気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

眼鏡をかけると視力が悪くなる?視力低下のメカニズム

2016.1.27

みなさんは、眼鏡を使用することによって目が悪くなるという噂は聞いたことはありませんか?

目が悪くなってきて物が良く見えなくなってきたから眼鏡をかけたのに、余計に目が悪くなってしまうなら、いったいどうすればいいの?などと悩んでいる人もいるかもしれません。

そこで今回は視力低下のメカニズムについて紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

風邪をひく原因は寒さなの?意外な予防法教えます!

寒い格好してたら風邪ひくでしょ!なんて子供の頃にはよくおばあちゃんに言われました。 寒空の下で...

ピルで避妊する場合の保険適用はケースによって変わります

みなさんはピルというものがどういう薬か知っていますか? ピルは避妊の為に使うわけではなく治療目...

腹痛の原因はお腹に溜まったガス!?ガスが溜まる理由と対策

最近やたらとお腹が張って痛い、そんな風に感じたことがあるのなら、それはもしかしたらお腹に溜まったガス...

鎖骨のリンパを押すと痛いのは何故?そんな疑問を解決します

鎖骨はリンパマッサージでも、心臓へと至る最終ポイントのために重要な箇所です。 ここを押すと痛い...

身内の希望なら赤ちゃんを連れて病院にお見舞いに行くべき?

ページの目次1 赤ちゃん連れて病院にお見舞いというのはあり?2 身内が赤ちゃん連れで病院のお見舞いを...

脳梗塞で親が倒れた。介護にかかる費用についてのまとめ

親はいつまでも元気ではないというのは、実際親が入院を余儀なくされたとき実感します。 まして脳梗...

花粉症による鼻づまりはなぜ起きるの?原因と対処法

花粉症の季節になるとつらい鼻づまりに悩まされている人も多いと思います。 なぜ鼻づまりは起きるの...

子供の咳が1ヶ月も続く。病院受診のタイミングと目安

子供の咳が1ヶ月も続く、治る様子がないとなると、たかが咳とはいえ、されど咳。 親としても心配し...

背中がこったと感じるときの肩甲骨回りセルフケア&マッサージ法

デスクワークの多い方、外回りをするサラリーマンの方、主婦の方・・みなさん日々の生活の中で肩こりを感じ...

正体が判れば怖くない!まぶたのできものが透明な場合

まぶたにできものが出来ると誰だって不安です。 失明するのでは?病院で手術と言われたら、痛くな...

採血後に腕が痛い!痺れる!という症状は神経が損傷の可能性

採血の時に看護師から「痛い事や痺れる事はありませんか?」と聞かれることありますよね。 毎回毎回...

骨盤が鳴る?体育座りや体を伸ばすと骨盤が鳴る理由

骨盤が鳴る事ありますか?普通はあまりないのですが、突然鳴るようになる人がいます。 それは特に体...

母が病気になり辛い気持ちで一杯… そんな気持ちの整理の仕方

元気だった母が病気になる、また亡くなる可能性もあるとなると辛い気持ちで一杯ですよね。でも自分がしっか...

うつ病の家族がいて「しんどい」と思った時に試す3つの方法

うつ病は本人がとてもつらい病気です。 しかし、それを受け入れている家族だって「しんどい」思いを...

左脇腹の痛みや肋骨下の痛みの原因は便秘や神経痛の可能性アリ!

左脇腹の痛みや肋骨下の痛みって、骨が痛いのか、内臓に問題があるのか、筋肉が痛いのか中々自分でも判断し...

スポンサーリンク

視力が悪くなるメカニズム

そもそもみなさんは目がどのようにして物を見ているのか知っていますか?

視力が悪くなるのはどうしてなのかを考えるためにはまず目が物を見るための仕組みを理解しなくてはいけません。

目は基本的にカメラと同じような構造でできており、外部からの光がレンズの役割をしている角膜や水晶体を通って網膜へと送られます。

そして網膜は、水晶体から送られてきた光を電気信号へと変換し、脳へ送ることで物を見っているわけです。

水晶体がきちんと光を屈折させて網膜とピントを合わせるためには、水晶体を動かしている毛様体筋の活躍が必要になります。

ところが、この毛様体筋の動きが鈍くなってしまうと、水晶体は本来の動きをすることができずにピントが合わなくなってしまうので、物が見えにくくなってしまうのです。

つまり、視力低下とは網膜上でピッタリとピントを合わせる事が出来なくなってしまった状態の事で、光のピントが網膜よりも手前にきている状態を「近視」、網膜よりも後ろにピントが合っている状態を「遠視」と言います。

近視は近くの者は良く見えるけれど、遠くのものはぼやけて見にくい、一方の遠視は遠近両方ともにぼやけて見えてしまうのが特徴です。

眼鏡をかけると視力が悪くなる?

「眼鏡をかけると視力が悪くなる」というような話を聞いたことがある人は多いと思います。

実際に自分は眼鏡をかけ始めた事で視力がさらに悪くなってしまった!という人もいるかもしれません。

ですが、実際は眼鏡をかけたからと言って視力が悪くなるわけではありません。

視力が悪くなる原因は、親から子への遺伝による影響が最も大きく、眼鏡をかけたからと言って視力が悪くなるわけではないのです。

むしろ眼鏡をかけたり外したりを繰り返すことによって視力が悪くなることを防ぐ効果があります。

ではなぜ眼鏡をかけた事によって目が悪くなるだなどと言われているのでしょうか。

それは眼鏡の使い方に問題があるからなんです。

眼鏡は視力が悪くなった時にかけるわけですが、視力の悪さは人それぞれです。近視の人もいれば遠視の人もいるし、乱視を持っている人だっています。

それらのサポートの為に眼鏡をかけるわけですが、普段の生活環境に合わせた度数の設定を考えずにとにかくよく見える事だけを考えて眼鏡を作ってしまったりするなど、使用状況と眼鏡の矯正度合いが合っていないことで、目に必要以上の負担をかけてしまって、さらに視力が悪くなってしまうのです。

視力が低い人は眼鏡をしないと悪くなる

適正な使い方で眼鏡をかける事は視力の低下にはつながらず、むしろいいことだという事はわかっていただけたと思います。

では、視力が悪いのに眼鏡をかけないでいる事はどうなのでしょうか。

目は毛様体筋が水晶体を動かして光を屈折させ網膜とピントを合わせるわけですが、毛様体筋の動きが鈍くなることでピントが合わなくなってしまうという事は視力が悪くなるメカニズムでお伝えしましたが、視力が悪いのに眼鏡をかけないで裸眼のままで生活していると、よく観えない状態が常に続くことになります。

そうすると脳が「目が見えていなくても問題がない」と判断してしまい、ピントを合わせる力がさらに衰えてしまいます。

その結果、今まで見えていたものも良く見えなくなってしまって、結果的に目が悪くなったと感じてしまうのです。

人は使わない物はどんどんいらない物として衰えていきます。

運動をしなければ筋肉が落ちるのと一緒で、視力も遠くを見たり近くを見たりしてピントを合わせる機会を意識的に作らないとどんどん衰えていってしまいます。

これ以上視力が悪くなってしまわない為にも、正しい眼鏡のかけかたを意識して使う必要があるでしょう。

視力を悪くしない眼鏡の使い方

少しでも目に負担を掛けないようにする為にも、正しい眼鏡の使い方が必要となります。

本来であれば、用途によって眼鏡を使い分けるようにすることが理想です。

例えば、通常の視力矯正眼鏡をした状態でパソコンのディスプレイを見続けていると、近くの物がよく見えすぎてしまい、目にものすごく負担がかかってしまいます。

そこで、パソコンで何か作業をする場合は、通常の矯正度数の眼鏡よりも少し度を下げ、なおかつパソコンのディスプレイから出ているブルーライトをカットできる眼鏡を用意して使用すると良いでしょう。

また、外出する時は、遠くの方までしっかり見えるようにするために、普段よりも強めの度の眼鏡を使用しましょう。

このように、環境に合わせて複数の度の眼鏡を用意し上手に使い分ける事で、毛様体筋が活発に活動し、ピントを合わせようとするので視力のトレーニングになります。

あまり複数の眼鏡を持つことができないという人は、30分から1時間ごとに遠くを眺めるようにして目のピント調節機能を意識的に使い、毛様体筋をリラックスさせることを心掛けましょう。

視力を回復させるトレーニング

視力を少しでも回復したいと考えた事がある人も多いと思いますので、ここでは視力回復に役立つトレーニングをいくつか紹介したいと思います。

まずは水晶体を動かす役割を持った毛様体筋のトレーニングです。

毛様体筋がきちんと動いていないと、いつまでも緊張した状態が続いてしまい、本来であれば遠くを見た時に薄くなるはずの水晶体がいつまでも厚いままになってしまうため、遠くのものがぼやけてしまう近視となってしまうのです。

そこで、毛様体筋をリラックスさせるために、なるべく遠くを見る事を意識してじぃーっと見つめてみましょう。

そうやって毛様体筋をリラックスさせたら、今度は近くの物と遠くの物と順番に見るようにして毛様体筋を意識的に動かしていきましょう。

こうすることで凝り固まった毛様体筋がほぐれてきて、視力回復につながります。

続いて、外眼筋という眼球を動かす役割を持つ筋肉のトレーニングです。

これは目の前で指を「∞」や近づけたり遠ざけたりというように動かし、それを目で追うようにして眼球を動かしていきます。

普段あまり動かしていない眼球を活発に動かすことによって外眼筋が鍛えられ、ピンボケの解消につながります。

視力が悪くなったからと言って諦めるのではなく、トレーニングをして少しでも回復させられるように頑張りましょう。

 - 健康に関する雑学