気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

お酒を毎日飲む量が多いと危険な理由と休肝日の重要性

2017.8.30

お酒好きな人にとって仕事終わりにお酒を飲むことが楽しみな人も多く、つい毎日のお酒の量も多くなってしまうこともあります。

お酒は適量を飲めばいいこともありますが、あまりにも量が多いと逆に体を壊してしまうこともあるので、ほどほどに飲むことが大切です。

そこでお酒を毎日飲むことのリスクと休肝日に大切さについて紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

インフルエンザの高熱後の吐き気 治りかけの時期に注意!

毎年、冬季に流行するインフルエンザ。 高熱や痛みといった症状が収まり、治りかけであるにもかかわ...

真夜中に急な腹痛!下痢を今すぐ止める方法はないの?

真夜中に気持ちよく眠っていたのに、急な腹痛で目が覚める。 キューっと押さえつけられるようなお腹...

保育園を休ませる基準は?風邪の鼻水や咳、発熱具合など

保育園の子供を通わせていると、風邪を引くこともあります。 熱は何度くらいないなら休ませるべきか...

ブドウ糖の点滴は、太る?ブドウ糖の成分と注意点について解説

体重制限をしている方や糖分などを気にしている方にとって、ブドウ糖の点滴はどういう印象がありますか? ...

膀胱炎で血尿!?真っ赤な尿が出た原因と対処法

女性がかかりやすい病気としても知られている膀胱炎ですが、中には血尿を伴う場合もあるということはご存知...

人差し指の爪がボコボコの場合の病気について

気が付くと、人差し指の爪がボコボコになっていることありませんか? 爪は健康のバロメーターといわ...

緊張で吐き気!緩和の方法とは?人前で平気になりたい人へ

緊張しすぎて吐き気を感じたことありませんか? 特に人前で何かしなければいけない時、心臓はバクバ...

ふくらはぎの筋肉やすねの内側が痛い原因と予防法

みなさんはシンスプリントというものを知っていますか? シンスプリントは主にすねの内側が痛む症状...

プラノバールを飲んでも出血が止まらない!病気の可能性も。

プラノバールはホルモン剤です。 不正出血で婦人科へ受診すると処方される事が多いようです。 ...

No Image

食後に寝るのは胃痛の原因?食後の適切な過ごし方

食後に寝るのはいい事?悪い事?諸説ありますよね。 よく言われる「食べてすぐ寝れば牛になる」とい...

視力は片目だけと低くても、両目だと視力がアップする理由

視力測定をする時に、片目ずつ測りますよね。 しかし実際の所、片目だけでモノを見た時と、両目でモ...

うつ病で入院する期間はどのくらいになるのか

うつ病と診断されて、症状が悪化すれば入院する必要があるかもしれません。 でもどのくらいの期間入...

排卵日に貧血?めまいや吐き気を感じる原因と対処法

排卵日が近くなると貧血のような症状が出たり吐き気がするなど体調不良になる女性も多いと思います。 ...

骨盤が鳴る?体育座りや体を伸ばすと骨盤が鳴る理由

骨盤が鳴る事ありますか?普通はあまりないのですが、突然鳴るようになる人がいます。 それは特に体...

ピルの副作用で起きる頭痛 もしかしたら危険信号かも!

避妊薬として、また女性特有の病気の治療薬として、低用量ピルは女性の強い味方です。 しかし、その...

スポンサーリンク


お酒を毎日飲む時は適量を守ることが大事

お酒を毎日飲む人はどのくらいの量ならば飲んでも平気か、自分で分かっているつもりで飲んでいることでしょう。

しかし実際には自分が思っているよりも体に悪影響を与えることに気づかずに、毎日お酒を飲み続けてしまうこともあるので注意が必要です。

自分が適量だと思っている量は、あくまでも自分が酔っぱらっていると認識しているかどうかの境目が多いです。

お酒を飲むとすぐに酔っぱらってしまう人もいれば、お酒に強くてなかなか酔わない人もいます。

体質にもよりますが自分がどのくらい飲めば酔っぱらうかを、ある程度飲んでいれば分かるようになります。

しかしそれはその人にとっての適量ではないので、勘違いをしている人も多いので気をつけましょう。

適量はビールならば500ml、焼酎は90ml、日本酒は180mlが適量と言われています。

ひとつの目安でしかありませんが、自分が思っている適量と実際の適量では差があることに気づくはずです。

毎日お酒を大量に飲むことで体調を崩す恐れがある

毎日お酒を適量飲んだとすれば、体にも良い効果を期待することができるかもしれません。

ストレス発散のためにお酒を飲むのは良いことなので、ストレス解消になればその人にとってお酒は良い物になります。

しかしお酒を毎日大量に飲んでしまうと体には大きな影響を与えるので、いずれは体調を崩すことになってしまいます。

お酒を飲むと初めは血行も良くなってほろ酔いになっていきますが、そのうちアルコールの血中濃度が高くなって吐き気や頭痛を催すこともあります。

お酒を飲み過ぎた後は後悔することもありますが、体調が良くなるとまた飲みたくなるのがお酒です。

体にはアルコールを分解することでアルコールの血中濃度を下げることができますが、毎日のことだと大きな負担となっていきます。

特に肝臓はアルコールの飲み過ぎによって大きなダメージを受けてしまいますし、治りにくい臓器でもあるので注意が必要です。

毎日お酒を飲む時は適量を心掛けてつまみも一緒に食べる

お酒は適量ならば問題ありませんが、つい飲み過ぎてしまうことはよくあります。

お酒だけを飲んでしまうと体には大きな負担となってしまうので、お酒を飲む時には必ずつまみを一緒に食べるなどすれば負担を軽減させられます。

毎日お酒を少しでもいいので飲みたいと言う人には、枝豆や、豆腐、刺身などおつまみを一緒に食べると、アルコールの悪影響を軽減できます。

しじみの味噌汁は肝臓機能を高めてくれるオルニチンが含まれているので、お酒を飲んだ後にはしじみの味噌汁はおすすめです。

適量なお酒でも毎日飲むことで体には負担となってしまいますが、何も食べずに飲むよりもおつまみがあると体の負担も軽減できるので、せめて物を食べながらお酒を飲む癖をつけましょう。

お酒好きな人ほど夕食はおつまみとお酒だけで済ませようとすることもありますが、夕食もしっかり食べることが大切です。

お酒が好きでお体調を崩したら飲めなくなるので、お酒が飲めるように健康にも気をつけましょう。

お酒は適量ならばストレス解消にもなる

お酒はついつい毎日飲んでしまいがちで、できるだけ適量を心掛けることが大切です。

しかしお酒はつい飲み過ぎてしまうことも多いですが、自分にとってストレス発散になるのであれば、仕方がないと言えます。

仕事で辛いことや大変なことがあっても辞める訳には行かないので、どんどんとストレスが溜まってしまいます。

そのストレスを毎日の晩酌で解消することができるのであれば、お酒を飲むことは本人にとって良い習慣となるでしょう。

ストレスによる体への悪影響と、お酒を飲むことの悪影響を比べた時に、飲む量に気をつけながらお酒を飲んでた方が体には良いこともあります。

ストレスは体のあらゆる所に影響がありますし、精神的にも追いつめられてしまうでしょう。

お酒を上手に活用してストレス解消することができれば、その人にとってはお酒を飲んだ方が良い生活を送ることができると言えます。

お酒を飲む時は休肝日を作ることで健康的に飲める

お酒にはいろいろな効果があるので、毎日飲むことで良いこともあれば体に悪いこともあります。

お酒を適量飲むことが理想とはいっても、なかなか適量で終わらないのがお酒を飲む人の気持ちです

しかしお酒の飲み方を間違えてしまうと体を崩すことにもなるので、健康でなければお酒を飲むこともできません。

お酒が好きな人がお酒が飲めなくなるのは辛いので、健康に気をつけながらお酒と付き合っていくことが大切です。

健康を考えるならば休肝日を設けた方がいいので、お酒が好きだからこそいつまでも飲めるように、休肝日を作って健康管理をしましょう。

できれば3日に1日は休肝日を作りたいので、週に2日はお酒を飲まない日を作ると体の負担も軽減できます。

お酒は自分でも知らぬうちに大きな病気になることもあるので、飲めなくなる前にしっかりと健康管理をすることが大切です。

お酒を飲み続けるためにも休肝日を設けて、体のことを考えながら大好きなお酒が飲めるように意識することをおすすめします。

 - 健康に関する雑学