キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

親に「子育ては失敗」と言われた子供の気持ち 親との距離の置き方

2017.11.15

親から「子育ては失敗」と言われたら、傷つかない子供はいません。親に悪気はあっても無くても、この一言は親としては言ってはいけない言葉なのです。

子供としては、聞きたくない一言を聞いたとしても人生は続きます。ならばいかにしてその言葉と向き合うか、そして今後親とどう距離を取るかについてご説明いたします。

参考にしていただければ幸いです。

親に「子育て失敗」と言われた子供の気持ち

子育てが失敗したという事は、その結果である子供を全否定したのと当然です。もしそれを常日頃言われているのであれば、中々自分に自尊心を育てるのは難しいかもしれません。

何故なら親というのは本来、無条件で自分を愛してくれる存在から、存在を否定されると、自分は「意味のない存在である」「失敗作である」と感じてしまうからです。

その結果、自分の人生に満足できないと、その失敗作を作った親に対して怒りが向く事もあります。

例えば引きこもりになった、就職で失敗した等々、人生を自分でコントロールできない理由を、「失敗作」である自分を作った親に責任を求める人もいます。

親にも子供にも言い分はあると思いますが、これは負の循環です。お互いにお互いの責任を押し付けたあげく、その被害をこうむるのはお互いの人生です。

それこそ何よりの悲劇だと思いませんか?そしてこの負のサイクルから出たいと思いませんか?

子育てに失敗したと言う親の心理は、言われた子供への責任転嫁

そもそも子育てに正解はないのです。親として、全て「私の子育ては正しい」と考えている人がいるとしたら、それはそれで問題です。

どんな親でも「自分が正しいのだろうか?」と悩みながら子育てをするものです。

さて、「失敗作」と子供にレッテルを張る親の種類は大きく二つあります。

一つ目は、問題である「私の子育ては正しい」と考えている人です。この人の場合は、自分の子育ては正しいけど、子供が自分の理想通りに育たなかったので、そこで「子育てに失敗した責任」を子供へ責任転嫁をしているだけです。

二つ目は、子育てに自信がなさすぎて、上手くできたという実感が持てない人です。これもまた、失敗した責任を謝罪という形を取って子供へ伝えてきますが、今目の前にいる子供の現実を受け入れていないという意味では一つ目の親と考え方は似ているのかもしれません。

子育てで失敗と言われたとしても、その価値観に巻き込まれない

親に「子育て失敗した」と言われても、今の人生に自分で満足しているのであれば、気にしない事が一番です。気にしないと言っても難しいかもしれませんが、つまり、あくまでも「失敗した」と感じているのや親であり、あなたでない事が重要です。

それは親の価値観であり、あなたの価値観ではありません。あなたが満足しているのであれば、それは親の人生の反省点なのかもしれませんが、あなたが巻き込まれる必要はありません。

今の人生に満足していない人であれば、「失敗作」を作った親を怨む人もいるでしょう。でも恨んでも憎んでも、時間は巻き戻る事が出来ません。どこかでリセットして、自分で人生を立て直すしかありません。親は「失敗した」と嘆いてれば済みますが、要はあなたの人生です。親がどうであれ、人生の主役はあなたであり、あなたが主体的になって、自分の人生を開いていくしかないのです。

子育てに失敗したと言う親との距離の取り方

学生の頃は親との距離を置くのは難しいかもしれません。家は親の支配下ですから、辛いとは思いますが、何とか耐えましょう。

自立できるようになれば、まず物理的に親との距離を取るのが一番です。家から出ましょう。親の支配下から出る事が一番です。そして自分の人生を取り戻しましょう。

物理的距離を置く事で、関係が改善する事はあります。でもそうでないケースもあります。親には育ててもらった恩はあると思いますが、それでも人生を壊させる権利はありません。

お互いに傷つけあう事しか出来ないようであれば、親と出来るだけ接触を減らし、もしどうしても会わなければいけない時には、誰か第三者と一緒に会うようにしましょう。

親に自分の気持ちを伝えて、話合うのも一つの方法です。ただし、親が無自覚なケースもあり、自分のした事に全然理解がなく、かつ理解するつもりもない事もあります。それは念頭に入れておくといいでしょう。

失敗先といった親に出来る最大の復讐とは?

それはあなたが幸せになる事です。決して社会的な成功をするという事でなく、あなたがあなたの人生に満足していれば、それが最大の復讐となります。

何故なら、子供を失敗作という親にとって、あなたは不幸になってしまうだろうと言う考えがあります。親の価値観では子育ては失敗したのですから、悪気がなくてもそう考えてしまうのです。

しかしその価値観を真向からひっくり返すのが、あなたが幸せになる事です。あなたが幸せになれば、そもそもあなたは失敗していません。そう感じた親が間違っている事になります。

逆にあなたが自分の人生を投げ捨ててしまえば、それは親が失敗作であるという価値観を自分でも認めた事になります。

だからこそ幸せになりましょう。

親は親、あなたはあなた。

あなたは、あなたの人生を胸を張って生きればいいのです。いつかそれが親に伝われば、親が自分が間違った事に気づく日が来るかもしれません。

 - 育児・子育て・出産に関する雑学