キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

手取り15万の一人暮らしではどのくらいの家賃が適正か解説

2017.10.26

手取り15万の一人暮らしでは固定費をできるだけ安くしたいのですが、どのくらいの家賃が相場なのか気になります。

家賃を低く抑えることができればそれだけ楽な生活ができますが、ある程度の生活をするにはそれなりの家賃が必要なので難しい所です。

そこで手取り15万の一人暮らしをする時の家賃について紹介したいと思います。

手取り15万の一人暮らしなら家賃は4万5千円が目安

手取り15万の一人暮らしであれば、一般的な家賃の適正でいうと4万5千円が適正価格といわれます。

これは収入の3割程度が家賃の目安と言われていますが、手取りの3割の方が適正価格に近いといえます。

そのた4万5千円前後の値段であれば、適正な家賃相場とすることができるでしょう。

しかし家賃に関しては住んでる地域によって大きくことなるので、自分が必要だと思う広さや快適さを求めることが大切です。

部屋を選ぶ時には駅近を重視したり、間取りを重視するなど、個人によって重要視する視点は変わってきます。

そのためいくら適正価格tでも納得いかない部屋であれば、長く住み続けることは難しいでしょう。

手取りが低いので納得できる部屋に住むことは難しいですが、これだけは自分が重視したいという部分があれば、そこだけを重要視して部屋を決めることをおすすめします。

手取り15万で一人暮らしならもっと家賃を抑えることは可能

手取り15万の一人暮らしであれば、自分が我慢をすればもっと家賃を抑えることは可能です。

家賃を低く抑えることで固定費を低くすることができるため、少しでも生活を良くしたい人にとっては重要なことです。

家賃が5千円違うだけでも毎月必ず出費する金額なので、お金が少ない時にはかなり重要な問題となります。

一人暮らしであれば自分がここだけは重要視したいとい部分さえこだわればいいので、家賃を低く抑えることも可能です。

トイレと風呂が別がいいというこだわりによって、駅までの距離が遠くても大丈夫であれば探し出すことはできるでしょう。

人それぞれこだわりや条件も変わってくるので、自分がここだけは譲れない条件を決めて選ぶことが大切です。

低い家賃だからこそすべてを妥協してしまうと、毎日住むことに対してストレスになってしまうので、こだわりの部分だけは妥協しないようにしましょう。

一人暮らしの家賃は手取り15万であれば安いほどおすすめ

自分が思い描いていたような憧れの一人暮らしをするには、手取り15万では難しいでしょう。

一人暮らしの時の家賃は自分が住めればいいので、できるだけ家賃を節約することをおすすめします。

ある程度裕福な生活を送れるようになったと確信した段階で、家賃の高い部屋に住めばいいので、手取りが少ない時は安い家賃で我慢しましょう。

家賃が安い部屋は自分が思い描いていたような部屋とはかけ離れているかもしれませんが、生活する分には慣れれば十分です。

見栄を張って家賃の高い部屋に住んでも、自分一人で住むだけなので生活が苦しくなるだけです。

適正家賃を目安にして家賃を決めますが、それよりも低い家賃で住んで貯金をした方が、後々もっと良い部屋に住むことはできるでしょう。

手取りが低い時には身の丈に合った生活を心掛けることが大切なので、安い家賃で我慢することも必要です。

憧れの生活を送るには手取りが増えてから引っ越しをする

一人暮らしをする時には自分が憧れた生活を夢見ますが、あくまでも憧れの生活をするには収入が多くなってからです。

手取り15万の状況ではどんなに頑張っても憧れているような生活は難しいので、とにかく家賃を抑えて我慢することが大切です。

家賃は毎月固定費として引かれてしまうので、できるだけ家賃を抑えることで生活も楽になります。

家賃が安くなるほど不便になることもありますが、自分がこだわる部分さえ妥協しなければ、多少の不便も仕方ありません。

駅から5分離れただけでも家賃が下がることがるので、同じ間取りで5分遠いだけで家賃が安ければ、そちらを選んだ方が生活も楽になります。

一人暮らしの時には見栄を張っても仕方ないので、できるだけ貯金をして将来のためにお金を貯めた方が有意義に過ごせるでしょう。

憧れの生活をするなら手取りが増えてから叶えればいいので、手取りが低い時には家賃を抑えて我慢しましょう。

身の丈に合った生活をするには家賃を抑えることは必要

生活スタイルは人それぞれ違いますが、自分が生活する時に大切なことは身の丈に合った生活を心掛けることです。

一人暮らしだと誰も注意をしてくれる人がいないので、つい自分が好きなようにお金を使ってしまうこともあります。

家賃に関しても適正金額ではなく、少し高くて良い物件に住むことで、優雅な生活を送ろうとすることもあります。

自分が良いと思えばいいのですが手取り15万の生活では裕福な生活は難しいので、身の丈に合った生活をすることが大切です。

いずれ手取りが増えることを夢見て、収入が多くなってから高い家賃の部屋に住んで憧れの生活を送りましょう。

手取りが少ない時に一人暮らしで見栄を張っても、後々自分が困ってしまうので、できるだけ家賃を抑えることが大切です。

手取りが少ない時には少しでも貯金することを優先した方がいいので、家賃を適正価格よりも抑えることもおすすめです。

 - 暮らしに関する雑学