気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

小さな会社に就職!事務員を一人でやる時のメリットとデメリット

2017.6.20

小さな会社に事務員として就職した時に、自分一人だけで仕事をすることもあります。

事務員の仕事はどこでもほとんど同じ内容なので、事務員の経験があればすぐに対応することはできます。

一人で仕事をするのは気楽な面もありますが、大変なことも当然あります。

そこで小さな会社に就職した時に、一人で事務員をやる時のメリットとデメリットについて紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

仕事が貰えない…新人なのに放置されている現状を変える方法

会社に勤めるようになったものの、上司や先輩から丁寧に仕事を教えてもらえるどころか、何も仕事を与えられ...

仕事でクビを覚悟するような大失敗の対処方法

どんなに真面目に仕事をしていても、仕事に失敗はつきものです。 取り返しのつく失敗ならば、ひたす...

臨床検査技師が大学病院の就職試験を受験する際の志望動機例

医師が病院に入ろうとしたら就職試験を受験することになります。 そして、そこでは志望動機を聞かれ...

統合失調症で仕事を辞めたいと考えた時に…

統合失調症で仕事を続けるのがつらい、辞めたいと考えた時、まずすぐに決断するのは辞めましょう。 ...

人生の失敗談や目標を聞かれたら… ESの効果的な書き方とは!

ES(エントリーシート)の設問によく挙がるのが「人生の失敗談」や「今後の目標」といったものです。しか...

主婦の内職で、お小遣いが稼げる安全で楽しい仕事はこれ!

家に目が離せない小さい子供がいたり、病気の家族や弱ったお年寄りがいたり、自営業で電話番が必要だったり...

バイトで希望のシフトを入れてもらえない時の原因と対策

バイトは時給でお金をもらいます。 という事は当然ですが働かない時間はお金がもらえない訳です。 ...

国会議員の給料は高すぎると感じる理由を解説

国民として国会議員に対する期待は大きいですが、ことあるごとに何か問題が起きると、高い給料を...

簡単就職でも意外にブラック?コンビニのバイトがきつい!

コンビニは今や現代人にとって、街の風景のひとつ、日常のオアシスとなっています。 しかしそのコン...

エステの仕事を辞めたい人が増加!エステ業界の問題

エステは見かけの華やかさとは裏腹にブラック業界と言われています。 手に職という憧れの職業であり...

ニートだからって将来に不安になる必要はない!

望んでニートになったわけでもなく、ただなんとなく無職の期間が多いだけで自分がやろうと思えばいつだって...

正社員を辞めたくなった…退職までの期間にするべきことは?

会社を退職しようかな・・・そう考える瞬間は誰でも1度はあると思います。 実際に退職を決意するま...

仕事ができないまま、半年…。このまま会社に勤めるのが辛い

仕事ができないという気持ちで半年会社を勤めるのはとても辛いですね。 そしてこれ以上頑張れないと...

主婦ができる副業って?NHKで特集された隙間時間の有効活用!

朝起きてから寝るまで、365日主婦に休みはありません。ちょっとしたお小遣い稼ぎに興味があっても、何時...

大学生がバイトをクビになる理由と不服な場合の対処法

大学生の華麗なキャンパスライフには、やはりバイトは必須事項。 もちろんアルバイト代という経済的...

スポンサーリンク


事務員が一人の会社は社員からの扱いが優しい

小さな会社に就職した時に、自分だけが事務員として働くことになる場合もあります。

自分一人だけが事務員として働くことになれば、仕事をする上では気楽に作業をすることができます。

人に気を遣わずマイペースで仕事ができるので、一人で事務員の仕事ができるのはストレスも少なくて済みます。

また事務員が一人のメリットとしては、仕事面だけでなく社員からの待遇も良くなることが多いです。

事務員が一人だと代わりの人がいないので、とにかく長く働き続けてもらいたいからと優しくしてくれることが多いです。

社員も直接事務員に交通費や領収書を渡す機会もあるので、仲が悪くなると気まずくなってしまいます。

月に何度かは事務員とやり取りする機会もあるので、できるだけ仲良くしようとしてくれる人も多いです。

事務員が一人だといろいろと頼ったりお願いすることも多いので、良い関係を築こうとして優しく接してくれるのがメリットです。

小さな会社の事務員の仕事は一人でやれる量なので仕事が楽

事務員の仕事は毎日決まった仕事が多いので、自分のペースで仕事ができるのはメリットと言えます。

会社が大きいと事務員も増えますが、気を使ったり相手のペースに合わせて事をすることもあるので、ストレスが溜まることも多いです。

しかし小さな会社で一人で事務の仕事をすると、自分が計画を立てて自分のペースで仕事ができるので、効率よく作業を進めることができます。

特に毎月月末になると忙しくなりますが、自分のペースで仕事ができる方が予定も立てやすいです。

責任も重大になりますがその分やりがいもありますし、時間の調整もしやすいので仕事に追われることもありません。

自分のペースで仕事ができると効率よく仕事をすることもできるので、仕事をスムーズに終わらせることができるので楽に思えてきます。

事務の仕事は責任も重大で大変な仕事ですが、毎日同じような仕事の繰り返しなので、慣れれば効率よく仕事をこなすことができます。

一人で仕事ができるのはストレスも少ないですし、楽に仕事ができるように思えます。

会社で事務員が一人だと急な休みを取りづらい

小さな会社で一人で事務員をやっていることのデメリットは、自分が休みたい時に休みにくいということです。

事務員は毎日必ず仕事がありますし、特にお金に関することはきっちりとしておかなければなりません。

伝票や書類の整理ならば次の日にまとめてやることはできますが、お金の管理や振り込みなどを任されていれば、自分が休むと会社が困ってしまいます。

急な体調不良によって休みたいと思っても、自分の代わりになる人がいないのはとても大きなデメリットとなります。

仕事を任せることはできないので、大切な仕事があれば必ず出社しなければならないでしょう。

また一人だと有給休暇を利用しにくいのもデメリットと言えるでしょう。

休みでなくても遅刻をする訳にもいかないですし、事故や病気で入院することも難しいでしょう。

事務員を一人でやると仕事のストレスは少ないかもしれませんが、精神的にはプレッシャーを感じることが多く、気軽に休めないことは大きなデメリットとなります。

事務員が一人だと分からないことがあっても聞けない

会社で事務員を一人でやっていると、仕事で分からないことがあっても聞く相手がいないことがデメリットとなります。

事務の仕事は毎日同じことの繰り返しが多いので、ある程度仕事に慣れるのも早いでしょう。

しかし月末に近づくにつれてまとめて計算をすることも多くなりますし、やり方が分からない作業などが出てくることもあります。

特に数字が合わなかったり調べ物をしなければならない時は、自分でやって分からないことがあると悪戦苦闘することになります。

凡ミスをしていても自分では気づくこともできないので、簡単なミスに気づかずに1日を無駄にしてしまうこともあります。

誰か他に事務員がいればダブルチェックもできますし、分からないことがあれば聞くこともできますが、一人だと頼れる相手がいません。

全てを自分で調べて解決しなければいけないので、時には一人で大変な思いをすることもあります。

一人で事務の仕事をするのはストレスは少ない

一人で事務員の仕事をやるのは、メリットも多いですがデメリットと思うことも多々あります。

会社によって環境が違うので、小さな会社では事務員を一人でやらなければならないこともあります。

仕事はどこに行ってもほとんど同じなので、慣れればストレスなく一人で仕事をすることができるようになるでしょう。

事務員の仕事を一人でやるとストレスは溜まりにくいかもしれませんが、責任重大なのでプレッシャーを感じることも多いでしょう。

自分の中で上手く対処すれば、一人でしっかりと仕事をすることができるはずです。

ここまで書いてきましたが、事務員の仕事は毎日作業があるので大変な仕事でもあります。

事務職は人気でなかなか事務員として働けない人も多い中で、事務職に就けたことはラッキーかもしれません。

最後まで読んでくれた方も事務員として働くことができたのであれば、会社の環境に合わせて上手く対処して、長く働き続けられることを願っています。

 - 仕事に関する雑学