キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

アパートの騒音を気にしない人をどうにかしたい時に

2016.1.22

アパートで騒音がして、気になって仕方ないことってありますよね。

隣人や上の階に暮らしているのは見ず知らずの他人です。

生活習慣も違うので、騒音に対しても気にしないというか無頓着な人がいます。

ここではその対処方法について解説します。

アパートの騒音を気にしない隣人

騒音はご近所トラブルに発展する理由の一つです。

音は本人の感覚なので、人によって受け取り方が変わります。

とても敏感な人もいれば、鈍感な人もいます。

でも鈍感だからといって、大きな足音と立てて歩いたり、ドアを音を立てて閉めたり、夜中に洗濯機を回す、掃除機をかけるとなどされると、聞かされるほうはたまりません。

こういった生活音以外でも、例えば夜な夜な友人と飲み会をして騒ぐ、大きな音で音楽をかけるといった事をされれば、敏感でない人だってイライラするでしょう。

マンションですら、騒音問題で悩んでいる人もいるので、アパートの場合は防音性ももっと低くなるので、事態は深刻でしょう。

一番の対処方法は引っ越すことですが、自分は悪くないのになんで引っ越さなければ行けないのかと不満に思うと思いますし、また引っ越し先でも同じトラブルがないとは限りません。

ならば、このアパートの騒音を気にしない隣人に立ち向かわなくてはいけないのです。

アパートの騒音が気になった場合

まずは、管理会社もしくは大家に相談しましょう。

ちょっとややこしくなりますが、そのアパートの管理をしている人もしくは管理を委託されている会社に話をしないと意味がありません。

よくアパートの賃貸契約をした会社に相談する人もいますが、必ずしもその会社が管理をしているとは限りません。

アパートの持ち主と借りる人を募集したり、その事務手続きのみ契約している不動産会社があります。

ここにいくら何か苦情を言っても、まったく実行力はありません。

この会社にできることは「大家に伝えます」ぐらいです。

それは契約でそうなっているからです。

なので、時間を無駄にしたくなければきちんと対処できるところに伝える必要があります。

直接伝える方法ももちろんありますが、最近はそれで殺人までに発展するケースもあるので、できるだけ第三者を介したほうが無難です。

一般的な価値観のある人ならば、管理会社や大家から何か言われれば、騒音に対して配慮するようになるでしょう。

注意されても気にしない隣人に対する対処方法

消極的な方法ですが、自分の方を変えてみます。

悪いのは自分でないのに、自分が対応しなくてはいけないのが理不尽に感じるかもしれませんが、まずは自分の精神的な平穏の方が大切だと考えてください。

人は一度その事に注意を向けると、それが気になるという傾向は誰にでもあります。

例えば、ある言葉を知ったとたん、あちこちでその言葉が目に付くことがあります。

それと同じことです。

ならば、できるだけ騒音から注意を背けるために、何か他の事に集中するようにします。

新しい趣味を見つけてもいいですし、海外ドラマや韓国ドラマを一気見するとか、でもいいです。

ほかにも耳栓をするという方法もあります。

ただ、電話や来客がわかりにくくなったり、人によっては耳栓を長時間すると耳が痛くなることもありますので、いよいよの時の最終手段にしておいた方がいいいかもしれません。

また、騒音を音で消すということで、好きな音楽をかけるというのも一つの手です。

アパートの騒音対策

アパートは木造の建物が多く、防音という観点でははなはだ頼りないのが実情です。

そのためベッドが隣人の部屋に接しているとその分音が聞こえやすくなります。

それを隣人と接していな壁にレイアウト変更をするだけで、多少状況が改善します。

また収納家具を置いたり、収納家具と壁との間に発泡スチロールを1枚いれるだけで、大分音が通りにくくなりますので、おススメです。

防音壁という商品もあり、設置も簡単で商品によっては、壁を傷つけることなく設置できるものもあります。

ただ、上の階の騒音に関しては、部屋のレイアウト変更では対応しきれないので、遮音シートや吸音材を天井に設置します。

設置自体は業者に頼むほどの難易度はありませんが、勝手に部屋を改造してはいけないため、大家に了承を取ることが大切です。

また退去時は原状回復の義務を負っていますので、部屋を元通りにするために修復費用が上乗せさえれることがありますので、注意してください。

それでもアパートの騒音に我慢できない場合 

根本的な解決は、やはり騒音主をどうにかしなくてはいけません。

騒音というとどうしても個人の感覚ではかられることが多いため、明確な被害を理解してもうらうことは出来ません。

そのため第三者である大家や不動産会社に騒音があるときに立ち会ってもらったり
もしくは騒音を計測してくれる会社がありますので、そこに依頼をして騒音を数値化します。

そして騒音が出る頻度や日数、時間、などをメモをに書き証拠にします。

それを持って、大家や管理会社に主観的な出来事でなく、客観的な事実である事を認識してもうらいます。

そのうえで粘り強く注意を続けてもらうほか、場合によっては弁護士に相談するという方法もあります。

そのためにも客観的な証拠が必要です。

ただし、弁護士費用はそれなりにお金がかかる他、損害賠償をとれるか否かがそれこそケースバイケースですし、必ず勝訴するという確証もありません。

方法の一つではありますが、それだけ費用や時間を費やすならば、最終手段である引っ越しを検討した方が、前向きかもしれません。

 - 暮らしに関する雑学