キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

転職で最終面接後に連絡が来ない場合ってこんなとき

2016.1.31

転職のための最終面接も終わって一安心。

しかし待てど暮らせど連絡が来ない。

いわゆる生殺しの状態。

最終面接まで残ったのだから、できればこのまま合格したいという希望と、遅いのはだめかもしれないという絶望。

どうすればこの地獄から抜け出せるのかについて解説します。

転職の最終面接の連絡について

最終面接後、面接官が「○○日頃までに電話で連絡をします。」と言われたら、その日まで待てばいいのですが、問題なのは何も言われなかった場合です。

いつまで待てばいいのか、他の会社に面接に行くべきか悩むところです。

もし言われなかったら、面接官が退室を促すコメントを言ったら、「すいません、結果はいつ頃ご連絡いただけますでしょうか?」と面接の場で確認をしておきましょう。

出来ればその際、電話なのかメールなのか書面なのか方法まで確認できると、待つ身としてはかなり気が楽になります。

もし面接官から期日を言われなかったし、自分から聞かなかったのだとしたら、おおよその3日〜1週間ぐらいを目安で面接結果の連絡待ちをしましょう。

ただこれもあくまでも目安です。

大企業ほど面接した人数が多く、採用決定のプロセスが長いため、結果が遅くなるそうです。

またこれもよく言われる話ですが、採用者より、不採用者の方に連絡が遅い傾向があります。

転職の最終面接の連絡が来ない場合の対処方法

ずばり直接問い合わせましょう。

後は諦めるのどちらかしかありません。

希望があるから悩んでいるのです。

その悩みを解決するには、結果を聞くしかありません。

これはタイミングが大切です。

どんなに結果が気になっても、面接官が期日を言ったのであれば、その期日までは待ちます。

期日を過ぎても、次の日の午前中に問い合わせるのは早すぎます。

できれば期日から2〜3日は待ってから連絡しましょう。

例えば郵送で結果を連絡した場合、期日の日の夕方に発送していれば、翌々日ぐらいに到着することもあるからです。

期日を言われてなければ、面接した日から2週間は開けた方がいいでしょう。

問い合わせる時は、メールよりも電話の方が確実性があります。

あなたとしては、約束の期日は過ぎているし、ずっと結果を考えてイライラしているかもしれませんが、相手を非難するような口調になったり、発言をしたりしないように注意してください。

「忙しい所申し訳ないのですが、先日面接をした結果をお伺いしたいのですが……」というように相手の時間を割いて申し訳ないという気持ちを込めましょう。

面接の結果が来るまでにやっておく事

ただひたすら結果を待っていると、その事しか考えられなくなるので、結果の遅さにイライラしてきます。

結果は結果としてあなたがイライラしても変わりません。

その間は他の会社へ就職するための準備をしましょう。

履歴書を作成したり、応募したり、やることはたくさんあるはずです。

もし採用の結果が来たら、面接の予約をしたところには「他の会社で就職が決まった」といって断ればいいのです。

何も恋人を作るわけではないので、採用の内定が出るまでは、何又かけても問題ありません。

時間は有限です。

結果が判らないものに希望を込めてただ待っているのではなく、だめだった場合の事を考えて、他の選択肢を作っておきましょう。

少し時間が出来たなら、プライベートな用事を片しておいてもいいでしょう。

運よく採用された場合、数か月は仕事に慣れるまで時間がかかります。

休みは疲れていてなかなかプライベートな用事を片す気分になれないでしょう。

これを機会に片づけておきます。

要は結果連絡をただ待つだけの日々を過ごさないようにという事です。

最終面接の結果連絡が遅い理由

前述しましたが、大企業の選考には時間がかかります。

まず絶対的に面接を受ける人数も多いですし、それにかかわる人数も膨大です。

採用決定のプロセスは長く、場合にのよっては最終決定者が多忙もしくは出張のため不在なんて事も。

では中小企業は結果連絡が早いかというと、これもケースバイケースです。

大企業に比べて、面接を受ける人数は大企業に比べて少なく、採用決定のプロセスも短いです。

しかし、面接担当官が、専属でなく他の業務と兼務している場合、他の業務の時間を縫って、採用業務をしなくてはいけないため、結果時間がかかってしまったという事もありえます。

また、あなたをキープしている場合もあるのです。

企業にとって第一希望の採用者が他の結果待ちや何かの都合で回答を保留している場合、その人がだめだったときのためあなたをキープしている場合もあるのです。

ただ、可能性が高いのは不採用のケースです。

採用者は出来るだけ早いタイミングで連絡を取ります。

なぜなら他の会社に取られたくないからです。

不採用者に関しては、後回しとう事はよくあります。

転職の面接で不採用の結果連絡が来たら

自分の何が悪かったかというのは、残念ながら面接官は教えてくれません。

あなたに何の落ち度もなくても、あなたより優れた人がいれば、その人が採用されます。

反省することは大切ですが、落ち込まないようにしましょう。

会社との面接はある意味、縁です。

その会社とは縁がなかったと思ってあきらめましょう。

ちなみに最終面接での採用のポイントは、意欲、人間性、マナーと言われています。

最終面接しているのは、社長や役員クラスの人間です。

つまり、マナーには厳しいと考えておきましょう。

また事前にその会社のサイトなど見て、会社の方針や業務内容について確認はしましたか?必ず志望動機は聞かれたはずです。

その際、会社の方針についても、言及した志望動機になっていましたか?
相手の話を遮って自分の話をしていませんか?雑談的な面接の場合は、あなたの人間性を見ています。

前述した内容で何か失敗したなあと感じた事があれば、次への教訓として生かしましょう。

 - 仕事に関する雑学