それから2〜3日は待ってみましょう。

もしバイトの面接をしてから2週間経過したら、諦めた方がいいいかもしれません。

採用の可能性はかなり低いでしょう。

でも、万が一の採用に賭けて問い合わせてみてもいいでしょう。

なんとなくこちらから採用結果を催促するようで、失礼になるのではないかと心配していませんか?問い合わせする事はごく普通の事です。

全く問題ありません。

安心して問い合わせてみましょう。

ただ問い合わせする時は、失礼な態度を取らないように注意は必要です。

バイトの採用に関する問い合わせは期間

前述しましたが、バイトの面接を受けてから結果まで、1週間程度かかる事はあり得ます。

バイトを受けて即日連絡という事ももちろんあるのですが、そういう場合ばかりではありません。

採用担当者が期日を言った場合は、期日から2日ぐらい置いた方がいいでしょう。

必ずしも電話で連絡が来るとは限らないからです。

郵送などで結果連絡の場合、その会社や店を期日に発送していた場合、あなたの元に届くには、1〜2日ほどかかります。

それぐらい待って連絡がないようなら、こちらから思い切って連絡します。

連絡方法はメールや電話、郵送などありますが、メールは読まれない可能性もあり、郵送だと時間がかかるので、電話で確認するのが確実です。

どっちにしろ結果は早く知りたいと思うので、電話の方がいいでしょう。

バイトの面接をしてから1か月経過したものは、ほぼ可能性がないとは思いますが、問い合わせてもいいです。

しかし仮に採用でも1か月も放置するような会社やお店でバイトすべきか考えた方がいかもしれません。

バイトの採用結果を電話で問い合わせる時

勇気を振り絞って電話しても採用担当者が不在という事はあります。

折り返し連絡をお願いしてもいいのですが、そうするとまた連絡待ちのループに嵌ってしまう事もあるので、採用担当者が、席に戻る時間を確認して、再度連絡をするという方法もあります。

相手に負担をかけないので、スマートな方法ではありますが、2〜3回不在が続く場合は、相手の折り返し連絡待ちに切り替えた方がいいでしょう。

また、採用担当者以外でわかる人がいないか聞いてみてもいいと思います。

問い合わせの時は、待ちくたびれた不満を表に出さないように、あくまでも下手にでます。

「○月○日に御社のバイトの面接を受けました××と申します。

お忙しい所恐縮ですが、採用結果についてお伺いしたいのですが…」という風に伝えます。

結果が不採用でも、最後まで挨拶はしたいものです。

「そうですか。残念です。また機会がありましたらよろしくお願いいたします。」のように話すのがベターです。

決して「散々待たせてこれかよ!」なんてキレてはだめです。

不採用の連絡をくれない理由

それは会社によって色々です。

大勢を相手に面接をしている場合、いちいち不採用の連絡をしていられないというのもあるでしょう。

採用担当者にもよりますが、あらかじめ面接時に「不採用の方には連絡しません」と明言してくれる人もいます。

また応募要項にその旨記載する事もあります。

または会社や店にとって出来れば優秀な人の方を雇いたいと思うものです。

バイトの面接時期ギリギリまで、多くの人を面接したいので、それまでキープされている事もあります。

はっきり言えばどれもこれも、雇いたいと思っている側の理屈です。

逆に言えば、それにあなたが振り回される必要はないのです。

もし結果待ちの会社やお店でどうしても働きたいのであれば仕方ありませんが、単にお金を稼ぐのが目的であれば、結果待ちにイライラしているだけは勿体ないので、他のバイトの面接を受けてしまいましょう。

両方とも受かったら、条件のいい方を選択すればいいのです。

会社には会社の事情があるように、あなたにはあなたの事情があるのですから。

バイトの採用結果待ちをしないために

採用担当者が採用結果をいつ、どんな手段で連絡してくれるのか教えてくれればいいのですが、もしその事について言及されなかった場合は、面接時に思い切って「いつまでに、どんな手段で」連絡をくれるのか確認しましょう。

そうすれば、いつまでも来ない連絡をイライラして待つなんて状態にならずに済みます。

いつ来るかわからない電話を待つのは、結構ストレスになります。

この日に連絡が来るとわかっていれば大分気が楽になります。

また郵送の場合は、期日に発送すればセーフという考え方をする採用担当者も多いので、郵送で結果連絡の場合は、期日から1〜2日は待った方がいいでしょう。

バイトの基本採用条件はそれほど厳しくはないはずです。

でも不採用になる事はあります。

不採用になっても落ち込まないことが大切です。

たまたま面接した人数に比べて、採用人数が少なかったり、人気のある職種だったりするとそういう事はありえます。

不採用は縁が無かったからと割り切って先へ進みましょう。

 - 仕事に関する雑学