気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

もう耐えれない!同僚からのパワハラ…仕返しする際に重要な6つの行動とは?

2017.6.12

パワハラと言うと上司から受けるものと言う印象が大きいですが、同僚から受ける場合もあります。

パワハラを我慢するのは、もうやめましょう!

何も知らない状態で、怒りをぶつけると思わぬトラブルに発展するかもしれません。

退職せずに相手を追い込むには、パワハラの条件と対処法を詳しく知ることが必要です。

的確な判断と行動力で自分の身を守り、相手に仕返しをしてやりましょう!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

派遣の面接は結果は面接時の手ごたえである程度予想できる

派遣の面接が終わって結果を待っているときは誰でもドキドキするものです。 そして、誰でもその結果...

大卒なのに就職できない我が子!親としてできることとは?!

大学生になる息子さんや娘さんがおられる、世の親御様方。 「かわいい我が子のために!」と、汗水流...

臨床検査技師が大学病院の就職試験を受験する際の志望動機例

医師が病院に入ろうとしたら就職試験を受験することになります。 そして、そこでは志望動機を聞かれ...

社内でパワハラ発生!人事部長の対応マニュアルから学ぼう!

社内でパワハラが発生した時。どのように対処をしたら良いのか、頭を抱えてしまう経営者や人事部長、総務の...

台風で仕事に行けない事は許される?今更聞けない社会の常識

学生時代は台風が来れば学校は休みになる事があります。 でも仕事だったら?台風が来て電車が止まっ...

熱でも仕事を休めない社会人の哀しい性。何度で休むべき?

熱が出た、やった〜仕事を休めるなんて事は大人になったらほとんどありません。 多くの場合、熱が出...

仕事がストレスで鬱病に!?そんなことになる前に!

仕事をしていると上司に怒られたり、トラブルを起こしたりと様々な問題が起こります。 そんなことか...

会社にかかってくる迷惑な電話の、対応の仕方と撃退法

会社には仕事の電話が、毎日沢山かかって来ます。 そんな中でどうしても取りたくないのが、セールス...

結婚報告を上司にして退職する際に気を付けるべき事

結婚して仕事を辞めようと考えているのであれば、上司に結婚報告と退職の意思を伝えなくてはいけません。 ...

公務員の福祉職の志望動機 こう書けば担当者の評価はあがる!

民間企業と比べて安定している公務員の人気が近年高まってきました。 しかし、多くの若者が受験する...

仕事でクビを覚悟するような大失敗の対処方法

どんなに真面目に仕事をしていても、仕事に失敗はつきものです。 取り返しのつく失敗ならば、ひたす...

バイトの面接結果が不採用だと電話連絡がない場合も

バイトの面接を受けたけれど、いつまでたっても連絡がないと、不採用かと心配になりますね。 電話で...

正社員と契約社員 女性ならどっちがおススメ?

正社員と契約社員の違いって何? メリット・デメリットは? 女性なら結婚、出産とライフイベ...

エステの仕事を辞めたい人が増加!エステ業界の問題

エステは見かけの華やかさとは裏腹にブラック業界と言われています。 手に職という憧れの職業であり...

作業療法士と理学療法士 それぞれの需要は高い?それとも…

作業療法士と理学療法士、どちらも主にリハビリテーションに関する専門家であり、国家資格を必要とする職業...

スポンサーリンク

同僚からのパワハラ…仕返しする前に知っておくべきこと

まず、パワハラについて詳しく知りましょう。
パワハラとは、職場の優位性を背景に、仕事中に適正範囲を超えた過剰な攻撃をしてくることを言います。

優位性と言われると、上司や先輩からの圧力のみを対象にしているように感じますね。
しかし、部下が上司に、後輩が先輩に、そして同僚同士も含まれます。
職務上の地位関係なく行われる過剰な攻撃は、全てパワハラになります。

パワハラには大きく分けて6種類あります。

  1. 侮辱や怒鳴りなどを繰り返す「精神的攻撃」
  2. 物を投げたり、暴力を振るう「身体的攻撃」
  3. 強制的に1人にさせる「人間関係からの切り離し」
  4. プライベートをしつこく聞いたり、身内などを貶す「プライバシーの侵害」
  5. ちゃんとした仕事をさせてもらえない「過小な要求」
  6. 無理難題な仕事を任される「過大な要求」

他にも様々な内容がありますが、大きく分けるとこのようになります。
もし、思い当たる点がある場合は、職務上の地位関係なくパワハラの対象になる可能性があります。

同僚からのパワハラ…仕返しする前に準備したい2つの物とは?

普段からパワハラを受けている場合は、精神的にも辛いですよね。
しかし、仕事には行かなければならない。
ならば、辛いですが仕返しの準備も一緒に行いましょう。

まず、1番大事なのは物的証拠です。
ボイスレコーダーで録音をしたり、怪我などの証拠を写真に収めましょう。
過大な要求や過小な要求の場合は、録音のついでに仕事内容を証拠に残したり、残業時間を証拠に残しましょう。
物的証拠は動かない証拠になるので、有効です。

また、精神的に追い詰められている場合はメンタルクリニックに行きましょう。
医師の判断によってもらえない場合もありますが、状況によっては診断書を貰える場合があります。
精神的苦痛による疾患がある場合は、これも証拠になります。
また、厳しい環境に居る患者の相談をたくさん聞いている医師に相談することは、自分の心の為になります。

同僚からのパワハラに仕返しする4つの行動とは?

証拠を持っている状態になると、幾分かは仕返しする気力が増えるかと思います。

同僚より優秀になって上司になれば早いのですが、そう簡単になれるものではありません。
予想できない長期戦より、確実に出来る方法を考えましょう。

1.仲間を作る

まずは、仲間を作りましょう。
人間関係の切り離しなどで、避けられている場合は作ることが困難だと思います。
しかし、パワハラをする人に良い思いをしている人は少なく、同乗してくれている人や加害者を嫌っている人はいるはずです。
そういう人と仲良くなりましょう。
仲良くなることで、証人にもなりますし、力を貸してくれるかもしれません。

2.同僚より優秀な社員になる

加害者である同僚の上司になることを目標にするわけではありません。
大半の上司は、出来の悪い社員より出来の良い社員のほうが利益につながるので優しく接します。
優秀になろうと頑張ることで、妬みや苛立ちをぶつけてくると思います。
しかし、上司を味方につけるためだと思って少し辛抱して結果を出しましょう。

3.誰かに相談する

上記の方法が上手くいけばいいですが、そう簡単には上手くいきませんよね。
耐えれなくなる前に、上司に相談しましょう。
上司が同僚の味方で相談できない場合は、その上司の上の人、または労働組合に相談しましょう。
パワハラは1人で抱え込むものではありません。
相談できる場所は沢山あるので、病院、上司、組合などに相談をして解決策を一緒に練ってもらいましょう。

4.専門機関にお願いする

どうしても耐えれない場合は、確実な証拠だけ集めて専門機関に相談しに行きましょう。
パワハラ専門の窓口があるので、最寄りの窓口を検索しましょう。

仕返し方法を間違るとトラブルにも…?

同僚からのパワハラには、じゃれあいのように見せて行われるものもあります。
「陰でイジメれば、先生にもバレない、言わせなきゃバレない…」
学生のような思考ですが、バレなきゃいいと考えて行っている場合もあります。

また、上司を味方につけている場合もあるので油断できません。
仲が良いと勘違いされている場合は、本気で対抗すると上司が加害者の方を庇うこともあります。

ストレスが爆発して直接対抗する前に、確実な証拠を集めましょう。
確実な証拠があれば、勘違いによる被害を受けることはありません。
まだ気持ちに余裕がある場合は、上記の方法で仲間を増やしてから対抗しましょう。
対抗するのが怖い、もう耐えれない場合は、証拠のみ集めて相談しましょう。

証拠は、あなたを守るためにあります。
仕返し方法を間違えて、トラブルに巻き込まれたり、悪化しないように注意しましょう。

同僚からのパワハラは質が悪い!だからこそ証拠を大事に!

同僚からのパワハラは、地位による圧力のみの上司とは違う苦痛がありますよね。
同僚だからと喧嘩腰で反発できればいいですが、そう簡単にできることではありません。
下手すると、会社にトラブルを持ち込んだとして退職になる可能性もあります。
同僚のせいで自分の職を無くすのは、絶対に嫌ですよね。

仕返しをしたい場合は、まずは証拠集めが重要です。
その次に、同僚より優秀になることで同僚の居場所をなくしましょう。
自分が優秀になることで周りの目は変わります。
仕事で力を発揮できない場合や、耐えれない場合は無理をしなくても大丈夫です。
耐えれない状況を支えるために、パワハラ専門の窓口があるので、そちらに相談しましょう。
相談することは「逃げる」ではなく、法を使って相手に対抗する手段です。

何度も言いますが、まずは証拠集めをしましょう。
そして、自分の環境と対処法を見比べ、的確な対処法で相手を打ち負かしましょう!

 - 仕事に関する雑学