気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

朝のコーヒーを飲む習慣が太る原因を作ってしまう原因と対策

2017.10.29

毎朝コーヒーを欠かさず飲む人にとっては、コーヒーのカフェインによって癒されることができますが、飲み方によっては太る原因となることもあるので注意が必要です。

朝のコーヒーは健康にも良いと言われることもありますが、太ると言われる要因とはなにが原因なのでしょうか。

そこで朝のコーヒーを飲むことで太る可能性のある原因について紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

お茶の飲み過ぎによって頭痛が起きる原因と対策を解説

お茶を飲むとリラックスすることができるので、美味しいお茶を飲むと何杯も飲みたくなってしまい...

うつ病で入院を判断する4つの条件

家族がうつ病になった時、場合によっては入院を判断しなくてはいけません。 しかしどういう症状だっ...

人差し指の爪がボコボコの場合の病気について

気が付くと、人差し指の爪がボコボコになっていることありませんか? 爪は健康のバロメーターといわ...

喘息を持つ子供の為の布団選びとアレルギー物質対策

子供が喘息を持っていると、日常生活のいろんなことが気になってしまいますよね。 毎日使う布団も使...

病院の初診料の期間と料金 これが医療費節約の裏ワザだ!

病院で支払う初診料には期間と料金が定められています。 しかも初診料は再診料に比べて大きな差があ...

これもアレグラの副作用!?服用で月経異常が現れたら

主に花粉症の症状の軽減のため用いられる”アレグラ”ですが、副作用として頭痛や眠気といったものから、稀...

妊婦の受動喫煙は大問題!どうすればおなかの子供を守れるか

妊婦になると、禁酒禁煙が常識です。 しかし、いくら自分がたばこを吸わなくても、受動喫煙は妊婦へ...

BCGの接種跡、反応がない時や早くに起きたらどうすべきか

結核菌への感染および発症を防ぐためのBCGワクチンですが、他のワクチンと異なり、接種した跡の観察がと...

親はいつまでも元気ではない!病気になった不安とそのケア

子供は無意識に親がいつまでも元気である事を望んでいます。 でも、親も人間ですから、いつか病気に...

うつ病の家族がいて「しんどい」と思った時に試す3つの方法

うつ病は本人がとてもつらい病気です。 しかし、それを受け入れている家族だって「しんどい」思いを...

インフルエンザに解熱剤は禁忌?タミフルで熱は下がるの?

冬場になると、冬将軍と共に日本列島を襲うインフルエンザ。 この症状として辛いのが、何と言っても...

No Image

食後に寝るのは胃痛の原因?食後の適切な過ごし方

食後に寝るのはいい事?悪い事?諸説ありますよね。 よく言われる「食べてすぐ寝れば牛になる」とい...

保育園を休ませる基準は?風邪の鼻水や咳、発熱具合など

保育園の子供を通わせていると、風邪を引くこともあります。 熱は何度くらいないなら休ませるべきか...

独り言を言う人は病気のせい?電車でも止まらない!独り言のワケ

あなたは普段、独り言を言いますか? 誰も見ていないところならしょっちゅう言う、全く言...

ストレスによって白髪が一晩で一気に増えると言われる本当の原因

昔からストレスによって一晩で黒髪が白髪になったという話を聞いたことがありますが、果たして一晩で白髪が...

スポンサーリンク

朝コーヒーを飲むと太るのは砂糖やミルクを入れてしまうから

コーヒーの飲み方に関しては、ひとそれぞれ独自の飲み方があります。

ブラックで飲む人もいれば、たくさんの砂糖やミルクを入れて飲む人まで、実に様々な飲み方があります。

毎朝コーヒーを飲む習慣のある人にとって太ると要因となるのは、砂糖をたくさん入れて飲むことで太る原因となってしまいます。

1杯のコーヒーを飲む時には、ブラックであれば約4kcalとなります。

毎日コーヒーを飲む習慣のある人にとっては、まったく気にするカロリーではありません。

しかしコーヒーに砂糖を1杯入れただけで、20kcalにまで跳ね上がってしまいます。

甘党好きであればコーヒーに2杯入れて飲む人もいるので、さらにカロリーは高くなってしまうでしょう。

さらにコーヒー好きであれば1杯だけでなく、何倍もお代わりをするので、トータルするとカロリーが多くなってしまうことも考えられます。

朝のコーヒーを飲むと太るのはカフェイン摂取に関係がある

毎朝のコーヒーによって太る原因になるかもしれないといわれても、それほど気にすることもないという人もいるでしょう。

砂糖を入れていなければ問題ないと思っている人にとっても、コーヒーは太る要因となることもあります。

それはカフェインの過剰摂取が原因となって、太る原因を作ってしまうのです。

コーヒーはカフェインがたくさん含まれていますが、その他にも体に良い成分もたくさん含まれています。

カフェインの中にはコルチゾールを増加させる成分が含まれていて、体にエネルギーを蓄えようとするのです。

そのためエネルギーを蓄えるためには糖分が必要となるので、コーヒーを飲むと糖分が欲しくなってしまいます。

その結果糖分をたくさん摂取するようになって太ってしまうということにもなりかねません。

カフェインに影響によって自然と甘いものを食べたくなるので、太るサイクルに陥ってしまうのです。

朝のコーヒーだけが原因で太るとはいえない

朝のコーヒーを飲むことによって太るのは、単にコーヒーを飲むからだけではありません。

コーヒーに含まれるカフェインには眠気を覚ます効果があったり、集中力アップのメリットがあります。

一方で胃に負担が掛かることもあれば、血圧の上昇や貧血の症状になる可能性もあります。

朝起きて空きっ腹の状態でコーヒーを飲むと、体にはあまりおすすめできないといえます。

コーヒーを飲むことによって糖分が欲しくなることもあるので、いつのまにか甘いものを食べてしまうこともあります。

またコーヒー好きな人にとっては朝から何倍も飲む人もいるので、よりカフェインの効果も強くなることも考えられます。

カフェインを飲むことで体内にナトリウムが残りやすくなり、むくみやすくなることもあります。

結果と敵にはコーヒーを飲み過ぎるといろいろな弊害や起きる可能性もあるので、朝コーヒーを飲む時には少なめに抑えておくことをおすすめします。

極度なカフェイン摂取によって太る体質になってしまう

コーヒーに含まれるカフェインは体に良い効果を発揮するとともに、悪い効果を与えることもあります。

朝からコーヒーを飲んだ時に、空きっ腹の状態で飲めば胃に負担が大きくなってしまうので、食欲不振になることもあります。

朝食を食べないでコーヒーしか飲まないで仕事に出掛ける人は、いつの間にか胃に負担が大きくなっているので、少しでも食べ物を食べた方がいいでしょう。

コーヒー好きな人にとっては何倍も飲んでしまいますが、直接的には太る原因となることはありません。

砂糖を入れてもたかが知れていますが、何倍も飲むことで糖分をかなり多く摂取することになるでしょう。

カフェインを過剰摂取することで糖分が欲しくなったり、むくみやすいという症状が出ることもあります。

結果的にコーヒーを朝から飲み続けることによって、太りやすい体質になることもあるので注意が必要です。

コーヒーはダイエット効果もあるので飲み方に注意する

毎朝のコーヒーを楽しみにしている人にとっては、コーヒーを飲まなければ1日が始まらないという人もいるでしょう。

コーヒーを飲み過ぎることによるカフェインの過剰摂取により、太る原因を作ってしまうこともありますが、逆にダイエット効果もあるのがコーヒーの魅力です。

コーヒーの効果はコレステロールと下げたり、動脈硬化を予防する効果も期待できますし、脂肪を分解してダイエット効果を期待することもできます。

コーヒーにはクロロゲン酸が含まれていますが、この成分が脂肪を燃焼しやすくするのでダイエットに効果を発揮してくれるのです。

しかしコーヒーを飲む時に過剰に摂取してしまったり、砂糖やミルクをたくさん入れて飲んでしまうと、せっかくの効果も半減してしまいます。

普通にコーヒーを楽しんで飲むのであればいいのですが、あまり朝から何杯も飲むような生活をすると、太りやすくなることもあるので注意しましょう。

何でも適度にすることが大切なので、毎朝飲むのであれば1杯にして食事もしっかり食べることが大切です。

 - 健康に関する雑学