気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

お風呂の排水溝のにおいが気になる方、必見!原因と対策は?

2016.1.17

お風呂場でなんだか嫌なにおいが・・・

においの元をたどってみるとどうやら排水溝からのにおい!

どぶ臭いというか・・・においはすぐにでも消したいですし、放っておくと詰まりの原因になりそうな気さえします。

においの原因と対策法を詳しくお知らせします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

友人の結婚式でイライラした時にすべき3つの事

友人の結婚式というのは、中々複雑です。 また友人は悪気がないかもしれないが、失礼な対応にイライ...

住所と電話番号を使って調べる方法とは?個人宅まで他人に丸裸に!

個人宅を調べる方法はいろいろありますが、自分で住所や電話番号を使って調べることはできるので...

35歳で貯金が500万は少ない?30代からでもお金が貯まる方法

35歳で貯金が500万というのは多いの?少ないの? 意外に仲の良い友達どうしてでも、お互い貯金...

マンションの足音が気になるけど、分譲の場合どうする?

マンションの足音が気になって、眠れない、落ち着かないという事は時々あります。 これが賃貸であれ...

冷蔵庫の温度調整で故障を予防!エコにもつながる!

毎日使う冷蔵庫が故障!! そんな経験、ありませんか?アイスクリームは溶けちゃうし修理屋さんはな...

海外から見た日本文化の不思議 外国人はここに驚く

日本に住み、その文化に馴染んでいれば気がつかないことでも、海外からやってきた外国人にとっては驚きの連...

ファンヒーターと灯油が安い!と思える簡単な節約方法

寒くなると暖房が必要になります。でも、気になるのは一冬の燃料費です。 寒いのに、燃料費が気にな...

《みんなどうしてる?》アパートでタバコを吸うのはベランダ派

近年急速に進むタバコ離れ。タバコ自体の値上げや公共施設の全面禁煙化など、喫煙者は年々肩身が狭くなって...

政府が増税したがる理由 これが財務省の考えだ!

増税を好きな国民はいません。 しかし、政府は増税が大好きです。 民主党の野田政権も公約違...

階段の上り下りが怖いと思った時の原因とその対処法

階段の上り下りが怖いと感じる人は少なくありません。 それは膝に問題を抱えている人もそうですが、...

結婚式の花束贈呈にかかる費用の相場

結婚式では両親への花束贈呈が欠かせません。 でも、気になるのがそれにかかる費用。 参列者...

マンションのピアノ練習による騒音問題の対策とポイント

たとえ分譲マンションでも、ピアノの練習を「騒音」と認識して騒音問題に発生します。 問題が拗れる...

エアコンで結露する仕組みが理解できればその原因もわかる

夏にエアコンを入れると結露することがあります。 それはなぜでしょうか? 結露のもとは水蒸...

冬に活躍するファンヒーターで使う灯油の節約術を紹介します

寒くなるこれからの季節に活躍するファンヒーター。 気温が下がればそれにかかる灯油代は上がってし...

アパートの騒音を気にしない人をどうにかしたい時に

アパートで騒音がして、気になって仕方ないことってありますよね。 隣人や上の階に暮らしているのは...

スポンサーリンク

お風呂のにおいの原因は排水溝とカビ!

お風呂場に入るとなんだかいやなにおい・・・そんな経験、ありませんか?

お風呂は1日の疲れをとるための癒しの場所。仕事から疲れて帰ってきて、温かいバスタブに浸かる幸せは、なんともいえないものがありますよね。また、起きぬけの熱めのシャワーは目をシャキッとさせてくれて、1日の元気を湧き出させてくれます。

そんなせっかくのリラックスタイムを台無しにする・・・いやなにおい!
原因を知って、すぐにでもなんとかしたいものです。

お風呂のいやなにおい。主な原因は、

  1. 排水溝からのにおい
  2. カビ臭さ

だといわれています。

排水溝からのにおいの原因は、雑菌の繁殖。排水管に流れ残った髪の毛や皮脂に垢、石鹸カスなどに雑菌が繁殖するのです。お風呂の排水管のじめじめした高温多湿な環境が雑菌にとっては絶好の環境です。

カビも同じ環境で生えやすく、さらに石鹸カスなどはカビの最適なエサです。

つまり、お風呂場は必然的に、においが発生しやすい環境だということなんです。
基本的なことですが、こまめな換気と適切な掃除が、においの原因除去には必須となります。

お風呂のにおいの原因①と対策:排水溝

お風呂の排水溝からのにおい。原因の多くは「排水トラップ」にあるようです。

一戸建ての場合でお風呂の排水溝からにおいがする場合には、まず排水トラップを疑ってみる必要がありそうです。

排水管は一般にS字やP字に曲がっています。
そこにわざと常に水が溜まるようにして、悪臭や害虫などがお風呂に入ってこないようにする仕組み、これが排水トラップです。

この排水トラップに何らかの異常が生じて水が溜まらないようになり、排水管内のいやなにおいがそのままのぼってくることがあるというわけです。放置しておくとにおいだけでなく害虫の侵入経路にもなり得ますので、早めの対策を施したいですね。

排水トラップの異常には、排水トラップの施工ミス、排水トラップにゴミ詰まりや穴が開いてい水が溜まらない、排水トラップの圧力異常などが考えられます。ゴミの詰まりに関しては掃除を試してみるのがよいですが、それ以外は専門業者に連絡し、みてもらう必要がありそうです。

お風呂のにおいの原因②と対策:かび

お風呂のカビ臭いにおい。原因の多くは「浴槽エプロン」にあるようです。
マンションのお風呂によくあるユニットタイプのお風呂。よくみるとバスタブの側面にパネルがついていて、外せるようになっています。これが浴槽エプロンです。

この浴槽エプロンを外してみましょう。カビや流れ残った髪の毛や垢、石鹸カスにヌメリなどが溜まっていることがほとんどで、これがにおいの原因になります。

浴槽エプロンの中の掃除は、ご自身ですることができますので、思い切ってやってみましょう。

浴槽エプロンのパネルを外したら、カビ取り剤を塗布して30分程置いておきましょう。ウエス(不要な布)などで汚れを拭い取ったらシャワーでざっと洗います。お風呂掃除用スポンジでぬめりなどの汚れをとり、シャワーで長めに流しましょう。これは排水管に汚れを詰まらせないための対策でもあります。掃除が済んだらしっかりと内部を乾燥させてからパネルをもドに戻してください。

カビ取り剤を使用しますので十分に換気をしてくださいね。また、カビの胞子が飛んでしまうこともありますので、マスクなどを着用することも忘れないでくださいね。

お風呂の排水溝を徹底的に掃除しよう

ここまで読むと、「いっそ、お風呂の排水溝のにおいを根っこから断ちたい!」と思う方もきっと多いのではないでしょうか。

排水溝の奥は見えない場所で手も届きませんが、ここを掃除する方法が、ちゃんとあります!!
想像よりずっと簡単にできますので、ぜひお試しください。

まずは排水溝が乾いている状態のほうが効果がでやすいので、できれば使用から一晩経った浴室での掃除が好ましいです。また、必ず窓を開けるなど換気をしましょう。

  1. まず、排水溝の入り口のゴミを取ります。髪の毛や垢、石鹸カスなどのゴミを、排水管に落とさないように気を付けて取り除きます。曲がるストローを使えば、少し奥まった場所の髪の毛も引っかけてきて取り除くことができますよ。
  2. 排水口近くの汚れを古歯ブラシや小さく切ったスポンジなどで取り除いたら、ウエスなどの不要な布を使って、排水溝の水分を取り除きます。ウエスは何度か交換して、可能なだけ水分を取り除いてくださいね。
  3. 水分を取り除いたら、排水溝に重曹をふりかけます。
  4. クエン酸水(水200mL当たりクエン酸小さじ1)を排水溝に入れます。シュワ〜っと泡立ってきますので、30分程度おいて汚れを浮かせます。
  5. お湯をかけます。熱湯は排水管をかえって傷める可能性がありますので、熱めのシャワーを1分以上、が目安です。

これで排水溝の掃除が完了。
においだけでなく、きっとお風呂の排水の流れに違いを感じられるはずですよ。

塩素系のパイプ詰まり解消剤も市販されています。これも有効な方法ですが、こちらはお湯ではなく水で流すようにしてください。有毒ガスが発生する可能性があります。

定期的な排水溝の掃除でお風呂のにおいを予防しよう!

以上、お風呂の排水溝のにおいの原因と対策方法をご紹介しました。

お風呂の排水溝の排水トラップや浴槽エプロンなど、構造上、においの原因が生じやすいことがわかりましたね。

加えて、お湯を使う密室であるお風呂は、においの元が育ちやすい格好の場所です。

そうなるとやはり、大切なのは定期的な掃除とこまめな換気です。

できれば毎日排水口のゴミは取り除きたいですし、週に1度は排水溝の掃除をするのが理想的です。
仕事に家事に育児に忙しい日々にできる、重曹とクエン酸の簡単掃除を、ぜひお試しください。

毎日必ず使うお風呂には、毎日必ず髪の毛や垢などの汚れが大量に流れます。排水口のフタ部分に、髪の毛や大きなゴミをキャッチするネットやガードを設置することで排水管へ流れるゴミの量を軽減させることもポイントです。
100円均一などにも今は便利なグッズがたくさん販売されていますので、ぜひお試しくださいね。

きれいな排水溝で、においのない癒しのバスタイムを手にいれましょう。

 - 暮らしに関する雑学