気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

一人暮らしが初めてのアラサーへ 失敗しない注意ポイントを解説!

2017.10.4

アラサーになるまで実家で甘えていたいけど、家をでてみたいと考えている女性は多いようです。

一人暮らしでは家賃の支払いに、食品や日用品など実家が買っていたものも収入と照らし合わせて購入することになります。

実家暮らしではわからなかったことがたくさん出てきます。

それでも家族に気づかいなく、自分のタイミングで好きなようにできる一人暮らしは魅力です。

それでは初めての一人暮らしで大切なお部屋探しや引越し、防犯対策などで、失敗しないためのポイントを紹介していきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

大学生になる人が、不安を感じる一人暮らしの実態について

大学に行くにあたって、期待が上回る人がいれば、不安が上回る人もいます。 まして、一人暮らしとな...

認知症の父を施設にいれたい。どう説得すればいい?

数年前、元気だった父が、認知症と診断されました。年々、症状が進行しているように思いますが、母は、父を...

手取り15万の一人暮らしではどのくらいの家賃が適正か解説

手取り15万の一人暮らしでは固定費をできるだけ安くしたいのですが、どのくらいの家賃が相場なのか気にな...

どれくらいが一般的?一人暮らしの社会人が実家に帰る頻度

一人暮らしを始めると、自分のことに精一杯になり、ついつい実家に帰る頻度が低くなる人もいれば、逆に寂し...

元旦には風呂に入らない?謎の風習の意外な理由

知っていますか?元旦にお風呂に入らないという風習があります。 意外に知られていないのは当然。 ...

これでトイレ掃除も完璧!重曹やクエン酸を使った掃除法

最近ではテレビでも度々紹介され、掃除の際の必需品とまでいえるぐらい活躍する重要やクエン酸ですが、これ...

新築物件のキッチン、「失敗した!」とならない選び方は?

新築の、ピカピカのマイホームで、毎日おいしい料理をつくる…。それを笑顔で食べる家族…。そんな夢を見る...

政府が増税したがる理由 これが財務省の考えだ!

増税を好きな国民はいません。 しかし、政府は増税が大好きです。 民主党の野田政権も公約違...

石油ファンヒーターで使う灯油や電気などの燃費節約術

これから冬になると石油ファンヒーターが活躍します。 しかし、石油ファンヒーターは部屋を暖めるた...

階段の上り下りが怖いと思った時の原因とその対処法

階段の上り下りが怖いと感じる人は少なくありません。 それは膝に問題を抱えている人もそうですが、...

嬉しい新築!家具探しに助かる一覧表

賃貸でもマイホームでもやっぱり嬉しい新築物件! 新築物件に引っ越すときって心がとってもわくわく...

洗面所の床を綺麗に保つ方法とできてしまった黒ずみの掃除

洗面所の床は湿気が高く気が付くと黒ずんで、なんとも不潔な状態になってしまうことにがあります。 ...

男が一人暮らしで食事をする際、考える事

男が一人暮らしとなると、やはり心配なのは食事事情でしょう。 外食は確かに便利ですが、お金がかか...

洗面所の掃除、洗剤は何を使っていますか?オススメを紹介

年末が近づいてきましたね! 年末にする行事の一つとして‥「大掃除」があります。 アナタは...

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家の暮らし

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常にお金が必要です。 主に家計を支えて...

スポンサーリンク

アラサーで初めての一人暮らし! メリットと注意点!

家族と暮らしていれば自由は限られてしまいます。

特に帰宅時間は厳しく、夜遅くになれば両親に厳しく問い詰められます。

一人暮らしでは飲み会などで深夜に酔って帰っても注意や小言をいわれることがありません。

また勤務先が実家から遠くにあると、満員電車に揺られ通勤だけで疲れてしまいます。

一人暮らしなら住む場所を選べるのでいくらでも通勤時間を短縮でき、その時間を有効活用することができます。

お部屋の使い方も自由です。

自分の好みでインテリアをコーディネートできるのも魅力です。

ただ、一人暮らしはいいことばかりではありません。

料理や掃除に洗濯そしてゴミ出しなど実家でやっていなかったことをすべて自分でするようになります。

特に料理はお勤めがあるとついつい手薄になり、お惣菜やファーストフード、インスタント食品が多くなりがちです。

健康管理には注意しましょう。

最も大変なのは食費や光熱費、家賃そして携帯電話などの通信料などの支払いを毎月のお給料でやり繰りしていくことです。

月の支出は家賃で変わってきますが、都市部ではおおよそ14万円前後が必要とみられます。

一人暮らしでは厳しいやりくりになるでしょう。

ただ、家事をする習慣が身につき、生活費などお金の管理ができるようになります。

こうした経験は結婚後有利に働くので、主婦感覚を養うのにいい機会でもあります。

アラサーになっての一人暮らしは結婚に結びつくので大切です。

アラサーの一人暮らし! 初めてのお部屋探しポイント!

お部屋探しでは最寄り駅やお部屋の広さ、賃料などを不動産屋に伝え相談します。

よく最寄り駅を絞っている人がいますが、人気のエリアだと賃料は高くなり希望のお部屋を見つけにくくなります。

駅だけではなく路線も複数用意しておくと希望のお部屋を見つけやすくなります。

お部屋の広さは専有面積でみるようにしましょう。

不動産屋の物件案内には、よく10畳のワンルームと畳みで広さを表示していますが、10畳の中にはお風呂やトイレ、キッチンに玄関そしてベランダまで含まれていることが多いです。

お風呂やトイレなど設備部分は物件によって面積が違うので、同じ10畳でも広さは違います。

ですから専有面積を参考にしましょう。

お部屋探しで重要なのは建物と周辺環境も見ておくことです。

室内だけ見て契約する人が多いようですが、後に壁が薄すぎて会話がすべて漏れているなどプライバシーが守れない建物であったりします。

また駅から近く交通の便はいいけど、大型スーパーや金融機関がなく生活が不便であたりします。

入居してから困らないために室内のほか、建物や周辺環境も確認しておきましょう。

アラサーになって初めての一人暮らし! オススメのセキュリティ対策はこれ!

初めての一人暮らしで大切なのがセキュリティです。

セキュリティ対策では少ない費用で女性でも簡単にできることが求められます。

重要なのは浸入しやすい窓の防犯です。

窓に取り付けるカーテンは、遮光カーテンやミラーカーテンにして外から室内がみえないようにしましょう。

そして補助錠は必ず取り付けます。

玄関ドアにもあれば安心です。

カーテンや補助錠はお部屋を傷つけず女性でも簡単に取り付けられるので、必ず設置しましょう。

これだけでは不安だと感じる方は、大家さんの許可を得て窓ガラス用の防犯フィルムや防犯ブザーの設置をお勧めします。

防犯フィルムや防犯ブザーは防犯カメラやホームセキュリティサービスを利用することに比べて、低コストで設置できるので対策しやすいグッズです。

また、女性の一人暮らしがわからないようにすることも大切です。

ベランダを女性ものだけになってしまわないようにするため、男性ものもダミーで置くようにしましょう。

初めての一人暮らし! 疲れない引越しの仕方はこれ!

お部屋が見つかると次は引越しです。

荷物の運搬は引越し業者に頼みますが、荷造りや荷解き作業を分でする場合は、慣れない作業なので大変労力を使います。

疲れないために、効率よくこなすようにしましょう。荷造りでは引っ越したその日から使うもの以外は、当日までに整理しておきます。

すぐに必要になるものを確認して用意し、取り出しやすくしておきましょう。

新しいお部屋ですぐに使うのは入浴や洗顔用品、そしてトイレットペーパー、テッシュなど日用品です。

荷物に紛れ込んでわからなくなってしまうのが、スマホなどの充電器やリモコン、荷解きに使うハサミなどです。

よく使うものがみあたらないと困ってしまうので注意します。

そしていらないものは処分して、できるだけ少量にしましょう。

大事なのは運び込んだ荷物の置き場所を決めておくことです。

運び込んだ家具を適当に置いてしまうと、場所を変えたいとき移動するのが大変です。

また、荷物が入る前に掃除しておくことも大切です。

お部屋は清掃済みですが、長く放置していて埃がたまっていることが多いです。

一人暮らしにかかる初期費用を検証!

一人暮らしにはお金がかかります。

ではどれくらい費用がかかるのでしょうか。

お部屋を借りる費用、引越し費用、家電製品の購入費用などが主な出費となります。

お部屋の費用は、東京都内として家賃を約7万円で想定します。

すると前払い家賃約7万円、敷金14万円(家賃の2ヶ月分)、礼金14万円(家賃の2ヶ月分)、仲介手数料7万円、火災保険4千円〜1万円、鍵の交換費1万円〜2万円となります。

お部屋代にかかる費用は43万4千円〜45万円で、家賃の約6ヶ月分が必要です。

ただ、敷金、礼金、仲介手数料が不要となる物件もあり、コストを抑えたい方はそうした物件がいいでしょう。

次に引越し費用ですが、引越し業者に依頼すると一人暮らしだと約4万円〜約9万円が目安になります。

生活に欠かせない家電製品では、冷蔵庫約3万円、炊飯器約1万円、電子レンジ約1万円、テレビ約3万円、掃除機約1万円で、すべて揃えると約9万円になります。

お部屋代、引越し代、家電製品を合計してみると約56万4千円〜約63万円となります。

費用を抑えるには、引越しをお友達に手伝ってもらい、家電はオークションやリサイクルショップで購入すると安くできます。

一人暮らしにはお金がかかるので、工夫してコストを抑えましょう。

 - 暮らしに関する雑学