気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

お酒を毎日飲む量が多いと危険な理由と休肝日の重要性

2017.8.30

お酒好きな人にとって仕事終わりにお酒を飲むことが楽しみな人も多く、つい毎日のお酒の量も多くなってしまうこともあります。

お酒は適量を飲めばいいこともありますが、あまりにも量が多いと逆に体を壊してしまうこともあるので、ほどほどに飲むことが大切です。

そこでお酒を毎日飲むことのリスクと休肝日に大切さについて紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

うつ病で入院を判断する4つの条件

家族がうつ病になった時、場合によっては入院を判断しなくてはいけません。 しかしどういう症状だっ...

子供がロタウイルスに!保育園はいつまで出席停止?ロタ対策

働くママにとって、ロタウイルスのような感染症に子供がかかると、子供の体も心配だけど、出席停止期間がど...

朝のコーヒーを飲む習慣が太る原因を作ってしまう原因と対策

毎朝コーヒーを欠かさず飲む人にとっては、コーヒーのカフェインによって癒されることができますが、飲み方...

その捻挫、病院に行くべき?受診が必要なレベルとそうでない場合

意外と生活の中で身近なケガ、”捻挫”。経験したことのある人は多いのではないでしょうか。それ...

身内の希望なら赤ちゃんを連れて病院にお見舞いに行くべき?

ページの目次1 赤ちゃん連れて病院にお見舞いというのはあり?2 身内が赤ちゃん連れで病院のお見舞いを...

腫瘍マーカーの数値ceaでどんな病気が分かるの?

一般的に腫瘍マーカーは、ガンの早期発見や再発の早期発見のために使われています。 腫瘍マーカーの...

熱で病院に行く時何科に行くべき?病院受診のススメ

熱が出たけど、風邪なのか理由がよく判らない。 だからどの病院の何科に行けばいいか判らないという...

ふくらはぎをマッサージすると激痛!痛みの原因と対処方法

お風呂上りに疲れた足をマッサージ。癒しの時間ですね。 でもふくらはぎをマッサージしていたら、突...

喘息を持つ子供の為の布団選びとアレルギー物質対策

子供が喘息を持っていると、日常生活のいろんなことが気になってしまいますよね。 毎日使う布団も使...

背中の筋肉痛 右側のみが痛む場合は内臓疾患を疑って!

背中に筋肉痛が起きることは、決して珍しいことではありません。 しかし、その痛みが長引いたり、右...

母が病気になり辛い気持ちで一杯… そんな気持ちの整理の仕方

元気だった母が病気になる、また亡くなる可能性もあるとなると辛い気持ちで一杯ですよね。でも自分がしっか...

妊婦の長引く咳には要注意! もしかしてそれは気管支炎かも

妊婦はその体質から、非妊娠時よりもずっと、様々な病気に罹りやすい状態になっています。 そうした...

夜中に突然の腹痛。冷や汗が止まらない時の対処方法

夜中に突然、腹痛に見舞われてのたうち回った経験ありませんか? 冷や汗が止まらないけど、救急車を...

肩甲骨マッサージで身体をきれいにする方法

肩を回すと、ゴリゴリと音がなってしまう肩甲骨のこり。 実は、この肩甲骨のこりが体型や身体の歪み...

奥歯を抜歯してそのままにしてはダメ!正しい治療法まとめ

みなさんは奥歯を抜歯したまま治療をやめてしまうと恐ろしいことになるって知ってましたか? 実は奥...

スポンサーリンク


お酒を毎日飲む時は適量を守ることが大事

お酒を毎日飲む人はどのくらいの量ならば飲んでも平気か、自分で分かっているつもりで飲んでいることでしょう。

しかし実際には自分が思っているよりも体に悪影響を与えることに気づかずに、毎日お酒を飲み続けてしまうこともあるので注意が必要です。

自分が適量だと思っている量は、あくまでも自分が酔っぱらっていると認識しているかどうかの境目が多いです。

お酒を飲むとすぐに酔っぱらってしまう人もいれば、お酒に強くてなかなか酔わない人もいます。

体質にもよりますが自分がどのくらい飲めば酔っぱらうかを、ある程度飲んでいれば分かるようになります。

しかしそれはその人にとっての適量ではないので、勘違いをしている人も多いので気をつけましょう。

適量はビールならば500ml、焼酎は90ml、日本酒は180mlが適量と言われています。

ひとつの目安でしかありませんが、自分が思っている適量と実際の適量では差があることに気づくはずです。

毎日お酒を大量に飲むことで体調を崩す恐れがある

毎日お酒を適量飲んだとすれば、体にも良い効果を期待することができるかもしれません。

ストレス発散のためにお酒を飲むのは良いことなので、ストレス解消になればその人にとってお酒は良い物になります。

しかしお酒を毎日大量に飲んでしまうと体には大きな影響を与えるので、いずれは体調を崩すことになってしまいます。

お酒を飲むと初めは血行も良くなってほろ酔いになっていきますが、そのうちアルコールの血中濃度が高くなって吐き気や頭痛を催すこともあります。

お酒を飲み過ぎた後は後悔することもありますが、体調が良くなるとまた飲みたくなるのがお酒です。

体にはアルコールを分解することでアルコールの血中濃度を下げることができますが、毎日のことだと大きな負担となっていきます。

特に肝臓はアルコールの飲み過ぎによって大きなダメージを受けてしまいますし、治りにくい臓器でもあるので注意が必要です。

毎日お酒を飲む時は適量を心掛けてつまみも一緒に食べる

お酒は適量ならば問題ありませんが、つい飲み過ぎてしまうことはよくあります。

お酒だけを飲んでしまうと体には大きな負担となってしまうので、お酒を飲む時には必ずつまみを一緒に食べるなどすれば負担を軽減させられます。

毎日お酒を少しでもいいので飲みたいと言う人には、枝豆や、豆腐、刺身などおつまみを一緒に食べると、アルコールの悪影響を軽減できます。

しじみの味噌汁は肝臓機能を高めてくれるオルニチンが含まれているので、お酒を飲んだ後にはしじみの味噌汁はおすすめです。

適量なお酒でも毎日飲むことで体には負担となってしまいますが、何も食べずに飲むよりもおつまみがあると体の負担も軽減できるので、せめて物を食べながらお酒を飲む癖をつけましょう。

お酒好きな人ほど夕食はおつまみとお酒だけで済ませようとすることもありますが、夕食もしっかり食べることが大切です。

お酒が好きでお体調を崩したら飲めなくなるので、お酒が飲めるように健康にも気をつけましょう。

お酒は適量ならばストレス解消にもなる

お酒はついつい毎日飲んでしまいがちで、できるだけ適量を心掛けることが大切です。

しかしお酒はつい飲み過ぎてしまうことも多いですが、自分にとってストレス発散になるのであれば、仕方がないと言えます。

仕事で辛いことや大変なことがあっても辞める訳には行かないので、どんどんとストレスが溜まってしまいます。

そのストレスを毎日の晩酌で解消することができるのであれば、お酒を飲むことは本人にとって良い習慣となるでしょう。

ストレスによる体への悪影響と、お酒を飲むことの悪影響を比べた時に、飲む量に気をつけながらお酒を飲んでた方が体には良いこともあります。

ストレスは体のあらゆる所に影響がありますし、精神的にも追いつめられてしまうでしょう。

お酒を上手に活用してストレス解消することができれば、その人にとってはお酒を飲んだ方が良い生活を送ることができると言えます。

お酒を飲む時は休肝日を作ることで健康的に飲める

お酒にはいろいろな効果があるので、毎日飲むことで良いこともあれば体に悪いこともあります。

お酒を適量飲むことが理想とはいっても、なかなか適量で終わらないのがお酒を飲む人の気持ちです

しかしお酒の飲み方を間違えてしまうと体を崩すことにもなるので、健康でなければお酒を飲むこともできません。

お酒が好きな人がお酒が飲めなくなるのは辛いので、健康に気をつけながらお酒と付き合っていくことが大切です。

健康を考えるならば休肝日を設けた方がいいので、お酒が好きだからこそいつまでも飲めるように、休肝日を作って健康管理をしましょう。

できれば3日に1日は休肝日を作りたいので、週に2日はお酒を飲まない日を作ると体の負担も軽減できます。

お酒は自分でも知らぬうちに大きな病気になることもあるので、飲めなくなる前にしっかりと健康管理をすることが大切です。

お酒を飲み続けるためにも休肝日を設けて、体のことを考えながら大好きなお酒が飲めるように意識することをおすすめします。

 - 健康に関する雑学