気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

お風呂の排水溝のにおいが気になる方、必見!原因と対策は?

2016.1.17

お風呂場でなんだか嫌なにおいが・・・

においの元をたどってみるとどうやら排水溝からのにおい!

どぶ臭いというか・・・においはすぐにでも消したいですし、放っておくと詰まりの原因になりそうな気さえします。

においの原因と対策法を詳しくお知らせします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

これでトイレ掃除も完璧!重曹やクエン酸を使った掃除法

最近ではテレビでも度々紹介され、掃除の際の必需品とまでいえるぐらい活躍する重要やクエン酸ですが、これ...

友人の結婚式に欠席する場合、お祝いはどうすれば?

友人の結婚式の欠席する時、悩むのはお祝いです。 あげるべきか、あげないべきか。 あげると...

男が一人暮らしで食事をする際、考える事

男が一人暮らしとなると、やはり心配なのは食事事情でしょう。 外食は確かに便利ですが、お金がかか...

エアコンで結露する仕組みが理解できればその原因もわかる

夏にエアコンを入れると結露することがあります。 それはなぜでしょうか? 結露のもとは水蒸...

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家の暮らし

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常にお金が必要です。 主に家計を支えて...

自転車をインテリアとして保管!玄関をお洒落に?

生活の中の1部になっている自転車。 通勤・通学・お買い物などに大活躍すると思えば、サイクリング...

一人暮らしの女性が経験する怖い体験とその対応について

一人暮らしをしている女性は、一度や二度怖い経験をした事があると思います。 しかし、ある程度の予...

簡単にできるトイレの掃除方法をご紹介

以前に「トイレの神様」という歌が流行りましたが、トイレ掃除は何だか憂鬱という人は多いのではないでしょ...

新築で平屋を建てる前に先輩たちの失敗談を聞きましょう

新築で家を建てるとき、移動や掃除が楽という理由で安易に平屋を選択すると、後になって後悔する場合があり...

アパートの退去費用はいくら?5年以上住んでいる場合で解説

アパートに長く住み続けてから引っ越しをする時に、退去費用として敷金から引かれる費用があります。 ...

今からできる節約術!貧乏でもゆとりある生活をする方法

今現在貧乏で困っている人もいると思いますが、今は特にお金に困っていない人でも、様々な理由により貧乏生...

階段の上り下りが怖いと思った時の原因とその対処法

階段の上り下りが怖いと感じる人は少なくありません。 それは膝に問題を抱えている人もそうですが、...

部屋の掃除をどこからすれば良いか悩んでいる人へ

あなたのお部屋はいわゆる「汚部屋」ではありませんか? でもある日そんな「汚部屋」から脱出を図り...

海外から見た日本文化の不思議 外国人はここに驚く

日本に住み、その文化に馴染んでいれば気がつかないことでも、海外からやってきた外国人にとっては驚きの連...

洗面所の掃除、洗剤は何を使っていますか?オススメを紹介

年末が近づいてきましたね! 年末にする行事の一つとして‥「大掃除」があります。 アナタは...

スポンサーリンク

お風呂のにおいの原因は排水溝とカビ!

お風呂場に入るとなんだかいやなにおい・・・そんな経験、ありませんか?

お風呂は1日の疲れをとるための癒しの場所。仕事から疲れて帰ってきて、温かいバスタブに浸かる幸せは、なんともいえないものがありますよね。また、起きぬけの熱めのシャワーは目をシャキッとさせてくれて、1日の元気を湧き出させてくれます。

そんなせっかくのリラックスタイムを台無しにする・・・いやなにおい!
原因を知って、すぐにでもなんとかしたいものです。

お風呂のいやなにおい。主な原因は、

  1. 排水溝からのにおい
  2. カビ臭さ

だといわれています。

排水溝からのにおいの原因は、雑菌の繁殖。排水管に流れ残った髪の毛や皮脂に垢、石鹸カスなどに雑菌が繁殖するのです。お風呂の排水管のじめじめした高温多湿な環境が雑菌にとっては絶好の環境です。

カビも同じ環境で生えやすく、さらに石鹸カスなどはカビの最適なエサです。

つまり、お風呂場は必然的に、においが発生しやすい環境だということなんです。
基本的なことですが、こまめな換気と適切な掃除が、においの原因除去には必須となります。

お風呂のにおいの原因①と対策:排水溝

お風呂の排水溝からのにおい。原因の多くは「排水トラップ」にあるようです。

一戸建ての場合でお風呂の排水溝からにおいがする場合には、まず排水トラップを疑ってみる必要がありそうです。

排水管は一般にS字やP字に曲がっています。
そこにわざと常に水が溜まるようにして、悪臭や害虫などがお風呂に入ってこないようにする仕組み、これが排水トラップです。

この排水トラップに何らかの異常が生じて水が溜まらないようになり、排水管内のいやなにおいがそのままのぼってくることがあるというわけです。放置しておくとにおいだけでなく害虫の侵入経路にもなり得ますので、早めの対策を施したいですね。

排水トラップの異常には、排水トラップの施工ミス、排水トラップにゴミ詰まりや穴が開いてい水が溜まらない、排水トラップの圧力異常などが考えられます。ゴミの詰まりに関しては掃除を試してみるのがよいですが、それ以外は専門業者に連絡し、みてもらう必要がありそうです。

お風呂のにおいの原因②と対策:かび

お風呂のカビ臭いにおい。原因の多くは「浴槽エプロン」にあるようです。
マンションのお風呂によくあるユニットタイプのお風呂。よくみるとバスタブの側面にパネルがついていて、外せるようになっています。これが浴槽エプロンです。

この浴槽エプロンを外してみましょう。カビや流れ残った髪の毛や垢、石鹸カスにヌメリなどが溜まっていることがほとんどで、これがにおいの原因になります。

浴槽エプロンの中の掃除は、ご自身ですることができますので、思い切ってやってみましょう。

浴槽エプロンのパネルを外したら、カビ取り剤を塗布して30分程置いておきましょう。ウエス(不要な布)などで汚れを拭い取ったらシャワーでざっと洗います。お風呂掃除用スポンジでぬめりなどの汚れをとり、シャワーで長めに流しましょう。これは排水管に汚れを詰まらせないための対策でもあります。掃除が済んだらしっかりと内部を乾燥させてからパネルをもドに戻してください。

カビ取り剤を使用しますので十分に換気をしてくださいね。また、カビの胞子が飛んでしまうこともありますので、マスクなどを着用することも忘れないでくださいね。

お風呂の排水溝を徹底的に掃除しよう

ここまで読むと、「いっそ、お風呂の排水溝のにおいを根っこから断ちたい!」と思う方もきっと多いのではないでしょうか。

排水溝の奥は見えない場所で手も届きませんが、ここを掃除する方法が、ちゃんとあります!!
想像よりずっと簡単にできますので、ぜひお試しください。

まずは排水溝が乾いている状態のほうが効果がでやすいので、できれば使用から一晩経った浴室での掃除が好ましいです。また、必ず窓を開けるなど換気をしましょう。

  1. まず、排水溝の入り口のゴミを取ります。髪の毛や垢、石鹸カスなどのゴミを、排水管に落とさないように気を付けて取り除きます。曲がるストローを使えば、少し奥まった場所の髪の毛も引っかけてきて取り除くことができますよ。
  2. 排水口近くの汚れを古歯ブラシや小さく切ったスポンジなどで取り除いたら、ウエスなどの不要な布を使って、排水溝の水分を取り除きます。ウエスは何度か交換して、可能なだけ水分を取り除いてくださいね。
  3. 水分を取り除いたら、排水溝に重曹をふりかけます。
  4. クエン酸水(水200mL当たりクエン酸小さじ1)を排水溝に入れます。シュワ〜っと泡立ってきますので、30分程度おいて汚れを浮かせます。
  5. お湯をかけます。熱湯は排水管をかえって傷める可能性がありますので、熱めのシャワーを1分以上、が目安です。

これで排水溝の掃除が完了。
においだけでなく、きっとお風呂の排水の流れに違いを感じられるはずですよ。

塩素系のパイプ詰まり解消剤も市販されています。これも有効な方法ですが、こちらはお湯ではなく水で流すようにしてください。有毒ガスが発生する可能性があります。

定期的な排水溝の掃除でお風呂のにおいを予防しよう!

以上、お風呂の排水溝のにおいの原因と対策方法をご紹介しました。

お風呂の排水溝の排水トラップや浴槽エプロンなど、構造上、においの原因が生じやすいことがわかりましたね。

加えて、お湯を使う密室であるお風呂は、においの元が育ちやすい格好の場所です。

そうなるとやはり、大切なのは定期的な掃除とこまめな換気です。

できれば毎日排水口のゴミは取り除きたいですし、週に1度は排水溝の掃除をするのが理想的です。
仕事に家事に育児に忙しい日々にできる、重曹とクエン酸の簡単掃除を、ぜひお試しください。

毎日必ず使うお風呂には、毎日必ず髪の毛や垢などの汚れが大量に流れます。排水口のフタ部分に、髪の毛や大きなゴミをキャッチするネットやガードを設置することで排水管へ流れるゴミの量を軽減させることもポイントです。
100円均一などにも今は便利なグッズがたくさん販売されていますので、ぜひお試しくださいね。

きれいな排水溝で、においのない癒しのバスタイムを手にいれましょう。

 - 暮らしに関する雑学