気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

遠距離恋愛の連絡は週1というのは少ないと心配している人へ

2016.1.9

遠距離恋愛の場合、お互いの連絡は気持ちを確かめて繋ぐための唯一の手段です。

そして週1というのは多いか少ないか、その頻度について気になるところではあるでしょう。

ここでは遠距離恋愛についての悩みなどについて解説します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

学生のカップルが撮るプリクラは、なぜチューが多いのか?

現在30代後半から40代にかけての人にとって「プリクラ」というのは友達とのコミュニケーションツールで...

彼女の手料理をもっとおいしいと感じるためには?上達すればみんな幸せ

彼女の手料理がおいしいととても嬉しいですよね。 しかし、実はイマイチと思っていても、お世辞で「...

結婚した共働きのカップルの場合 家事の分担は決めるべき?

結婚した共働きのカップルの悩みは家事の分担です。 片方に負担がかかるとそれが不満となり、喧嘩の...

高校生の恋愛事情!同じクラスの好きな人へのアプローチ法!

高校の同じクラスに好きな人がいる。だけどどうアプローチすればいいのか分からず、なかなか想いが告げられ...

彼から連絡ない状態が2週間続いた時の対処法

付き合っているカップルでもいつ別れが訪れるかわかりませんが、突然彼からの連絡ない状態が続くこともある...

料理が下手な嫁に悩んでいるあなたへの解決法!

何を作っても料理が下手なのにその事を嫁に言えずに悩んでいます、何かよい解決法はあるのでしょうか。と悩...

遠距離恋愛で、彼から連絡がこない時に考える事

遠距離恋愛で二人をつなぐのは連絡あるのみですが、その連絡がこないとなると不安ですよね。 連絡が...

再婚して子供を養子縁組すべき?苗字を変えない再婚

再婚して、子供を養子縁組にするか否か悩んでいる人がいると思います。 苗字の問題は子供がある程度...

職場の女性に恋をした 告白すべきか、それとも諦めるべきか

職場の人に恋愛感情を持つことは、全く不思議なことではありません。 しかし、同時に職場恋愛は数多...

職場の男性が「俺の事が好き?」と勘違いしてしまう行動

好きだと思ってもいない職場の同僚男性に勘違いされて困った経験がある人もいると思います。 そんな...

警察官の彼氏、中々会えずに連絡も…、警察官は忙しいの?

警察官の彼氏。メールの返信もあまりなく、予定が合わなくて中々会えない。 でも忙しいかもしれない...

《ちょっと、先走ってない?》彼氏が子供を欲しがる理由

「俺、子供好きなんだよね」「子供は二人、女の子と男の子がいい!」 彼氏が将来を真剣に考えてくれ...

《もしかして俺って最低?》彼女と結婚したくないわけ

好きだった女性とめでたく相思相愛になり、いざ結婚!と考えると、あれ?なんか結婚したくないな・・・。 ...

メール不精女に悩んでいる男子必見!好きな人へのメール内容

あなたの彼女さんはメール不精ではありませんか?一般的に女はメール好きと思われていますが、そうでない人...

彼氏と旅行に行く時、親に言うメリット、デメリット

大学生や社会人になると、お金も時間も自由になるので、そろそろ彼氏と旅行に!なんて計画を立てたりします...

スポンサーリンク

遠距離恋愛の連絡で週1は少ない?

遠距離恋愛であってもなくても、恋愛関係にあるカップルは日に1〜2回はメールをやりとりしているそうです。

しかし、連絡を取り合う頻度の比較は、かなり無意味です。

実際メールが得意な人と不得意な人がいます。

メールが得意な人には、日に何度メールを打つことは全く問題ありません。

むしろメールしていないと落ち着かないなんて場合も。

逆にメールが不得意な人は、メール1通作るにも莫大な労力と時間を使っているのです。

人によってそれだけ差があります。

そのため、連絡が少ない=あなたに関心がないということではないのです。

メールが苦手でも、それでも連絡をくれようとする彼の態度が重要です。

大事なことは見逃さないようにしましょう。

またたとえ連絡が週1でも、二人の気持ちが繋がっていられる内容であればそれで十分なのです。

メールの回数は恋愛の質を高めるとは限りませんので、単純な回数の比較は意味がありません。

人より彼氏からもらっているメールが少なくても、あなたが愛されていない訳でないのです。

遠距離恋愛の連絡で週1にやりたいこと

メールは確かに便利です。

自分の好きな時間にメールを打って、相手も都合のいい時間に見ればいいので、忙しい二人にはぴったりです。

遠距離恋愛で、お互いに社会人、もしくは片方が社会人の場合、中々時間を合わせる事が難しいこともあるので、そういった場合の連絡ツールとしてメールやLINEは有効です。

でも週に一回は出来れば顔が見える手段で話すことをおススメします。

最近はi-phoneのFace TimeやSkypeなど、顔が見えて会話することが可能です。

両方ともインターネット回線を通じてのやり取りになりますので、個別に通話料もかかりません。
(通信料はかかりますが)

メールで二人の予定を確認して、週に一回は顔を会せるようにしましょう。

難しい場合はせめて電話などで話せるといいです。

やはりメールだけでは伝わらないことはあります。

それは内容ではなく、直接話すことによって初めて伝わるのです。

連絡の頻度は少なくても、お互いが満足できるやりとりが出来れば、遠距離恋愛は恐れる事はありません。

遠距離恋愛の連絡で週1が少ないと感じる人は?

あなたは寂しがり屋で、彼がいない事をとても不安に思っていませんか?

彼が大好きすぎて毎日彼の事しか考えられない、毎日彼にメールを送っているのに、彼からのメールや電話が少ないことで不満ということはありませんか?

もしそうであるなら、少し自分の時間を作りましょう。

これも人によって感じ方が違いますが、毎日のメールがうれしいと感じる人もいれば、負担と感じる人もいます。

あまり彼にプレッシャーをかけすぎても逆効果になります。

ここは寂しい気持ちを我慢して、彼以外に何か集中できることを見つけましょう。

何か習い事を始めてもいいですし、友人との時間を増やしてもいいと思います。

必要なのはあなたの心の余裕です。

寂しくて不安なのは判りますが、それを彼にぶつけても何もいいことはありません。

もし彼が社会人であれば、仕事が忙しくて心の余裕がない時もあるのです。

そんな時に、どんな大切な恋人からでも不満ばかりのメールが来たらうんざりしますよね。

相手の愚痴を聞いてあげるぐらいの余裕がある方が、魅力的な女性になれます。

どうしてももっと連絡が欲しい場合

不満は抱え込んでいるといつか爆発します。

こんなに自分か我慢しているのに、相手が理解してくれないと思うと猶更です。

しかし冷静に考えてみましょう。

相手はあなたが不満に思っていることも我慢している事も気づいてないかもしれません。

もしどうしてももっと連絡が欲しい、会いたいというのであれば、率直に彼に相談してみましょう。

もちろん相手が余裕のない時に、そんなわがままに付き合えるか!と喧嘩になることも考えられます。

もしかしたらそれが別れに発展してしまうかもしれません。

それでも伝える事に意味がある場合もあるのです。

あなたは彼に何を求めるかを考えてみましょう。

結婚までは考えていない、今一緒にいる事が大切というのであれば、遠距離恋愛はかなりつらいものでしょう。

遠距離恋愛を解消する方法を考えた方がいいです。

しかし、もし結婚を考えているのであれば、ここは我慢しどきかもしれません。

何故なら長い人生のうち、ほんの少しの間別れて暮らしているだけだからです。

遠距離恋愛を成功させるには?

お互いの努力と我慢が大切です。

やはり離れているというのは、それだけでお互い寂しくなり不安になるのは当然です。

相手の状況も判らないから、連絡が来ないだけで心配になります。

でもお互いの不安や不満をぶつけあっては長続きしません。

どんなに好きでも、忙しい時は優先順位が下がるのは致し方ないこと。

それは関心がなくなった訳ではありません。

その逆に、連絡をとるのを面倒がってもやはり長続きはしないのです。

忙しい事を理由に相手に関心を向けなければ、相手の関心をいつまでも自分に向けておく事はできません。

まずはお互いの連絡を取るペースをつかむことです。

連絡を習慣化すると負担が少なくなります。

人によってペースが違うので、自分が2〜3日に1回で相手が週一だとしても、不満に思わない事が大切です。

そして、どうしても寂しくて耐えられない時は、正直に言いましょう。

二人で解決する問題です。

それを一人で解決しようとすると問題が複雑化します。

 - 恋人・夫婦に関する雑学