キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

中学生で勉強ができないと悩む子の共通点と対処法

2016.1.20

中学生になって勉強についていけなくなったり勉強ができない事に悩んでいる子もいると思います。

わかってはいるけれど、どうすればいいのかわからない毎日・・・

そこで今回は中学生で勉強ができないと悩む子の共通点と対処法を紹介します。

中学生で勉強ができない子の特徴

中学生の中には勉強ができなくて悩んでいる子がたくさんいると思います。

勉強ができない理由は、細かく見ていけば数え切れないくらいあるかもしれませんが、根本的な理由は簡単です。

勉強ができない理由として考えられる最も大きな理由は、勉強に対してやる気が出ないという事です。

どんなに周りが何を言おうが、どれだけ優秀な先生が授業をしようが、本人にやる気がなければ何も意味がありません。

勉強だけに限らず、どんなものでもやる気がなければできるようにはなりませんし、やる気がないまま続けていても長続きはしません。

また、元々はやる気はあったのだけれど、小学校から中学に上がり、問題が徐々に難しくなってきたことで、次第に勉強についていく事ができなくなり、最終的にはやる気を失ってしまったという事も考えられます。

人は誰でも自分にとって興味が持てない物や嫌いなものに対してはやる気を出すことはできませんし、時とともに忘れて行ってしまいます。

中学生で勉強ができない子の共通点はやる気が出ないことだったんです。

中学生のうちに勉強ができないと後々困る

どのような事でもそうですが、小さいころに身についた習慣や癖は、大きくなってからではそう簡単には変える事ができません。

中学生くらいまでのうちに勉強に対して興味がなくなってしまいやる気をなくしてしまうと、高校生や大学生になってからやる気を取り戻そうと思っても、嫌いなものがいきなり好きになることはないように、並大抵の事ではやる気を出すことはできないでしょう。

それに、高校受験や大学受験の時になって今までやる気がなくてやってこなかった勉強をいきなり始めて、受験に必要な知識を基礎から全て覚えることなんて不可能でしょう。

ですから、後々大変な思いをして困らないようにするためにも、中学生までのうちに、勉強に対してやる気を出せるようになっておく必要があります。

高校生や大学生になってから勉強に対しての考え方を変えるのは大変ですが、中学生のうちであれば、勉強に対してやる気を出すように変える事はそれほど難しいことではありません。

では、どうすれば勉強に対してやる気を出すことができるのでしょうか。

中学生が勉強でやる気を出す方法

中学生が勉強でやる気を出せない理由は様々だと思いますが、やる気が出ないものをどうすればやる気が出るようになるのでしょうか。

人が物事に興味を持ったりやる気が出たりするには、自分の努力に対して効果や実感を感じる事ができるかどうかにかかっています。

どんなに努力して頑張っていても、一向に結果が伴わないのであればやる気がなくなってしまっても仕方がありません。

つまり、中学生が勉強に対してやる気を出すためには、勉強で結果が出せたという実感がなくてはいけないのです。

しかし、今まで勉強で結果が伴わなかったから、やる気がなくなってしまっているのに、どうやってやる気を出せばいいんだよ?と思った人も多いと思います。

そこで、最初のうちは勉強を頑張るための動機作りをするとよいでしょう。

本当は勉強ができれば成績が上がるという事にメリットを感じてやる気が出れば一番ですが、最初のうちは両親に協力してもらって、成績が上がったらお小遣いや欲しいものを買ってもらえるなどのわかりやすいご褒美を設定してもらうと良いと思います。

自分がやる気を出せる動機ができたら後は頑張るのみです。

ノートの取り方が学習効果に影響する

勉強にやる気を出す動機づけをして、いざ勉強に取り組み始めても、今までと同じやり方をしていてはまたやる気をなくしてしまう可能性もないとは言えません。

やったことが少しでも多く結果につながり実感することが、勉強にやる気を見出すうえで大切な事ですから、いくら勉強する事のメリットがあっても、肝心の成績が上がらなければ勉強そのものに対しての意欲はわきにくいですよね。

そこで、少しでも学習の効果を上げて成績アップにつなげるためにも、ノートの取り方から見直していきましょう。

勉強ができなかったりやる気がでない子のノートは、まとめかたが乱雑で汚くてどこに何が書いてあるかわからないという傾向があります。

どこに何がるのかわからなければ、以前どこまでやったかわからなくなってしまうので、結果的に毎回同じことを繰り返し、効率の悪い学習法を繰り返すことになってしまうのです。

ノートを取るという事は、後々見返して復習をする時に見やすくするためのまとめだと思って綺麗に書くことを心掛けましょう。

勉強をしたら復習をしよう

勉強したことをノートに綺麗にまとめる事ができるようになったら、そのノートを使ってきちんと復習をすることに力を入れましょう。

勉強ができる人とできない人の差は、この復習をきちんとおこなえるかどうかだと言えます。

いくらノートに綺麗にまとめる事ができても、それで満足してしまっては勉強した気になっただけで、実際には何も理解することも記憶することもできてはいません。

一度やった事を復習することで勉強した内容をきちんと理解し記憶していく事ができるのです。

せっかくきれいにノートをまとめる事ができるようになって、勉強に対して満足感を得る事ができるようになってきたとしても、成績が一向に上がらないのでは、またやる気が萎えてきてしまって勉強ができない状態に逆戻りしてしまうのも時間の問題と言えるでしょう。

そんな事態に陥らない為にも、勉強をしたらその内容をきちんと理解してしっかりと記憶しておくためにも何度も復讐するようにしましょう。

そうやって少しずつ努力をしていく事で、結果につながり自然と勉強に対してのやる気も出せるようになり、勉強ができなかった自分から卒業することができるでしょう。

 - 学校・勉強に関する雑学