キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気づいたら既読無視していた!彼氏が怒る理由と対処法

2017.9.4

彼氏とLINEをしている時に、気づかぬうちに既読無視をしてしまったということもあるかもしれません。

自分で故意に既読無視をする訳はないですが、彼氏が怒るのも無理はないのでとにかく謝るしかありません。

既読無視をされてもそこまで怒る理由は分からないと思う気持ちもありますが、どうして彼氏は既読無視をされただけで怒るのでしょうか。


既読無視すると怒るのは彼氏が一番優先だと思っているから

彼氏のLINEをたまたま既読無視してしまった形になった時に、彼氏が怒る理由としては、自分のことを後回しにされたという気持ちが強いのかもしれません。

付き合っていれば彼氏のことが一番の優先だと思っているので、自分へのLINEを送るよりも、他の大事なことがあることに怒っているのかもしれません。

このタイプの彼氏は既読無視されるのは嫌だと思っていますし、自分が送ってからどのくらいでLINEを見ているかもチェックしているでしょう。

また既読してからどのくらいで返信があるかも見ているので、自分が彼氏で一番優先にされていることに喜びを感じるタイプです。

そのため故意ではなくても既読無視をされたことに対して、自分のことを一番に想っていない彼女に対して怒っているのです。

LINEを送る結果がすべてだと思っているので、優先して彼氏へのLINEをすることをおすすめします。

既読無視をしてしまった時に怒る彼氏に対して素直に謝る

自分が既読無視をしてしまったことが不可抗力だったとしても、彼氏に対しては真摯に謝り続ける姿勢を見せましょう。

たまたま既読無視をしたとしても彼氏にとっては連絡がないことがすべてなので、故意でも不可抗力でもしっかりと謝りましょう。

自分が彼氏の立場だったとすれば、どんな理由でも既読無視されたことは事実なので、怒る気持ちを理解することができるはずです。

付き合っているから連絡をしっかりとりたいと思いますし、付き合っているからといって油断し過ぎると相手を傷つけてしまいます。

既読無視することは相手のメールを無視しているということなので、どんなにその時に急ぎの用事があったとしても許されません。

ちょっと忙しいからという一言だけでも送ればいいのに、その手間を面倒だと思ったのは事実なので、自分の非を認めて素直に謝る姿勢を見せましょう。

気づいたら既読無視になっていて時は怒る彼氏に気持ちを伝える

ついいつもの調子でスマホをいじっていると、LINEを読んでもいないのに開けてしまって既読になってしまうこともあります。

無意識のうちにスマホをいじっている人も多いので、気づいたら誤操作をしていた人もいるでしょう。

それがたまたまLINEで結果的に既読無視の形になってしまっていたら、すぐに彼氏に連絡するようにしましょう。

その時に彼氏が怒る様子が伝わってくるようならば、自分が好きだと言うことをはっきり伝えましょう。

既読無視をされた方はまず初めに浮気を疑ってしまうこともあります。

誤操作で既読無視をしたとは思っていないので、誰かと一緒にいるから返信できなかったと考えるのです。

彼氏としては浮気を疑ってしまうので、すぐに自分の気持ちを伝えて許してもらいましょう。

嫉妬をすると一気に関係性が崩れてしまうので、彼女の方から好きだという気持ちを伝えて心から謝りましょう。

既読無視が故意でなければ素直に謝るだけで十分

多くの人がLINEを使っていますし、友達が多い人は誰といつどんな話をしたかも覚えていないほど、当たり前のように使っていることもあります。

もちろん彼氏とのLINEは特別ですが、その前に友達とLINEをしていれば、いろいろな話題で頭がいっぱいになっているかもしれません。

またLINEは同時に複数人とすることもあるので、話題がいろいろ飛んで分からなくなることもあるでしょう。

そんな時に彼氏のLINEがきたことで、結果的に既読無視をしてしまった時は、素直に謝ることが大切です。

彼氏が怒る気持ちも分かりますが、逆に言えば既読無視をされたからといって、いつまでも怒っていると器の小ささを感じてしまいます。

何度も既読無視をしたり故意にやっているのであれば怒られて当然ですが、たまたま既読無視をしたことで怒られても、素直に謝るだけで十分です。

あまり気にしているとLINEをすること自体が嫌だと思ってしまうので、素直に謝って後は気にしないでおきましょう。

すぐに返信できない状況ならばLINEは開かない

既読無視をしたことで彼氏が怒るのであれば、忙しい時にはLINEを開かないようにしましょう。

LINEが来るとつい気になって開けてしまいますが、内容によっては返信しなければいけないこともあります。

忙しい時にスタンプだけでなく文字を打って返信する時間がなければ、LINEは開けないようにするしかありません。

もしも忙しくてLINEを見る時間がなければ、そちらの方が相手にとっても言い訳ができます。

既読無視されるより忙しくてLINEが見れなかったと言われた方が、相手も納得しやすいでしょう。

LINEを開いてから後で連絡すればいいと思ってしまうと、つい忘れてしまうので既読無視になってしまいます。

既読されていることを確認すれば、いつ連絡があるか彼氏も待っているので、返信が遅いほどストレスも溜まってくるでしょう。

忙しい時はLINEを見ないという当たり前のことで、既読無視を防ぐことはできます。

 - 恋人・夫婦に関する雑学