気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

耳が痛い!外側が痛い原因は?何の病気?対処法教えます

2017.10.12

耳の外側に痛みがあるのは、心配で不安になりますよね。

耳と言えば、内側であれば中耳炎や内耳炎などの病気が思い浮かぶと思います。

しかし、外側になると耳が痛いのかそれとも他の場所が痛いのかわからないのでますま不安になってしまいます。

あまり知られていませんが、耳の外側には軟骨があります。

痛みが出るということは、何かしら原因があるのではと思います。

今ある痛みの症状や痛みや状態などを確認し、対処法教えます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

足や太ももが熱い! 睡眠前の足の熱や不快感の原因と解消法!

夜、眠ろうと横になったのはいいけれど、足や太ももが燃えるように熱い、ムズムズとした不快感を感じていま...

まぶたの「できもの」が赤い場合、その原因と対処方法

まぶたは意識しなくても、まばたきをして目の乾燥を防いでくれる大切な部位です。 しかしそのまぶた...

視力は片目だけと低くても、両目だと視力がアップする理由

視力測定をする時に、片目ずつ測りますよね。 しかし実際の所、片目だけでモノを見た時と、両目でモ...

お茶の飲み過ぎによって頭痛が起きる原因と対策を解説

お茶を飲むとリラックスすることができるので、美味しいお茶を飲むと何杯も飲みたくなってしまい...

排卵日に貧血?めまいや吐き気を感じる原因と対処法

排卵日が近くなると貧血のような症状が出たり吐き気がするなど体調不良になる女性も多いと思います。 ...

うつ病かも?でも病院に行きたくない人への受診のススメ

最近気分が落ち込む、よく眠れない、何をするにも億劫。 典型的なうつ病の症状ですが、それでも病院...

風呂に入らないほどの「うつ病」についての考察

「風呂に入らない」というのは、清潔好きの日本人にとってかなり珍しい精神状態です。 日本人はほぼ...

左の背中が痛いのは筋肉痛?考えられる痛みの原因

左の背中が痛くなると、筋肉痛かな?と考える人も多いかもしれませんが、考えられる原因はいろいろあるって...

BCG接種後に発熱等の体調不良 これは副反応?それとも…

結核患者が今なお発生している日本において、BCGワクチンの接種は、赤ちゃんを結核から守るために必要な...

まぶたの「できもの」脂肪のような塊の正体と対処方法

まぶたなどの目の周辺にできた「できもの」というのは仮に痛くなくても、やはり気になるもの。 なぜ...

風邪を治そうと思って病院に行くのは意味ない!?

風邪をひいたら多くの人は病院に行って治してもらおうと考えるでしょう。 しかし残念ながらそれは意...

喘息を持つ子供の為の布団選びとアレルギー物質対策

子供が喘息を持っていると、日常生活のいろんなことが気になってしまいますよね。 毎日使う布団も使...

結婚式で緊張して吐き気が来たらどうしようと心配な人へ

結婚式は晴れの舞台。 だれだって緊張します。 しかし、それが吐き気を伴うものだとすると、...

風邪で病院に行く意味ないのは本当?風邪薬は存在しない

風邪がひどくなると「病院に行った方がいい」と皆から勧められませんか? しかし、せっかく行った病...

赤ちゃんの後頭部にできもの!原因と受診の目安

赤ちゃんの後頭部にできものやしこりを見つけると、場所が場所だけにママは心配になりますよね。 す...

スポンサーリンク

耳の外側がどんな感じで痛いですか?

耳の外側が痛いといっても色々な痛みがあると思います。

ズキズキなのか、キリキリなのか、それとももっとズキーンと大きな痛みなのでしょうか。

日常生活に支障をきたす痛みでなくても、痛みがあると不安にもなりますし気持ち的にも沈んでしまうのではないでしょうか。

耳の外側にある耳介や耳殼と呼ばれる軟骨が痛いのだと思います。

最初はたまに痛みがあるくらいだったものが、頻繁に痛みが出るようになったりしているのでしょうか。

痛みの範囲は耳の外側だけなのか、頭から耳にかけて痛いのか、それとも肩の方までが痛いのでしょうか。

また、触ったりすると痛みがあるのか触らなくても痛みがあるのか、触ると痛みが増すのかなども把握しておきましょう。

痛みにも色々な種類がありますし、痛みの範囲や痛みが発生する状況なども把握しておいたほうがよいでしょう。

そうすることで、病気をスムーズに判断することができると思います。

耳の外側は痛いだけでそれ以外の症状はないのでしょうか?

耳の外側の痛み以外に症状はあるのでしょうか。

耳の外側が痛いだけでなく、触ったときや見た目で何か変化があるか確認しておきましょう。

見た目で赤くなっているとか、明らかに片方の耳と違う点があるなどです。

触ってみたときに、腫れているとか熱をもっているとわかると思います。

痛みだけでなく、他の症状があるときなどはいつくらいから他の症状が出ていたかなども把握しておくとよいと思います。

はっきりした時期でなくてもよいので、いつくらい気付いたかなどでもよいと思います。

痛みとともに他の症状が出ている部位はどこでしょうか。

耳たぶなのか、耳の上の方なのか、軟骨部分なのかなども確認しましょう。

痛みと他の症状が出ている場所は、同じところなのか、それとも痛みと連動していないのかなども、小さい事かもしれませんが確認しておきましょう。

耳の外側が痛い病気ってどんな病気があるのでしょう

耳の内側の病気であると、中耳炎や内耳炎、鼓膜などの病気が思い当たります。

しかし、外側が痛いというとなかなかどんな病気があるのか思い当たらないのではないでしょうか。

耳の外側にある軟骨部分の耳介や耳殼が痛む病気には色々とあります。

炎症があり、それがきっかけで痛みと腫れがおきるもの、ウイルス感染により痛みと腫れなどがおきるもの、または外部から何かしら衝撃を受けたために、痛みや血腫などがみられるものなどです。

また、痛みだけでもストレスなどによる神経痛もあると言われています。

やはり、痛みが出るということは何かしら原因があり発生していると思われます。

また、それに他の症状である腫れなどが見られるということは何も異常がないということではないと思われます。

外的要因で思い当たる事がないのであれば、それは耳の軟骨部分が炎症をおこしていたり、ウイルス感染していたりするのではないかと思います。

耳の内側は病気があるけど外側が痛いだけだからなどと思わずに、痛いという現象は何かしら原因がなければ現れないものです。

耳の外側が痛くなるということは、何かしら病気が潜んでいるということを知っておいてください。

病院へ行って診察をしてもらいましょう!

耳の外側に痛みがある、また痛みの他に腫れなどの症状も見られる時は早めに病院へ行きましょう。

いったい何科にいけばいいの?と思っている人もいると思います。

確かに耳は痛いけど、頭から耳にかけてとか肩までとかあると思います。

家の近くの耳鼻咽喉科でいいのか、それとも違う診療科に行った方がいいのか悩んでいるのではないでしょうか。

今回の様な症状であれば、耳鼻咽喉科を受診してください。

できれば、総合病院などの耳鼻咽喉科がよいと思います。

総合病院であれば、他の病気が疑われた場合、耳鼻咽喉科から他の診療科へすぐに紹介してもらえますし、何より数多くの患者を観ているから診断がすぐに出来ると思います。

その方があなたも安心でき、早く不安を取り除くことが出来ると思います。

そして何より、治療が必要であれば治療を開始することで、早く痛みなどの症状から解放されることでしょう。

もし、近くに総合病院などがないときは、耳鼻咽喉科を受診してもし診断がつかないようであれば紹介してもらいましょう。

その方があなたの体のためでもあります。

たかが耳だからと侮らない!なるべく早く病院へ行って!

たかが耳だからと思いがちですが侮るべからずです。

中耳炎や内耳炎だって、病院へ行けば直ぐに治るし、外側が痛いだけだからたいしたことないだろうと思っている人が多いと思います。

でもそれは知らないだけで、外側の軟骨部分の痛みが原因の病気は意外とあります。

早く病院へ行くことにより、原因も分かりますし、何よりも早く治療が出来るので早く治ります。

また、痛みがあることにより不安や気持ちが沈んでいたものも、早く取り除くことが出来ます。

耳の外側だし、たまに痛いくらいだから大丈夫、きっと気のせいかななどと自分で判断しないようにしましょう。

通常であれば痛みや他の症状の腫れなどないのが当たり前です。

少しでもいつもと違う、何かおかしいと思うことがあったら病院へ行って診察をしてもらいましょう。

何度か言っておりますが、自分の判断ではなく、病院での診察を受けて適切な診断をしてもらいましょう。

少しの変化に早く気付き、早めに病院へ行き診断をしてもらうことで、治療も早く済みますし、自分の負担も軽減されることと思います。

たかが耳だからと思わないようにしましょう。

 - 健康に関する雑学