気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

専門学校で奨学金を申請する時の理由の書き方

2016.2.5

家の経済状況によっては進学する為の学費を捻出するのが難しいなどの理由により、奨学金を申請しよう!

でもいざ申請しようと思った時に、果たしてこの理由の書き方で申請は通るのかと心配になってしまう人もいると思います。

そこで今回は専門学校で奨学金を申請する時の理由の書き方を紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

No Image

大学受験のために部活を辞めて勉強に専念すべき?両立の問題

大学受験を考えると部活と勉強の両立は難しいと感じる受験生は少なくないでしょう。 特に体育会系の...

大学に行くべきか否か、進路で悩みを抱えている高校生へ

高校生にもなると、ただ大学へ進学という進路ばかりではありません。 下手をすると将来に直結する選...

英語の勉強方法を知りたい高校生に贈る、必殺英語習得方法

英語は大学受験にも必須科目です。 そのため英語の勉強は欠かすことは出来ません。 しかし、...

高校の校章をどこにつけるの?校章の正しい位置について

高校の制服を購入し、さて明日が入学式。 準備をしていて、ふっと気づく。 「あれ?校章の位...

高3の夏休みに遊びたいなら 把握すべきは自分の○○だった!

高3の夏休みといえば、まさに受験前の貴重な時間です。 頭では、遊びより勉強を優先して...

高校の部活動におけるマネージャーの役割ってどんなもの?

フィクションの世界とは異なり、現実の高校の部活におけるマネージャーの立ち位置は、決して華やかなもので...

高校で部活に入らないのは将来不利になるか知りたい

高校生の部活動は、強制の学校もあれば、任意の学校もあります。 入るという選択肢と入らないという...

学校の友達は所属するグループ次第?恐怖のスクールカースト

学校の友達といっても多くはクラス内のグループに所属することになります。 いつ、どのように決まっ...

受験に対する不安を解消するには

受験とは文字の通り試験を受けること。その合否によって入学が決まったり、資格の取得ができたりと、次につ...

大学生が一人暮らしでつらいと感じる瞬間とその対策をご紹介

地方から大学に通うために引っ越しをしてきた時に、一人暮らしをしていてつらいと感じることもあ...

大学の卒論の発表で緊張のあまり失敗しないためにやるべき事

卒論が完成してホツとしたのもつかの間、今度は発表という壁があなたの前に立ちはだかっています。 ...

大学生だけど勉強にやる気・意義が見出だせない どう対処するか

大学生になったのはいいものの、勉強に対してやる気が出ない、意義を見出だせないままでいませんか?勉強以...

将来に不安を感じる大学生の実態とは?

見えない将来は誰だって不安ですが、特に大学生が覚える不安は、社会に対する不安です。 就職に対す...

これってバレる!?就活中の面接で、卒論の嘘は通用するか否か!

就活中は、どれだけ頑張ってもなかなか成果が出ないために、時に面接官に対して嘘をついてしまうことがあり...

人生で失敗した時に大学に行かなかったことを後悔する理由を解説

人生においていくつかのターニングポイントがありますが、その中でも大学に行かなかったことで失敗したと思...

スポンサーリンク

奨学金制度とは

奨学金という言葉を聞いたことがある人は多いけれど、実際にはどのような制度で誰を対象にしたものなのかをしっかりと認識できていないという人もいるのではないでしょうか。

奨学金というのは、学びたい気持ちもあり学力にも問題ないのにも関わらず、家の経済状況などの理由で進学をして勉強をすることを断念せざるを得ない学生に対して金銭的な支援をおこなう制度です。

一部例外で、学業の成績が特別優秀な学生に対して支給をおこなう場合もあります。

奨学金には貸与型と支給型があり、貸与型は卒業後に奨学金の返還期限が決まっており、期日までにお金を返還する必要があります。

一方支給型は、卒業した後に奨学金の返還をする義務はありませんが、受けるためには経済面の理由だけではなく、学力が優秀かどうかや人柄なども審査の基準となります。

どちらを希望するにしても、奨学金制度を利用する為にはまず申請をしなければいけません。

そして、奨学金を得るためにはきちんとした理由を示さなくてはいけません。

専門学校進学の為の奨学金申請理由の書き方

奨学金制度を利用したいと考えている人達は、何らかの理由により学費や生活費を用意するのが難しいために申請するわけですが、その為にはその理由が奨学金を受けるのにふさわしいかどうかを審査されます。

そのため、奨学金を必要とする理由をきちんと書くことが必要となります。

申請理由を書く時のポイントは、まずどのような理由で奨学金が必要なのかを明確にしましょう。

続いて、もし奨学金を受け取ることができなかった場合はどうなってしまうのかを考えます。

そして、奨学金を受け取ることができた場合、そのお金をどのような事に使おうと思うのか考えましょう。

これらの理由を箇所書きし、それをもとにして文章を作るようにして組み立てていけば、自然と大まかな枠組みができると思います。

だいたいの申請理由が文章になったら、おかしいところはないか読み返した後、誰か他の人に一度目を通してもらうと良いでしょう。

なるべく事情の知らない人の方が違和感があるかどうかも判断しやすいですから、家族ではなく先生に読んでもらったり、ウェブ上の掲示板を利用して添削をお願いするのもいいと思います。

どんな申請理由だと不合格になる?

奨学金は、経済的に困っている人達に余裕のある人達がただでくれたお金ではなく、教育を受けるための借金です。

その為、貸し出したお金をきちんと勉強をするための補助として使われ、就職後に返済することができるのかどうかを基準に判断されます。

その為、適当に申請理由を書いてしまうと、不合格となってしまい奨学金を受ける事ができない場合があります。

不合格とならない為にも、どのような申請理由が不合格になるのかを知っている必要があるでしょう。

まず最初に考えられるのが、申請理由がきちんと書かれていない場合です。

「親の収入が少ないので奨学金が欲しいです。」

上記のように、内容が少なかったり書いてあっても薄かったりするようでは審査は通りません。

また、学業ではなく部活やサークルを理由にアルバイトができないという場合も認められません。

これ以外にも、勉強の成績が基準値まで達していない場合や、世帯収入に余裕がある場合も不合格になるので覚えておくとよいでしょう。

成績や収入が基準値から外れている時の対処法

成績が基準値より著しく低かったり、世帯収入が基準値よりも大幅に上回っていて余裕がある場合なら不合格になっても仕方ありませんが、基準値をギリギリ外れている場合はまだ奨学金をうけられる可能性があります。

成績が基準値に対してギリギリ足りていない場合は、基準値に届かなかった理由を考えましょう。

理由は何でもいいというわけではありません。あくまで勉強をしたかったけれどもどうしても勉強に専念することができなかった理由でなくてはいけません。

例えば、「親がリストラにされてしまって家計が苦しかったため、アルバイトをして家計を助けなくてはいけなかった」「怪我や病気で長く学校を休んでいた為、授業を受ける事が出来なかった」などです。

収入面で基準値をギリギリ上回っている場合も同様に、なぜ奨学金を申請する必要があるのかを考えましょう。

例えば、「今期は親の職種業界全体が不振で給料が下がり、ボーナスも今までより少なくなる可能性がある」「今年から祖父母と同居して介護をしなくてはいけない為、多くの出費がかかることが予想される」などです。

少しでも申請が通るようにするためにも、担当者に理解してもらえる理由を掛けると良いでしょう。

専門学校生が奨学金を受け取るまでの流れ

最後に、奨学金の申請から実際に受け取るまでの一例を紹介したいと思います。

奨学金はまず、高校3年生のうちに申請を出すことになります。

奨学金申請の募集は1回目がだいたい4月から6月頃で、1回目が9月から10月頃に行われます。

募集の時期や受付期間は高校ごとに異なるので、早めに調べて行動できるようにしましょう。

学校によっては奨学金を申請するにあたっての説明会を開催していることもあるので、奨学金を検討している人は是非参加しましょう。

奨学金の申請をして、無事に採用が決定したら、その後決定通知が届きます。

あとは専門学校に入学後、決定通知を含めた奨学金の手続きに必要となる書類を受付期間内に提出し、最終手続きを終えたら完了です。

何も問題なく手続きが完了していれば、5月から奨学金の振り込みが始まります。

5月のみ4月と5月の2か月分の奨学金が振り込まれますが、以降は毎月決まった日に1か月分の奨学金が振り込まれるようになります。

 - 学校・勉強に関する雑学