キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

会社をバックレてしまったときに離職票をもらうための方法

2017.9.28

精神的に追い込まれてしまうと、会社をバックレてもいいと思ってしまい、そのまま会社に出社拒否をしてしまうこともあるでしょう。

バックレてしまえばこちらのものですが、会社を辞める時と入社する時には必ず手続きが必要になります。

そこで会社をバックレてしまった時に、離職票をもらわないリスクともらうための方法を紹介します。

会社をバックレた時に離職票をもらいに行くのが辛い

会社をバックレてしまった時に辛いのは、自分が後で離職票などが必要になった時に、気まずい思いをして会社に撮りに行かなければいけないことです。

バックレようと思った時には精神的にもかなり追い詰められている状態なので、その時は勢いでバックレてしまうこともあります。

しかし後から冷静になってみると、自分の行動も大人げなかったと思えますし、何より会社へ必要な書類を提出したり返却しなければいけない物があります。

バックレる時には考えてもいませんでしたが、会社からは離職票をもらわなければいけなませんし、保険証や年金手帳を返却しなければなりません。

しっかり手続きをしないと次の就職時に困るのは自分なので、気まずい思いをしながら離職票を取りにいかなければなりません。

辞めるのは自由ですが自分が辛い思いをすることになるので、正規の手続きに従って辞めた方が無難です。

離職票が必要だとは会社をバックレた時には知らなかった

会社を辞める時に離職票をもらえることや、離職票がどんな役に立つのかを知らなかったことで、バックレたことを後悔する人もいます。

離職票とは会社を辞めたと正式に認めた書類なので、それによって失業保険の申請を受けることができます。

失業保険を受ける時には会社都合ならばすぐに受け取ることができますが、自己都合の場合には3ヶ月後受け取りになります。

そのため早く就職すれば問題ないと思って、バックレてしまう人も多いでしょう。

もちろん早く就職先が見つかることは良いことですが、失業保険の申請をして早期に就職先が見つかれば、早期就職手当をもらうこともできます。

そのため申請するだけしておいた方が、何かと自分にとってお得になるので、失業保険の申請をするためにも離職票は必要となります。

また国民健康保険の切り替えにも離職票が必要なので、結局は会社からもらわなければいけないことになるでしょ。

会社をバックレてしまった時には郵送で離職票を送ってもらう

会社をバックレてしまった時に後から離職票が必要となれば、いつでも会社に発行してもらうことはできます。

しかしその時に会社に行くのがどうしても精神的に辛い時には、会社側にお願いをして郵送してもらうこともできるかもしれません。

あくまでも会社が優しく対応してくれた場合ですが、会社としても早く終わらせたいので対応してくれることもあります。

また健康保険証、年金手帳、キーカード、IDなど返却してもらわなければいけない物もあるので、優しく対応してくれることもあります。

しかし本来ならば自分が会社に取りに行って返却しなければいけないので、会社によっては離職票を取りに来いという会社も多いです。

わざわざ郵送することによって経費も掛かりますし、残っている給料も支払わなければいけないので、結局は会った方が一番手っ取り早いからです。

どうしても精神的にきつくて会社に行けない時は、離職票を郵送してもらうようにお願いだけはしてみましょう。

失業保険をもらうことを考えているなら離職票は必要

会社をバックレた時には精神的にも不安定なことが多く、すぐに次の就職先を見つける気力もないことが多いです。

そのため万が一の時にも助かるように、失業保険の申請を受けておいた方がいいでしょう。

しかしそのためには離職票が必要となるので、早く申請を出すためにもすぐに離職票を取りに行くことをおすすめします。

もちろん失業保険をもらわないという選択肢もありますし、会社へ離職票をもらいに行くなら損をした方がいいと思うかもしれません。

生活のことを考えると、無職の状態ではあっという間に貯金もなくなるので、すぐに追い込まれてしまいます。

早く就職すれば問題ないと思っていても、就職すること自体が大変ですし、給料も1ヶ月以上先にしかもらうことができません。

バックレるほど精神的に追い詰められていたかもしれませんが、離職票がないことで失業保険が受けられないと、さらに追い込まれてしまうこともあるので注意しましょう。

バックレると結局は面倒な手続きに悩んでしまう

会社をバックレる時には離職票を必要としない方法で、次の就職先を見つけなければなりません。

失業保険を申請しないのであれば使うことはありませんし、健康保険もそのまま任意継続することで2年間は継続することができます。

離職票を必要としないで就活することはできますが、次の就職先での手続きで面倒なことになるでしょう。

年金に関しては厚生年金から抜けなければいけないので、国民年金手帳を提出することになります。

しかし持っているのは厚生年金手帳なので、会社への手続きで困った事態となっていまいます。

同じように健康保険も国民健康保険に加入していなければいけませんが、任意継続という形で何とか手続きをしてもらうしかありません。

手続きに関してはバックレる時には何も考えていなかったかもしれませんが、後から自分が面倒なことになるので、正規の手順で辞めた方が自分にとっても楽と言えます。

 - 仕事に関する雑学