気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

風邪をひく原因は寒さなの?意外な予防法教えます!

2016.1.16

寒い格好してたら風邪ひくでしょ!なんて子供の頃にはよくおばあちゃんに言われました。

寒空の下で恋人を待ち続けていたら風邪をひいてしまった、なんてドラマのシーンにもありますね。

風邪の原因が寒さだなんて迷信だよ!という人もいるようですが実際はどうでしょう。

風邪と寒さの因果関係、詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

風邪で食欲が増す?食欲は減らずに、益々増してしまう理由

風邪を引いたりすると一般的に食欲が落ちるなんて言われていますが、「私は違う」という人は実をいうと少数...

障害者と健常者の違いとは?区別と差別の境界線

障害者と健常者の間には同じ所もあれば、違いもあります。 その違いは認識した上で対応をしないと、...

左の背中が痛いのは筋肉痛?考えられる痛みの原因

左の背中が痛くなると、筋肉痛かな?と考える人も多いかもしれませんが、考えられる原因はいろいろあるって...

視力は片目だけと低くても、両目だと視力がアップする理由

視力測定をする時に、片目ずつ測りますよね。 しかし実際の所、片目だけでモノを見た時と、両目でモ...

採血後に腕が痛い!痺れる!という症状は神経が損傷の可能性

採血の時に看護師から「痛い事や痺れる事はありませんか?」と聞かれることありますよね。 毎回毎回...

高温期の体温が日中も高いのはPMSのせい?それとも…?

多くの女性が頭を悩ませるPMS(月経前症候群)。 言葉こそ有名になってきましたが、その症状はな...

「風邪の原因は体の冷え」は本当? 体温の低下は○○の元

寒い時期になると、インフルエンザをはじめとして、様々な風邪の症状に悩まされる人が増えていきます。 ...

親はいつまでも元気ではない!病気になった不安とそのケア

子供は無意識に親がいつまでも元気である事を望んでいます。 でも、親も人間ですから、いつか病気に...

No Image

食後に寝るのは胃痛の原因?食後の適切な過ごし方

食後に寝るのはいい事?悪い事?諸説ありますよね。 よく言われる「食べてすぐ寝れば牛になる」とい...

うつ病で入院する期間はどのくらいになるのか

うつ病と診断されて、症状が悪化すれば入院する必要があるかもしれません。 でもどのくらいの期間入...

奥歯を抜歯してそのままにしてはダメ!正しい治療法まとめ

みなさんは奥歯を抜歯したまま治療をやめてしまうと恐ろしいことになるって知ってましたか? 実は奥...

マッサージ師必見! マッサージで手が痛いのを回避する方法

マッサージ師にとって手は大切な仕事道具。 しかし、だからこそ日々使わなければいけません。 ...

No Image

あなたはアスペルガー症候群?アスペを診断できる問題

アスペルガー症候群は、知的障害や言葉の遅延のため、なかなか気づかないまま大人になている人もいます。 ...

風呂には毎日入らない方が肌に良いと言われる理由

風呂に毎日入るのが当たり前であり、風呂に毎日入らないのは汚いし良くないと思っている人も多いかもしれま...

熱で病院に行く時何科に行くべき?病院受診のススメ

熱が出たけど、風邪なのか理由がよく判らない。 だからどの病院の何科に行けばいいか判らないという...

スポンサーリンク

寒さが原因で風邪ウィルスに変化が!!?

冬になると、寒さで人は、自然と窓や扉の開閉を減らすようになりますね。
空気の悪い部屋に長時間たくさんの人間がいることで風邪ウィルスの飛沫感染がしやすくなるということは、30年ほど前からよく言われていました。

風邪予防として、冬の人混みではマスクをしたり定期的に窓を開けて換気をしたりするとよいと古くからいわれてきましたね。

換気の少ない部屋で風邪がうつりやすいというのは本当のことです。マスク着用や部屋の換気も風邪予防に効果的です。

しかし、それ以外にも、寒さが原因で風邪ウィルスにかかりやすくなることがあるのです。

それは、ウィルスそのものの力にあります。

秋以降、気温がだんだん低くなってくると共に湿度が下がり空気が乾燥してきますね。
すると、低温低湿を好む風邪ウィルスは非常に活発になります。

ウィルスが活動的になれば、必然的に風邪を羅漢する確率が高くなってくる、寒さが風邪の原因となる一因となるわけです。

ただし、ただ寒いということで風邪をひくわけではありません。あくまでもウィルスの活動できる空間でなければ風邪をひくことはないのです。南極では風邪はひかないそうですよ。

寒さが原因で風邪をひきやすい体に!?

体温が高い人と低い人では、どちらが風邪をひきやすいでしょうか。

答えは、体温が低い人です。
前項にも通じますが、体温の低さがウィルスの好む環境だということとがいえます。
また、体温が低いと免疫力が低いといわれています。免疫力が下がれば風邪をひきやすい体になってしまいますよね。

なんと、体温が1度上がれば、免疫力は30%も上がるそうですよ。
薄着をすれば体温を上げる力がつくと昔の人は考えていたようですが、冷え性の人は薄着は禁物。できるだけ肌の露出を避けて体温の低下を防ぎ、風邪予防につなげたいですね。

体温を上げるには、身体を温める食べ物や飲み物を摂り、ストレッチやヨガなど適度な運動を心掛けることが大切です。ツボやマッサージ、半身浴などを加えてリラックスする時間をとって自律神経のバランスを整えることも良いようです。

体温を上げるのは1日にして成らず、継続が大切です。寒い季節を迎える前から、体温を上げる準備をしておきたいものですね。

風邪の原因が鼻の下の寒さにあり!?

最近、アメリカで発表された研究結果によると、大人の風邪の原因となりやすいライノウィルスは33℃程度で急激に増殖ペースを上げるそうです。

この「33℃」というのは、鼻腔内の一般的な温度とされています。
また「33℃」という温度の中では、ひとの初期的な免疫力はほとんど発揮されません。

このウィルス側のパワーアップとヒト側のパワーダウンの構造から風邪に感染しやすくなるのです

つまりは、鼻の温度が低下すると、風邪をひきやすくなる!とさえいえそうです。鼻の下とは、意外ですね。

マスクはきちんと鼻まで覆いなさい。ということは昔から言われてきましたがね。
これにもきちんとした理由づけがされたわけです。迷信だ迷信だと思っていたことにも科学的根拠がありました。

マスクがない場合には、マフラーをふわっとまとって鼻のあたりまで軽く覆うようにするのも効果的かもしれませんね。
オシャレも楽しみながら風邪予防をしていきたいですね。

冷えを防いで暖かい服装をするだけでなく、プラスアルファ、鼻を温めることも風邪予防のために加えていきましょう。

風邪の原因、寒さを食べ物で吹き飛ばそう!

風邪の原因が寒さにあることはここまででわかりました。
では具体的に体温を上げて免疫力を上げるためにオススメの食べ物を3つご紹介したいと思います。

①ビタミンB・・・風邪にはビタミンCというのが一般的ですが、ビタミンCは現在さまざまな食品に含まれていることが多く、一の摂取目安量をクリアしている方が多いようです。ビタミンBも風邪予防には大切です。有名なのは豚肉ですが、海藻類もオススメですよ。

②マヌカハニー・・・よくTVなどでも紹介されるようになりましたが、抗菌力のあるハチミツとして知られています。続けて毎日スプーン1杯摂ることにより、免疫力をぐっとあげてくれるといわれています。

③ヨーグルト・・・ヨーグルトを継続的に食べることで腸内環境が整えられ、免疫力がUPするといわれています。気軽にとれるものですし、毎朝の習慣にするのもよいですね。特に免疫力UPに特化した機能性ヨーグルトも販売されていますので、積極的に利用したいものです。

原因を知って、風邪予防にこれまで以上の効果を!

以上、風邪の原因として寒さが挙げられることを、ウィルスの面、ひとの免疫力の面から解説しました。
合わせて予防対策もいくつかご紹介してきましたが、この他にも非常に有効な対策があります。

それは、手洗いうがいです。子供の頃から耳が痛くなるほど「外から帰ったら、手洗いうがい!!」と言われてきましたよね。

手洗いもうがいも、風邪感染の可能性を40%を軽減させてくれるといわれています。

手洗いでは接触感染を、うがいでは飛沫感染を主に防ぐことができます。特に手洗いでは石鹸を使うことによりノロウィルスなどのウィルスにも効果を発揮します。ぜひ、正しい手洗いとうがいの方法を身につけて、しっかりと風邪予防する基礎を作りたいものです。

ウィルスは目には見えません。
見えない敵ではありますが、戦えない敵ではありません。

しっかりと風邪の原因を知り、そしてきちんとした対策を講じて、寒さに負けない、風邪に負けない身体づくりを目指しましょう。

 - 健康に関する雑学