気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

毎月の貯金額はどれくらい?共働き世帯の貯金の仕方

2016.2.6

なかなかよくならない景気に、昔の様に夫が働いて妻は専業主婦という世帯も少なくなり、いまや夫婦共働きがスタンダードになりつつあります。

そんな中気になってくるのがお金の話。

みんなどれくらい貯金があるんだろうとか考えた事がある人も多いはず。

今回は、毎月の貯金額はどれくらい?共働き世帯の貯金の仕方を紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

一人暮らしが初めてのアラサーへ 失敗しない注意ポイントを解説!

アラサーになるまで実家で甘えていたいけど、家をでてみたいと考えている女性は多いようです。 一人...

足の踏み場もない部屋!掃除をするならどこから手を付けるべきか

忙しさのあまり、ついつい掃除は後回し。そうして気がつけば、足の踏み場もないほど荒れた部屋だった…。も...

夏のモテコーデとは?チノパンを使いこなして暑い夏を快適に

夏のデート。コーディネイトで悩んだことありませんか? 日々スーツを着ている男性は、それだけでデ...

お風呂の簡単キレイな掃除方法、悩みの種の蓋対策を紹介

お風呂掃除は毎回していても、カビと水垢との闘いです。 ここでは基本は放置するたけで、簡単キレイ...

親と絶縁する理由と方法についての考察

あなたが親と絶縁したくなる理由って何でしょうか?親の過干渉?毒親だった?色々あると思います。 ...

35歳で貯金が500万は少ない?30代からでもお金が貯まる方法

35歳で貯金が500万というのは多いの?少ないの? 意外に仲の良い友達どうしてでも、お互い貯金...

《みんなどうしてる?》アパートでタバコを吸うのはベランダ派

近年急速に進むタバコ離れ。タバコ自体の値上げや公共施設の全面禁煙化など、喫煙者は年々肩身が狭くなって...

イライラを抑える為に音楽を活用しよう!場面で見る音楽チョイス

日常生活にストレスはつきもの。発散させる時間もお金も無い?そんな時、”音楽”はイライラを抑...

NHKの集金は夜遅くに来る?夜間の集金で反感を買う理由とは

NHKの支払いは誰もが支払い義務があるということで、契約をした家庭はもちろんですが、契約していない家...

砂壁にカビ発生!除去する方法・発生させないために出来ることは

他の壁材と異なり、砂壁にカビが生えてしまった場合、これを除去するのは非常に困難だと言えます。擦れば砂...

元旦には風呂に入らない?謎の風習の意外な理由

知っていますか?元旦にお風呂に入らないという風習があります。 意外に知られていないのは当然。 ...

洗面所の掃除、洗剤は何を使っていますか?オススメを紹介

年末が近づいてきましたね! 年末にする行事の一つとして‥「大掃除」があります。 アナタは...

賃貸と分譲のマンションに対する損得の考え方

よく賃貸と分譲のマンションはどちらが得でどちらが損なのか、という議論を聞くことがありますが、実際はど...

アパートの騒音を気にしない人をどうにかしたい時に

アパートで騒音がして、気になって仕方ないことってありますよね。 隣人や上の階に暮らしているのは...

友人の結婚式に欠席する場合、お祝いはどうすれば?

友人の結婚式の欠席する時、悩むのはお祝いです。 あげるべきか、あげないべきか。 あげると...

スポンサーリンク

子供がいない共働き世帯の毎月の貯金額

貯金の仕方は夫婦それぞれですし、子供がいるかいないかによっても貯金に回せる額は大きく変わると思います。

そこで、ケース別にどの程度お金を貯めていくのが利用なのかを考えていきましょう。

まずは子供がいない二人暮らしで共働きをしている世帯の場合です。

子供がいなくて共働きをしているのであれば、お金を貯めるチャンスです。

最低でも世帯収入の30%は貯金に回せると良いでしょう。

割合だけを聞くとかなり大変じゃないかと思うかもしれませんが、仮に20代で月の手取りが20万円だとしても、夫婦共働きであれば世帯収入は40万円です。

そのうちの30%だと12万円を貯金に回す計算です。

残った額は28万円ですから、贅沢をせずに普通に生活をしていれば問題なくお金を余らせることができるはずです。

子供もいないのに毎月貯金をすることもないほどの出費があるのであれば、それは確実にお金の使いすぎです。

何にどれだけの浪費をしているのかを見極めて、必要のない出費を削っていき、将来に向けての貯金ができるようにしましょう。

子供が1人いる共働き世帯の毎月の貯金額

次に、子供が1人いる共働き世帯の毎月の貯金額について考えていきましょう。

子供がいる世帯で必要となってくるのは何と言っても教育費です。

子供を私立に行かせるか公立に行かせるかによっても変わってきますが、公立の小学校や中学校であれば貯金をするのもそこまで難しくはありません。

むしろ、高校や大学への進学にかかるお金の事も計算に入れて、子供が小さいうちになるべく貯金をしておく必要があるでしょう。

子供が中学生ぐらいまでの間は最低でも15%くらいは貯めておきたいものです。

全国的に見ても、子供が小中学生までの間は17〜18%程度は貯金に回している世帯が多いようです。

子供が高校生になれば貯金できるお金も少なくなりますし、大学に進学ともなれば、国公立でも授業料と入学金を合わせて100万円近くのお金がかかりますし、最低でも300万円は用意しなくてはいけないと言われているくらいですから、貯金を切り崩さなくてはいけなくなる事が考えられます。

子供が小さいうちにどれだけ貯める事ができるかが重要だと言えるので、計画的にきちんと貯金できるようにしましょう。

子供が2人いる共働き世帯の毎月の貯金額

では、子供が2人いる世帯で共働きの場合はどうなのでしょうか。

子供が2人になってしまうと、日々の生活費や子育てにかかる費用も多くなることから、貯金に回すお金も少なくなってしまうのが実情です。

全国的に見ると、長子が小学校や中学校に在学している時期までは世帯年収の10〜15%、高校進学後は7%程度を貯金に回しているようです。

子供が大きくなればなるほど教育費にかかるお金も増えるわけですから、子供が1人いる世帯と同じように、長子の高校進学までにどれだけの貯金ができるかが重要な考え方となるでしょう。

子供達が小さいうちは思っているほどお金もかからず、共働きをしているおかげもあってそれなりにお金に余裕がある時期もあるとは思いますが、余裕がある時こそ油断をせずに将来を見据えてコツコツとお金を貯めていかなくてはいけません。

月に5万円程度を貯金に回して、ボーナスも無駄遣いしないで貯金に回せばそれだけで年間80〜100万円程度は貯金ができると思います。

できればボーナス抜きで年間に100万円を目指しましょう。

共働きでも貯金ができない人の特徴

共働きで世帯収入はそれなりにあるのに、いつまで経っても貯金ができない人達もいると思います。

そんな貯金が苦手な人達にはお金が貯まらない原因があるわけで、その原因を改善しなければいつまで経っても貯金は0のままです。

ではお金を貯めるのが苦手な人はどのような特徴があるのでしょうか。

まず考えられるのは、買物は何でもかんでもカードで支払うということが習慣になっている人です。

カードで支払うと手元のお金は減りませんし、何にいくら使ったかという事もあまり把握せずにどんどん使ってしまいます。

そんな人は後になってカードの支払い明細を見てびっくりしたなんていう経験もある事でしょう。

そんな事ではしっかりとした金銭感覚も身に付きませんし、いつまで経っても貯金をすることはできません。

また、ATMを頻繁に利用するという人も、それだけ多くの出費があるわけですから、必要な時に必要な分だけ下しているつもりになってても、気づけばかなりの額を使っていたという事態になりかねません。

毎月の生活費を決めて必要以上にATMを使用せず、なるべく貯金に回して手を付けないようにしましょう。

二人で協力して毎月貯金しよう

貯金は夫婦二人の問題です。

どちらか一方だけが貯金しようと考えていても、もう一方が気にせずどんどん使っていては、どんなに努力しても水の泡です。

まずば夫婦二人でよく話し合い、いつまでにどれくらい貯めたいのか、その為には月にどれくらい貯金に回さなくてはいけないのかを確認し、無理のない貯蓄計画を立てましょう。

貯蓄計画が決まったら、実際にそれを実行していくわけですが、目の前にすぐに使えるお金があると、なかなか計画通りに実行することができない人もいると思います。

節約したり計画的にお金を使うことが苦手だという人は、あらかじめ給料から一定額を自動で定期預金に積立してくれるサービスを利用したりするとよいでしょう。

そして、自動で積立された分のお金ははじめからなかったものだと考えて生活すればいいわけです。

あとは、手元に残ったお金といままでかかっていた毎月の生活費を見比べて、終止のバランスがきちんと取れているかを考えればいいのです。

もし手元に残ったお金よりも支出の方が多いようであれば、重要度の低い物から減らしていき、赤字にならないようにして上手に貯金をしていきましょう。

 - 暮らしに関する雑学