キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

旦那の上司に対してどう挨拶すべき?これで好感度をあげよう

2016.1.19

大人気ドラマ「半沢直樹」でも花ちゃんの内助の功が注目されましたが、妻の対応ひとつで旦那の会社での評価が変わることもありえるのです。

旦那の上司にばっちり挨拶をして、好感度をゲットして、旦那の評価をグッっと上げましょう。

今回は旦那の上司に対して挨拶をする際の注意手などをまとめました。

旦那の上司に挨拶する注意点は?

まずは旦那の呼び方を「主人」にします。

間違っても上司や同僚の前で「旦那」や普段あだ名のような呼び方をしないように。

例えば旦那が隆という名前でいつも「たっくん」と呼んでいるとします。

そして、旦那の主人に挨拶する時に、「いつもうちのたっくんがお世話になっています。」なんて言ってしまったら、もう大変です。

旦那の会社でのあだ名はたっくんになってしまいます。

死ぬほど旦那に恨まれることになるでしょう。

例えば、「いつも山田がお世話になっております」という風に名字で呼ぶのはOK.です。

もし旦那の名字で呼ばないのであれば、挨拶の場合は「山田の妻です。いつも主人がお世話になっております」という風に誰の妻か名乗っておかないと、上司も誰に挨拶されたか判らないので、戸惑ってしまいます。

また、あなたが会社の上司に初めて顔を会わせるのでも、すでに面識があっても、「主人がいつもお世話になっております。」でOKです。

この挨拶のいいところは、あなたではなくご主人と上司との関係がメインになった挨拶だからです。

旦那の上司との会話の注意点

旦那が近くにいたら、会話の主導権はご主人に任せましょう。

とりあえずニコニコしておけば問題ありません。

出来れば相槌はいれましょう。

少し大げさなぐらいがいいかもしれません。

もし旦那が別の人と話す必要があり、あなたと上司だけになった場合は、世間話で間が持たなくなったら、上司の住んでいると事や家族や趣味について話を持っていくのが無難です。

そういった意味では、上司の家族構成と趣味を事前に旦那に聞いておく方が会話はスムーズですが、知らないなら聞いても問題はないと思います。

ただあまりプライベートな事には口を挟まないように。

根ほり葉ほり質問する必要はありません。

間が持たないのがつらくてよく、思いつく質問をたくさんしたくなりますが、質問よりも会話を膨らませる事の主眼に置きましょう。

相手が話好きなら勝手に話をしてくれるので、適切な相槌を打てば会話が成立します。

こういう場では話上手よりも聞き上手の方が、好感度が上がります。

旦那の上司の家に招かれた場合の挨拶

奥さんにとって一番気が重いのがこのパターンです。

正直男性は、とりあえず食べて飲んだりしていればいいですが、女性はどこまでお手伝いをするかが悩みどころです。

何もしないというのは問題外ですが、やりすぎるのもこれはこれで問題があります。

あくまでもメインはその家の奥さんですから、あまり口を出し過ぎるとかえって悪い印象を残します。

この塩梅に悩む人が多いでしょうが、ここは手っ取り早くその家の奥さんに「何かお手伝いする事ありますか?」と聞きましょう。

とはいえ相手も気を使って「お客さんなので座っていてね」と言われると思いますが、その場合は、一度素直に従って、少し時間を置いてからまた訊ねてみましょう。

空いたビールの缶や瓶、ごみなどを片付けて持っていくのは、一番簡単で結構役に立つお手伝いなので、少しテーブルが散らかったと思ったら片すのもありです。

ですが、盛り上がっている会場で突然片付けを始めると他の人が気を使うこともあるので、タイミングを考えましょう。

社宅に住んでいる場合の挨拶

会社の社宅は、住居費が安く上がる反面、近所付き合いが必須事項になるので、奥さんとしては中々悩ましい所です。

苦手な人には難関の挨拶ですが、とりあえずすれ違う人には全て挨拶するぐらいの心構えで行きましょう。

相手はあなたの顔だけ覚えればいいので、簡単ですが、あなたは、これから多くの人の顔と名前を覚えなくてはいけません。

覚えるまで挨拶しないわけにも行かないので、とりあえず挨拶、挨拶で頑張りましょう。

時には、誰かの家に集まって食事やお茶なんてすることもありえます。

早くなじみたいのであれば、そういった会合には極力顔を出しましょう。

そして何よりの大切なのは、悪口を言わない事です。

他の人が言っていても言わないのはもちろん、下手な同意は勝手に「○○さんもそういっていたよ」なんて言われてしまうので要注意。

出来ればトイレに行くと言って席を離れてしまった方がいいかもしれません。

後は同意をしない相槌である「なるほど」「大変だね」「そーなんだ」辺りを駆使して生き残りましょう。

旦那の上司に挨拶するという事

結婚すると人間関係が広がります。

中々顔を会わすこともありませんが、何かの折に旦那の会社関係者と顔を会わせることもあるでしょう。

あなたにとっては、滅多に合わない相手なので、旦那にとっては、1日の大半を一緒に過ごす相手です。

そういった相手に自分の妻が、悪く思われるのはとてもつらいことです。

だから挨拶というのはとても大切です。

第一印象が悪くても、長い付き合い内に印象が変わることもありますが、あなたと旦那の会社の上司では、第一印象を覆すだけの付き合いは起こりえないでしょう。

そのため、第一印象を決める挨拶というのはとても大切です。

もし緊張してしどろもどろになってしまったら、それは正直に伝えましょう。

無愛想な人よりも、緊張してしまったという方が、印象がはるかにいいです。

失敗は誰にでもあるので、失敗したと感じたらすぐに挽回することが大切です。

また会社の上司だからといって、変に媚びる必要はないのです。

逆に印象が悪くなりかねません。

いつも通りを心掛けましょう。

 - コミュニケーションに関する雑学