キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

ディーラーの営業マンを変更する時に気をつけたいポイント

2017.10.13

車を購入する時にディーラーの営業マンによってはいろいろとお世話をしてくれるので、非常に助かる存在です。

しかし自分と相性が合わないと思ったり、嫌だと思うような態度を取られることもあるので、その時にはディーラーの変更をしたいと思います。

そこでディーラーの営業マンを変更する時のポイントについて紹介します。

ディーラーの営業マンを変更する時は所長に直接お願いする

車を購入しようと思っていたのにディーラーの営業マンとの相性が合わないと思ったら、直接所長に相談をしてみましょう。

営業所にとってディーラー個人が売り上げに直接貢献する存在なので、それなりに権限を与えられています。

しかしあくまでも決められた範囲の中での権限ですし、最終的にはディーラーの営業トークや接客態度が重要になってきます。

車は安い買い物ではないので、本当に納得したものを購入したいと思いますが、いい車があっても営業マンを嫌だと思ってしまうと買いたくなくなります。

せっかく気に入った車があってもこの人からは買いたくないと思ってしまうので、車は気分良く購入したいので営業マンの変更は当然のことです。

営業マンはそれぞれ自分の成績があるので変更したくないですが、営業所での成績もあるので変更は受け入れてくれるはずです。

所長や直属の上司に相談をすれば担当を変更してくれるはずなので、気分良く車を購入するためには遠慮なく伝えましょう。

お客様センターへディーラーの営業マンの変更をお願いしても良い

営業所へ行くと担当するディーラーがいるので、直接変更したいと言うのは気が引けてしまう人もいるでしょう。

営業マンは自分の成績を上げるために頑張ってやっていますが、お客によっては相性が悪いこともあります。

担当を変更することは本人にとっては嫌なものですが、自分のスキルアップには必要だと思ってくれるので、勉強だと思ってくれるはずです。

直接変更したいことを担当ディーラーに伝えることは気が引けるので、お客様センターに連絡してもいいでしょう。

営業所によっては所長や上司が不在で会ったり、他のお客を担当していることもあります。

わざわざ話をしにいけば担当ディーラーの悪口を言いに行くようなものなので、あまり大げさにはしたくありません。

お客様センターであれば変更したい旨を伝えることと、後は諸事情によりと伝えるだけで済むので、ことを大袈裟にせずに担当を変更することができます。

ディーラーの営業マンを変更するなら相当な理由をはっきり伝える

自分の担当営業マンとの相性が悪ければ、変更する時には率直に理由を伝えることも必要です。

ディーラーは営業所にとって直接お客と対面する立場なので、失礼のない対応をすることは最低限必要です。

しかし時にはお客との相性が悪かったりすることもあるので、あまり気に入らないこともあるでしょう。

車は安い買い物ではないので、しっかりと納得して買うには気持ち良く購入したいと思います。

そのため少しでも気に障ることがあれば、担当営業マンを変更して気持ち良く車を購入することをおすすめします。

営業マンを変更する時には相当な理由があれば臨機応変に対応してくれるので、はっきりと理由を伝えることが大切です。

せっかく車を購入したいと思っているのに、相手からあまり良く思われないのは嫌なので、変更する時には相手にしっかりと理由を伝えて納得してもらうことも大切です。

営業所を変える場合は上司の人と相談をしてから決める

車の購入をする時にディーラーの営業マンを変更したい時には、営業所内ではなく違う営業所で購入したいと思うかもしれません。

よほどディーラーが気に入らない時には同じ営業所で車を購入したいとは思わないので、違う営業所へ行くのもひとつの方法です。

その際には上司や所長にしっかりと話をしておくことが大切なので、納得してもらってから他の営業所へ行くようにしましょう。

同じメーカーの営業所でも系列が違う場合があるので、売っている車は同じでもまったく違うお店の場合があるからです。

この場合は全く違うお店に行くことになるので、ライバル店にお客をわざわざ引き渡したいとは思わないでしょう。

そのため必死に引き止められたりしますが、あくまでも自分が好きな営業所で車を購入することはできます。

違う営業所に行けば新たに営業マンが担当についてくれるので、心機一転して購入することができます。

何も言わずに営業所を変更すると後で担当者や営業所間でのトラブルにもなりかねないので、しっかりと話をしておく必要があります。

ディーラーによってお店を選ぶ人もいるので車種を変えるのも良い

車は安い買い物ではないため、どの車にしようか悩むことが多いです。

決め手はやはり担当するディーラーとの話し合いによって、車のことをいろいろ聞いてから選ぶことになります。

営業マンにとっていかにお客に車の良い部分を案内して、購入してもらうかが重要な仕事です。

しかし営業マンがどうしても気に入らない時に変更することもできますが、営業所によっては人数が少ないのでなかなか変更できないこともあります。

また変更したことによって対応が後回しにされてしまうこともあるので、対応によっては他のメーカーで車を購入することをおすすめします。

特別メーカーにこだわりがあるのであれば別ですが、乗り心地の良さで選ぶのであれば、どのメーカーでも引けを取らないので納得できるはずです。

車の性能が同じくらいであれば、やはし営業マンの対応が購入の決め手になるので、納得して車を購入したいので他のメーカーへの変更も視野に入れておくと良いでしょう。

 - コミュニケーションに関する雑学