気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

乳幼児はお風呂に毎日入れるべき?そのメリットは?

2016.1.26

乳幼児はお風呂に毎日入れた方がいいと病院で指導されたお母さんは多いと思います。

ご機嫌で入ってくれればいいけど、泣き叫ぶ乳幼児をお風呂に入れるのは大変です。

どうして毎日入れなくてはいけないの?疑問に思ったことありませんか?

毎日乳幼児をお風呂に入れるメリット・デメリットを紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

妊娠初期、仕事に対するやる気が起きないのは○○のせい!

女性にとって一大事の妊娠・出産。自分のお腹の中に新しい命が宿っている喜びと同時に、不安を抱えてしまい...

別れがつらい!子供が保育園で泣く時に上手に別れる方法

子供が保育園前で泣く光景はよく見かけます。 「ママ〜」と大きな声で抱き着いてくる我が子をみると...

保育園と幼稚園 学力の違いについて

保育園に行くべきか、幼稚園に行くべきか、一定年齢に子供の親はどちらに行かせるべきか悩みます。 ...

冬のお出かけに!エルゴの抱っこ紐でおんぶした時の防寒対策

エルゴの抱っこ紐と言えば、ママの必須アイテムのひとつです。 いよいよ冬到来、でもお出かけはしな...

畳の部屋に子供の為にマットを引きたい時のコツと選び方

畳の部屋にわざわざマットを引く必要はありませんが、 子供や特に赤ちゃんがいるご家庭では様々な理...

車内や公園、スーパーで、子供がパニックで泣く時に対処方法

子供がパニックを起こして泣く事は通常よくあります。 とはいえ、それが家の外である、駅や公園やス...

離乳食、納豆はそのまま使ってOK?加熱の必要性とお勧め活用法

赤ちゃんの離乳食を作るとき、初めの頃は〈生もの厳禁〉。赤ちゃんの免疫が弱いので、食材はどれ...

赤ちゃんの発達障害は遺伝の所為か否かについての考察

やっと授かった赤ちゃんに発達障害があると判った場合、 その親たちの悲しみは言葉に出来ないほどです。 ...

ママ必見!10ヶ月の赤ちゃんが一人で遊べるおもちゃを紹介

10ヶ月になると、ハイハイで高速移動をし、早い子はそろそろ歩き始める赤ちゃんもいます。 中々目...

幼稚園の付き合いが面倒。行事は特に嫌!どう乗り切る?

子どもが幼稚園に入ると、お母さんたちも新しい社会生活がスタートします。 行事は特にグループや派...

子供が奇声を発するには理由がある。ただ怒るだけではだめ!

子供が電車や、公園、スーパーで奇声を発すると親は周りの目を気にして、とにかく静かにさせようと子供を怒...

赤ちゃんのハイハイはいつから?目安は生後6か月

赤ちゃんと言えば、毎日毎日目に見える形で成長していきます。 赤ちゃんにとっても、ママにとっても...

発達障害の子供が幼稚園で迷惑か心配。どうすればいい?

自分の子供が発達障害だとしたら、心配事が一杯です。 幼稚園で先生に迷惑をかけていない?お友達に...

赤ちゃんの夜のオムツ替え。悩めるママにおススメ方法を紹介

赤ちゃんも2〜3か月になると、生活のリズムも出来上がってきます。 さて赤ちゃんが大人しく寝てく...

発表会で緊張のあまり泣く我が子に親がしてあげられる事

我が子の運動会や発表会では、親もドキドキしてしまうもの。 練習やリハーサルではうまくいっていた...

スポンサーリンク

乳幼児を毎日お風呂に入れるのは?

うまれたばかりの赤ちゃんは、家の中で、泣くか、ミルクを飲むか、寝るか、そしてたまにうんちやおしっこをするぐらい。

家の中はエアコンが効いていて汗をかく事も少ない。

それなのになぜ毎日入れなければいけない?と疑問に思うお母さんは多いと思います。

赤ちゃんをお風呂に入れると一仕事終わった気分になるくらい、かなり負担が多い作業です。

大人ならばこの環境で1日くらい入らなくても問題はないでしょう。

ただ赤ちゃんは違います。

新陳代謝がすごく活発で、清潔に保つには毎日の入浴が欠かせないのです。

毎日入るメリットは、清潔に保っておけるため、肌トラブルが防げるところです。

デメリットは、やはり育児の負担が増える事と、お風呂に入れる段取りが悪いと赤ちゃんが裸でいる時間が長くなるため、風邪をひいてしまうことがあります。

また赤ちゃんの肌はデリケートなので、擦りすぎると肌トラブルの元になる事も。

カーゼか手で優しくなでてあげる程度で十分です。

乳幼児を簡単に毎日お風呂に入れる方法

生後1か月くらいは、ベビーバスを利用します。

大人のお風呂に入れるのは、1か月検診でお医者さんの許可が下りてからにしましょう。

ベビーバスを使ったとしても、一人で入れるのは結構大変です。

出来れば二人で入浴させることが出来れば、かなり作業的には楽になります。

一人は補助的な役割で、お風呂の準備をしてもらいます。

そしてお母さんが赤ちゃんの服を脱がしてお風呂へ連れていきます。

補助的な人に赤ちゃんを支えてもらって、お母さんが優しくガーゼで肌を拭いていきます。

石鹸やシャンプーは使ってもOKですが、赤ちゃん用の低刺激なものを選択してください。

またベビーバスに溶かして使うタイプの沐浴剤も販売されているので、これを利用してもOKです。

石鹸やシャンプーよりも簡単です。

入浴が終わったらお母さんが赤ちゃんを連れてお風呂を出て、補助的な人はお風呂の後片付けをしてもらいます。

このように二人で分担するとかなり入浴も楽になりますし、赤ちゃんを裸で待たせる時間も少なくできます。

乳幼児を毎日お風呂に入れる時のポイント

赤ちゃんをお風呂に入れる時間ですが、これは生活のリズムを取るために毎日同じ時間にするよう心がけましょう。

といっても、この頃の赤ちゃんは、好きな時間に寝て、好きな時間に起きてミルクを飲みます。

ミルクを飲むと、最低30分は入浴させられなくなるため、中々スケジュール通りにいかないものです。

そのため、ざっくりとした時間帯で入浴をさせていいと思います。

例えば午前中とかお昼頃とか、前後1〜2時間の余裕を見ていいでしょう。

ある日は朝入れて、ある日は夜入れるという方法は避けた方がいいです。

冬に生まれた子供は、裸にする場所を考えましょう。

脱衣所が温かくできる場合は脱衣所で、それでなければ脱いでも寒くないように部屋の温度管理を考えてあげます。

そうでないといきなり寒い所で裸にされれば、泣きますし、風邪をひく可能性もあります。

赤ちゃんの服とスキンケア一式は、お風呂に入る前に必ず準備をしておきます。

そうすれば赤ちゃんが湯冷めする確率がかなり下がります。

乳幼児のお風呂の後のスキンケア

赤ちゃんのお風呂あがりのスキンケアはとても大切です。

乳幼児の肌はとてもデリケートのため、乾燥しやすく、ちょっとした刺激ですぐにトラブルが発生します。

少々大変ではありますが、お風呂上りには必ずスキンケアをしましょう。

低刺激のローションや、ベビーオイルなどを使います。

もし、肌にトラブルが出たら使用を中止して、病院へ行ってください。

塗る場所は全身漏れなくします。

お尻や顔は特に刺激を受けやすい場所なので、念入りにしてあげましょう。

冷たいままつけると赤ちゃんがびっくりして泣いてしまうので、ローションは直接赤ちゃんに付けずに、一度自分の手にとって少し温めてから塗るようにします。

もし泣いて嫌がっても、手を止めずに最後までやりきります。

そのうち赤ちゃんがローションに塗られることに慣れて泣かなくなりようになります。

スキンケアを実施することで、食品アレルギーになりにくいと言われていますので、泣かれようと、嫌がられようと気にせずにお風呂上りの習慣化にしましょう。

乳幼児がお風呂を嫌がって泣く場合の対処方法

赤ちゃんにもお風呂好きとお風呂嫌いの子がいます。

個人差があるのです。

お風呂嫌いな子は、あのお湯に浮かされている時に感じる浮遊感が嫌だという説もあります。

ガーゼを体に掛けることで、安心を覚える子もいますので、一度試してみてください。

また昨日まではご機嫌だった子も突然嫌がり泣きだすこともあります。

本人は嫌な理由を教えてくれればお母さんも助かりますが、実際はそうはいきません。

そのため、お母さんは手探りでその原因を探すことになります。

まずはお風呂の温度を確かめてみましょう。

ほんの少し熱いだけでも赤ちゃんは嫌がります。

いつもと変わらないのにという人は、少しお風呂の温度を下げるだけでも泣かなくなることもあります。

赤ちゃんも人間なので、毎日同じ温度でも日によって、適温と感じる温度が違うのです。

またお母さんが気付かない間に、目に水や泡が入った可能性もあります。

シャワーにびっくりする子もいますので、ちょっとした変化で泣き出します。

しかし、ずっと泣きっぱなしで大きくなる子はいません。

いつか必ずご機嫌にお風呂に入ってくれるようになるので、へこたれずに頑張りましょう。

 - 育児・子育て・出産に関する雑学