気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

左脇腹の痛みや肋骨下の痛みの原因は便秘や神経痛の可能性アリ!

2017.11.2

左脇腹の痛みや肋骨下の痛みって、骨が痛いのか、内臓に問題があるのか、筋肉が痛いのか中々自分でも判断しにくいですよね。

特にくしゃみをしたりすると響いたりすると、呼吸するのも怖くなってしまいますよね。

病院に行くのが一番と判っていても、何となく怖い、でも放置するも怖いですよね。時間が解決するケースもありますが、きちんと治療が必要な事もあります。是非受診のきっかけになればと思います。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

親はいつまでも元気ではない!病気になった不安とそのケア

子供は無意識に親がいつまでも元気である事を望んでいます。 でも、親も人間ですから、いつか病気に...

風邪の時の体温が平熱よりも低いのは?低体温の原因と問題

頭が痛い、寒気がする、だるいなどの風邪の症状が出ると、まず体温を測りますよね。 その結果が平熱...

子供の咳が1ヶ月も続く。病院受診のタイミングと目安

子供の咳が1ヶ月も続く、治る様子がないとなると、たかが咳とはいえ、されど咳。 親としても心配し...

喘息を持つ子供の為の布団選びとアレルギー物質対策

子供が喘息を持っていると、日常生活のいろんなことが気になってしまいますよね。 毎日使う布団も使...

保育園を休ませる基準は?風邪の鼻水や咳、発熱具合など

保育園の子供を通わせていると、風邪を引くこともあります。 熱は何度くらいないなら休ませるべきか...

摂っては駄目? 血液検査前の食事や水分摂取の注意点とは

体内に何か異変が起きていないかを診断するために、重要視されている血液検査。 正確な検査結果を得...

まぶたの「できもの」脂肪のような塊の正体と対処方法

まぶたなどの目の周辺にできた「できもの」というのは仮に痛くなくても、やはり気になるもの。 なぜ...

風呂に入らないほどの「うつ病」についての考察

「風呂に入らない」というのは、清潔好きの日本人にとってかなり珍しい精神状態です。 日本人はほぼ...

まぶたの「できもの」が赤い場合、その原因と対処方法

まぶたは意識しなくても、まばたきをして目の乾燥を防いでくれる大切な部位です。 しかしそのまぶた...

最近、夜中にトイレに起きる40代の私、これって病気?

夜中に1回以上トイレに行く事を夜間頻尿といいます。 何度も目を覚ましてトイレに行くというのは結...

背中の筋肉痛 右側のみが痛む場合は内臓疾患を疑って!

背中に筋肉痛が起きることは、決して珍しいことではありません。 しかし、その痛みが長引いたり、右...

風呂には毎日入らない方が肌に良いと言われる理由

風呂に毎日入るのが当たり前であり、風呂に毎日入らないのは汚いし良くないと思っている人も多いかもしれま...

背中がこったと感じるときの肩甲骨回りセルフケア&マッサージ法

デスクワークの多い方、外回りをするサラリーマンの方、主婦の方・・みなさん日々の生活の中で肩こりを感じ...

赤ちゃんの後頭部にできもの!原因と受診の目安

赤ちゃんの後頭部にできものやしこりを見つけると、場所が場所だけにママは心配になりますよね。 す...

禁煙成功の目安とは?目標達成までの期間と考え方について

禁煙を目指す人にとってどんな状態となれば禁煙成功になったのかが分からなければ、いつまでもス...

スポンサーリンク

左脇腹の痛みや肋骨下痛みの原因は「あばら骨」?

腕や足の骨が折れたら、恐ろしい痛みを感じますよね。折れた部分は腫れたりしますから、骨が折れた事に気が付かないという事はまずありません。

でもあぼら骨が折れたり、ヒビが入っていても、見た目もさほど変わらないので気が付かない人も多いのです。

でもそんな簡単に骨って折れる?と疑問に思うかもしれません。

例えば心臓マッサージをすると体重をかけますよね。救急隊員の人によると、結構な確率であばら骨は折れるそうです。しかし、そんな怪我よりも、命を救う事が大切ですから、気にしないようにしているそうです。

転んだ、殴られた、どこかにぶつけた事でも十分骨が折れたり、ヒビが入る事もありますし、骨のもろい人はくしゃみした衝撃であばら骨が折れたなんて話もあるくらいです。

左脇腹や肋骨下に衝撃を受けた記憶のある人は一度整形外科に受診してみてください。

左脇腹の痛みや肋骨下痛みの原因は「神経痛」?

肋間神経痛は名前の通り肋骨に沿って走っている神経です。ここが何らかの理由で痛みのもとになっている事があります。

肋間神経痛の原因として、肋骨が折れたり、ヘルニアなど経験のある人がなりやすい傾向があります。

また意外なことですが、運動不足が原因という事もあります。デスクワークの人などは一日中同じ姿勢でパソコン前にいますよね。つまり背中や脇の筋肉が固まってしまうのです。そしてそれがいきなり体を捻ったり、くしゃみなどで衝撃を与えると、筋肉から軽い肉離れを起こしてしまうのです。

そして、肋間神経痛の理由として多いのが、「ストレス」なのです。

病院に行っても検査しても悪い所はないとなると、その可能性が高くなります。現代人でストレスに晒されていない人はいません。そのストレスを無くすことは難しいかもしれませんが、自分でもストレスを解消する方法について考えてみましょう。

左脇腹の痛みや肋骨下痛みの原因は「内臓疾患」?

内臓が痛むのと違う!と思っている人はいると思います。でも内臓が腫れたりすると、周りの神経を圧迫してそれが左脇腹の痛みや肋骨下痛みに繋がる事もあります。
さて、左脇腹の痛みや肋骨下痛みを及ぼす内臓となるとまずは「心臓」があります。狭心症や、心筋梗塞などは胸部に痛みを伴う事が多いです。

「胃」はストレスを感じると症状として現れやすい部位です。例えば胃炎や胃潰瘍などがあります。他にも長時間デスクワークをしていると、どうしても姿勢が悪くなり、胃が圧迫される事で、痛みを感じる事もあります。

ちょっと意外かもしれませんが「腸」もまた、問題があった場合左脇腹の痛みや肋骨下痛みとして現れる事もあります。ちなみに便秘や消化不良を起こすと、腸の左側に消化物が溜まりやすく、その結果痛みを感じるという事はあります。

これらは治療が必要なものになりますので、内科を受診しましょう。

痛み自体がストレスになる事もある

ストレスが原因で左脇腹の痛みや肋骨下痛みを感じたとします。しかし、この痛みもまたストレス要因になりますから、結果治ることのない悪循環になります。

また、痛みの原因を知る事が怖いから病院への受診を恐れる人もいます。しかし、痛みが治まらなけれればどんどん不安が増していきます。それもまたストレスになるでしょう。

体が痛みを伝えているという事は、何か問題が発生しているのです。放置しておいていい事はありません。逆に痛みの理由に名前がついて、どうすれば痛みがなくなるかという事が判れば、ストレスも大分軽減される事になります。

だからこそ、ストレス解消のためにも病院に受診をした方がいいでしょう。

どんな病気も早い段階で発見できれば、治療にかかる期間もお金も少なくて済みます。もちろん痛みもです。特に内蔵疾患が理由であれば、放置は命に係わる事もありますから、是非病院へ受診した方がいいでしょう。

左脇腹の痛みや肋骨下痛みの原因は色々あるけど素人判断は危険

左脇腹の痛みや肋骨下痛みの理由はいくつかあります。

1.あばら骨に骨折もしくはヒビが入った

他の部位と違い、思ったよりも軽い衝撃でもひびや骨折しやすいのです。また痛みも他の部位と違って強くないため、意外に気が付かない人も多いです。そのままでも自然治癒してしまう事もあるくらいですが、早い治療にはやはり整形外科へ受診すべきです。

2.肋間神経痛

肋間神経痛になる原因も色々ありますが、その一つにストレスがあります。内科の他にも神経内科を受診するのも一つの方法です。

3.内臓疾患

心臓、胃、腸などに問題が発生しても、左脇腹の痛みや肋骨下痛みを感じる事はあります。放置すると悪化する危険があるので、内科へ受診しましょう。

痛み自体がストレスになる事もありますから、出来るだけ早い受診をオススメします。

 - 健康に関する雑学