気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

運転することが怖い!パニックになる前に確認しておくこととは

2017.10.26

運転が苦手な人にとって久しぶりの運転は怖いと思いますし、焦ってパニックになってしまうこともあるでしょう。

車の運転は時には命に関わる事故を引き起こしてしまうので、怖い気持ちは大切ですが、パニックになってしまっては上手く対処することはできません。

そこで運転をする時にパニックになってしまう前に確認するべき事について紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

車の運転時にブレーキを踏んだら異音【シャー】なにこれ?

車がライフワークの一部になってる方が多いと思います。 通勤等で毎日車を運転してしていると、ブレ...

アメリカで車を運転する場合の注意点

日本は「車社会」といわれるように、車は日常生活のなかに溶けこんでいます。 同じく、アメリカも「...

自転車で信号を渡る時、車両用と歩行者用のどっちを見るべき?

自転車というのは、自動車の免許のない人間にとって、世界への扉です。 これがあると無いとではかな...

飛行機が離陸できる風速は? 飛行機と風の意外な関係

飛行機は風速何メートルまでであれば離陸できるのでしょうか? また、台風のときでも離陸できるので...

車のテレビが映りにくい!できるだけ電波良くする方法とは

車の中にテレビが搭載されていると何かと便利ですが、場所によっては電話が届かなくて結局観れな...

《これってあり?》レンタカーを借りて初心者が練習するメリット

念願だった運転免許を取得し、いざ車に乗ろう!と思っても乗る車がない・・・学生や一人暮らしの人にはよく...

スポンサーリンク

運転してパニックになる前に怖いと思う気持ちを静めることが大事

久しぶりに運転するとぶつけてしまうのではないかと思ってしまうので、運転自体が怖いと思ってしまいます。

慣れて運転することで余裕を持つことはできますが、怖いと思いながら運転した方が緊張感があるので、事故を未然に防ぐこともできます。

しかしあまりにも事故を起こさないかと不安になりながら車に乗っていると、パニックに陥ってしまうこともあるので注意しましょう。

事故を起こしたらどうしようという不安な気持ちが大きくなりすぎると、パニック障害を引き起こすこともあるので、あまり考え過ぎないことが大切です。

しっかりと教えられた通りに安全運転を心掛けていれば、そう簡単には事故を起こすことはありません。

事故を未然に防ぐにはドライバーの気持ちが大切なので、不安な気持ちは大切ですが、少し落ち着いて余裕を持ちながら運転できるように気持ちを落ち着けましょう。

パニック障害の人が運転する時は怖いと思う前に楽しいと思い込む

パニック障害の人は基本的には車を運転しない方が無難といえます。

症状が軽い人や安全に運転していれば、パニックに陥ることはないので、安全運転を心掛けてマイペースで運転することを意識しましょう。

運転することが怖いと思うのは当然ですが、あまり不安に考え過ぎるとマイペースでの運転ができなくなってしまいます。

ある程度自分のペースで運転することができればいいのですが、周りからあおられてしまった時には、一度端に停まって落ち着くことが大切です。

運転すること自体を怖いと思うより楽しいと思う方が、マイペースで運転しやすくなります。

運転する時には常に冷静になって判断しなければならないので、不安が強すぎる時はあえて運転しない方がいいでしょう。

しかし冷静になって運転することが楽しいと思えるようになれば、マイペースで運転することができるので、気持ちを切り替えて運転してみることを意識することをおすすめします。

運転が怖いと思う時はパニックになる前に短い距離で練習をする

車の運転は常に冷静でいることが必要ですが、時には焦ってしまったりすることもあります。

怖いと思った時にはそのまま運転し続けると危ないので、一度路肩に停めるなど休憩して気持ちを落ち着かせましょう。

不安なまま運転し続けるとパニックになりやすくなり、冷静な判断力と対処ができなくなってしまいます。

冷静な時には頭で対処法が分かっていても、パニックになってしまうと頭が真っ白になってしまうので、冷静な対処ができなくなってしまいます。

そんな時に限って事故を引き起こしてしまうので、ちょっとくらい焦っていても大丈夫だと思わずに、少しでも運転するのが怖いと感じている時には一旦運転をやめましょう。

運転する時には久しぶりだと怖いと思うのは当然なので、まずは短い距離から徐々に慣れていくことが大切です。

運転席からの眺めに慣れてくれば比較的余裕を持って運転することもできるので、少しずつ短い距離で練習しながら慣れることもおすすめします。

怖いと思うくらいの運転の方が安全運転をすることができる

車の運転は常に怖いと思うくらいの緊張感をもって運転した方が、事故を引き起こさずに済みます。

運転に慣れている人でもちょっとした気の緩みによって事故になってしまうこともあるので、常に緊張感を持つことは大切です。

運転に慣れることはスキルがアップするだけなので、事故を起こさないとは限りません。

自分から事故を起こす場合もあれば、相手から事故を起こされることもあります。

運転中は双方が事故を起こさないように冷静に対応することが求められるので、程よい緊張感を持つために怖いという気持ちはなくしてはいけません。

しかし怖い気持ちが強いとパニックになってしまうので、できるだけ安全運転をして余裕のある運転を心掛けましょう。

車の運転は目的地に着くことが目的なので、早く着くことが目的ではありません。

安全運転を心掛けることで怖い気持ちが程よい緊張感となるので、運転に集中することができるようになります。

運転中にパニックになったらとにかく路肩に停まって落ち着く

運転をしているといつどんな状況になるか分からないので、もしも運転をしていてパニックになってしまった時には、とにかく落ち着いて路肩に停車しましょう。

運転中は自分が怖いと思ってしまうと、そのまま運転に表れてしまうので、周りの人を巻き込んでしまう恐れもあります。

怖いと思うのが自分のスキル不足だとしても、免許証を取得できたのでそれほど不安に思う必要はありません。

ただ久しぶりの運転であれば誰でも怖いと思ってしまうので、ある程度運転に慣れてから走った方が無難といえるでしょう。

あと少しで事故になってしまうかもしれないという状況になれば、誰でもパニックになってしまうことはあります。

特にスピードの出し過ぎによってぶつかりそうになったり、車の制御ができなくて焦った経験をすることもあるかもしれません。

少しでも不安を感じたら落ち着くまで停車して、気持ちを静めてから運転すれば、自信を持って運転することができるはずです。

 - 乗り物に関する雑学