気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

育児のストレスで病気になったときの症状と対処方法について

2016.1.7

育児は楽しい事もありますが、その反面とても大変です。

何せ相手は言葉が通じないのですから。

ストレスが高じて病気になるお母さんもいるほどです。

ここでは育児ストレスの原因と症状、その対処方法について詳しく解説します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

母乳とミルクではカロリーは同じでも与え方が違ってきます

母乳とミルクはカロリーが同じでもそれに含まれている栄養素が違ってきます。 このため、母乳とミル...

子供がお金を盗む時の心理と対応について

自分の子供がお金を盗むと気が付いたとき、親はとてもショックですよね。 しかし対処を間違えると、...

赤ちゃんのハイハイはいつから?目安は生後6か月

赤ちゃんと言えば、毎日毎日目に見える形で成長していきます。 赤ちゃんにとっても、ママにとっても...

自閉症の子供を持つ親のストレスを軽減させる方法

自閉症の子供を持つ親は子育てで、通常よりも過剰なストレスを抱える事になります。 ついつい子供を...

子供を施設からスムーズに引き取り可能にするためのポイント

何らかの事情で子供を施設に預けたけれど、その問題が解決した、状況が改善したという事で引き取りたいと思...

子供のお風呂、毎日入る必要って本当にあるの?

お風呂は毎日入るもの、という風潮があるからか、毎日子供をお風呂に入れなければいけない!と考えている親...

保育園と幼稚園 学力の違いについて

保育園に行くべきか、幼稚園に行くべきか、一定年齢に子供の親はどちらに行かせるべきか悩みます。 ...

子供の将来が不安な時にこそ試してみよう

親になると初めてわかるという子供の将来を不安に思う気持ち。 現代社会は親が不安に思う要素が一杯...

離乳食で納豆を食べない子に納豆を食べさせる厳選レシピ

離乳食のレシピ本を見ると結構納豆を使ったレシピが多いです。 しかし大人でも好き嫌いが別れる食べ...

新生児と添い寝はベッド?布団?添い寝の時期や注意点

新生児と添い寝をするとなると、時期はいつからいいのか? 寝具はベッドがいいのか布団がいいのか?...

高温期の体温、妊娠の可能性はどれくらいでわかるの?

妊活という言葉、よく耳にしますね。 2015年流行語の第2位にも選ばれた妊活ですが、実際にどう...

妊娠中の仕事でしんどい思いをしなくても良いように

女性の社会進出が進むいま、妊娠中でも仕事をする女性が増えてきました。 でも頑張っている彼女たち...

子供が癇癪!!4歳の子供の知っておきたい解決法は?

4歳くらいになる小さな子供の突発的な癇癪(かんしゃく)に困らせられているママ、多いのではないでしょう...

子供がお金を取るようになる理由について考える

気がつくと、財布からお金が無くっている事ってありませんか? 始めは勘違いだと思っても、そのうち...

子供のために仕事を辞めたいと考えるママへ。決断のポイント

働くママの中には、ずっと子供の傍にいられない事が寂しい。 子供に申し訳ないと考えて、子供のため...

スポンサーリンク

育児のストレスで病気になるという事

決して珍しい事ではありません。

何せ相手は、まだ自分で何もできない赤ちゃんです。

お腹が空けば泣き、おしっこをしては泣き、うんちをしては泣き、眠れなくては泣き、起こされては泣き、寂しくては泣きます。

そして新生児は特にまだ生活のリズムが出来上がっていないので、朝だろうが、夜だろうが、夜中だろうが泣いて泣きまくります。

女性には母性本能が備わっていて、子供が生まれれば自然と、子供へ愛を注げるようになるという定説は、ある意味正しいのですが、ある意味間違っています。

どんなにわが子がかわいくても、愛情だけではどうにもならないのです。

また、出産直後の女性はまだホルモンのバランスが崩れていて、多かれ少なかれ情緒不安定です。

体も本調子ではないにも関わらず、赤ちゃんはマイペースで要求だけしてきます。

こんな状態では誰でもストレスが溜まってしまいます。

それは当たり前の事なのです。

もし自分がそうなっても、それはあなたが特別子供に愛情が薄いわけでもありません。

育児のストレスによる病気の症状とは?

いわゆる育児ノイローゼです。

症状はまず無表情になり、喜怒哀楽が薄くなります。

目がうつろだったり、元気がなくなったり、いろんなことにたいして無関心になります。

だんだん注意力も散漫になり、不眠症になる人もいます。

マイナス思考で、常に悲観的な事ばかり考えてしまいがちです。

食事も極端で、たくさん食べてしまう人もいれば、ほとんど食べれらくなったりする人もいます。

これから上げることにある程度当てはまるようなら、育児ノイローゼの可能性が高いです。

もしあなた自身であれば、誰かの助けが必要です。

もしあなたの妻や、自分の娘に当てはまる場合は、サポートを必要としています。

いつも育児において孤独感があります。

ついつい家族に当たり散らしてしまう事も。

体重が激減してしまい、夜はよく眠れず、いつもイライラしています。

子供を虐待してしまう、またはしてしまいそうなることもあります。

家事にやる気が出せず、人と会う事すら苦痛に感じます。

育児ノイローゼの原因

前述しましたが、出産直後のホルモンバランスの乱れから、マタニティー・ブルーになることがあります。

これも育児のノイローゼの原因の一つです。

他にも、誰かサポートしてくれる人が近くにいず、夫の帰りが遅かったりすると、必然的に子供と二人っきりになります。

これを毎日続けていると、相談相手もいなくて不安なままストレスを溜め続けることになり、これが発散させる機会がないとやはり原因となります。

またお母さん自身の性格も影響を与えます。

特に真面目な人はなんでも自分でしっかりやらないといけないのに、出来ていないという自己認識が自分をどんどん追いつめる傾向があるようです。

夫の理解も重要です。

妻の育児の大変さを理解して、いたわってあげるタイプならいいのですが、「俺は仕事を頑張っているのだから、お前は育児を頑張れ」「他の人が出来ているならお前も出来る」と妻の愚痴を聞いてあげないタイプだと妻はノイローゼになりやすくなります。

育児ノイローゼの対処方法

まずは休養です。

里帰りできる人は実家に戻った方がいいでしょう。

育児に専念して、家事は親に甘えます。

産後の体が元に戻るまでは、最低でも1か月かかります。

出来れば3か月ぐらいゆっくり休養できると、体の健康が心を助けてくれます。

そして何よりも抱え込まない事。

特に初めての子供というのは、何もかもが初めてで不安が一杯です。

ミルク一つやるにもこれでいいのか、試行錯誤を繰り返しています。

なので、判らない事不安な事があれば相談しましょう。

身近な人では親ですが、家族で出産経験のある姉妹がいれば心強いです。

身近にいなくても、今は市町村に育児の相談窓口が設置してあったり、スーパーやドラッグストアでも定期的に相談窓口を作るところもあります。

また、同じ病院で出産した人とママ友になっておくと、子供の成長や悩みもおなじようなタイミングなので相談や愚痴の相手には最適です。

育児日記をつけるというのもおススメです。

愚痴を言う相手がいなくても、文章にすることではけ口になるとともに、冷静にもなれるので、自分を客観的に見る事が出来るようになります。

育児ストレスの解消方法

育児ノイローゼほどではないにしろ、お母さんの多くは育児ストレスを抱えています。

このストレスをこまめに解消することが、ノイローゼにならない早道です。

一番のストレス解消は、子供から離れる事です。

一緒にいてストレスは解消されることがありません。

半日くらい夫に任せて、どこかに出かけましょう。

何か趣味があればそれに久しぶりに没頭してみましょう。

他にも美容院に行くというのも気分がさっぱりします。

特に何も思いつかない人は、映画館に行きましょう。

日常から離れて気分転換できる手っ取り早い方法です。

よく子供を置いていくことに罪悪感を覚えるお母さんもいますが、半日ぐらい夫に見てもらってもいいのです。

夫と子供の絆を深めるとともに夫には、育児の大変さを理解してもらえます。

そして何よりも、ストレスを抱えてイライラしているお母さんよりも、ニコニコして元気なお母さんの方が子供の嬉しいのです。

罪悪感のある人は、子供のためだと思って自分のストレスの解消に努めましょう。

 - 育児・子育て・出産に関する雑学