キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

妊娠5ヶ月のお腹の状態と苦しい時の対処法

2017.9.25

妊娠5ヶ月になると安定期に入ってきますが、お腹が苦しいので辛いと感じるようになる人もいます。

お腹が膨れて水がタプタプしているような感覚になり、食事も食べ辛い状態となるので、生活すること自体も大変になってきます。

妊娠5ヶ月の頃のお腹の張りは赤ちゃんが育ってきている証拠ですが、苦しい時にできる対処法について紹介します。

妊娠5ヶ月ではお腹が張っている状態なので苦しいと感じるもの

妊娠5ヶ月ではお腹が張っている状態なので苦しいと感じるのは当然なので、あまり不安に思わないことが大切です。

お腹が苦しいのはご飯をたくさん食べた時のお腹が苦しいとは少し違いますが、新たな感覚として不思議な感じがします。

そのため違和感を覚えることで不安になったり、生活に支障が出てしまうとストレスを感じやすくなってしまいます。

妊娠してから安定期に入る時期でもあるので、ある程度動くことで健康にも良い時期となります。

しかしお腹が邪魔をして思うように動けないですし、何をするにも時間が掛かるのでストレスとの戦いとなります。

太っている人でも妊娠している時に様なお腹のでっぱりにはならないので、何をするにもおっくうに感じてしまいます。

精神的なストレスを感じてしまうといけないので、妊娠5ヶ月目はこんなものだろうと開き直って生活することも必要です。

妊娠5ヶ月は安定期でお腹が苦しい時なので楽な体勢を見つける

妊娠5ヶ月になるとお腹が出てくる状態に慣れてはきますが、同時にどんどん大きくなるお腹に対して体の負担も大きくなっていきます。

大きくなるほどお腹が苦しいと感じますし、足腰への負担も大きくなっていくので大変です。

お腹が苦しくなることは仕方がないことですが、できるだけ自分が楽になれる姿勢を見つけるようにしましょう。

立っている時の姿勢はお腹が重くなってくるので、前かがみになって猫背になりやすいです。

すると腰や肩への負担も大きくなるので、疲れやすいと感じるようになります。

座っている時もお腹が重いと前かがみになってしまいますが、できるだけ後ろにのけぞった方が楽な姿勢で過ごせます。

常に姿勢は正しくしていた方が疲れも分散しやすいので、疲れにくく感じるようになります。

自分が一番楽になれる姿勢を見つけることで、お腹が苦しいことを軽減できるかもしれません。

妊娠5ヶ月でお腹が苦しい時はとにかく横になる

お腹が張って苦しい時は、とにかく横になって楽な姿勢でいることが大切です。

妊娠5ヶ月になると今までに経験したことのないようなお腹の大きさになり、日常生活にもかなりの支障を受けるようになります。

今まで何でも簡単にできたことが、お腹が大きくなったことでこれほどできなくなるものかと、ストレスが溜まってしまうでしょう。

妊娠5ヶ月はまだまだ中間地点でもあるので、これから先もお腹の大きさや張れと付き合っていかなければなりません。

そのためできるだけ普段からストレスを軽減させるために、楽になれる姿勢を見つけておきましょう。

一番楽な姿勢は横になることがおすすめなので、お腹が張って苦しいと感じた時はできれば横になることおすすめします。

夫などにだらしないと思われたくないかもしれませんが、楽になれる姿勢が横になるのであれば、気にせずとにかく横になって安静にしておきましょう。

お腹が張って食欲がなくても頑張って食べることが大事

妊娠5ヶ月になるとお腹が張ってくるので、食事もあまり喉を通らないことがあります。

お腹が張って苦しいので食べるよりも、横になって楽になりたいと思うことも多くなります。

無理をして食べることはストレスになってしまうかもしれませんが、自分一人の体ではないのでしっかりと栄養は摂らなければなりません。

普通の食事を食べようとすると吐き気を催してしまうこともあるので、苦しくて食欲がない時には栄養ドリンクや軽い食事でもいいので食べるようにしましょう。

妊娠は病気ではないのでお腹が張っていても大丈夫だと思えば、軽い運動をすることがおすすめです。

そうすればお腹も空いてくるので、本来の食欲を取り戻すことができるかもしれません。

妊娠している時は1.5倍は栄養を摂取したいので、健康的な生活と共に栄養をしっかりと摂るための食事も大切です。

ストレスは大敵なので自分なりに楽な姿勢を保つことが大切

妊娠にはストレスは大敵だと分かっていても、生活に支障が出てくるとストレスを感じてしまうようになります。

妊娠5ヶ月ではお腹も張ってくるので、苦しいと感じたり動きにくいと思うことも多くなります。

そのため今まで簡単にできた行動が、なかなかできなくなると強いストレスを感じてしまいます。

後数ヶ月間はこの状態が続くと思うと、余計にストレスになってしまうので、できるだけストレスを溜めないように工夫をすることが大切です。

横になって楽な姿勢になれば、ストレスを感じることも少なくなるでしょう。

安定期に入っているので軽い運等をすることも体にはいいので、少し運動をすればお腹も空いて食欲も沸いてきます。

食事をたくさん食べることで幸せを感じることもできるので、ストレスを軽減することができるでしょう。

自分にとってストレス解消法を見つけることによって、お腹の張りを気にせず健康的な生活を送ることができるはずです。

 - 妊娠に関する雑学