キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

職場で空気扱いされてしまう人の特徴をつかんで意識を良い方に変えていきましょう。

2017.6.7

職場には多くのタイプの方でいらっしゃいますがその中には非常に優秀で周囲から尊敬を集めて仕事ぶりを高く評価される人や、平凡ながら確実な作業結果を残して信頼を得ている地味な裏方さん的な方もいらっしゃいます。

これらの方は職場では日の当たる方だと考えて良いと思いますが、逆に日に当たらない方というか空気扱いされている方も少なからずいらっしゃるようです。

職場で何故空気扱いされてしまう方が居るのかその理由とそのような人の特徴を考えてみて、可能であればその人に役割を与えて、職場にて役に立つように意識を変えて空気扱いされないようにする為の方法を見つけたいと思います。

職場で空気扱いされる人はどんな人なのでしょうか。

何となく毎日職場に居るけど、今一つ何をしているのか分からない、そんな人っていませんか。
何か揉めていて仕事を干されている訳でもなく、それでも意欲的に仕事をこなしている訳でもないごくごく普通の方なのに周囲からスルーされている、そんな人を周囲は空気扱いされているような感じを受けます。

あまり自己アピールもしないタイプが多いとも考えらえますので周囲からあまり存在感を感じられていないようにも思います。

存在感をあまり感じないからと言って仕事の処理能力が周囲に対して劣っている訳ではなく逆に個人の能力的には高い方が居る場合もありますね。

こういった方は自身の処遇に対しての不満はあるけど積極的に仕事を取に行くまではしたくない、と考えている方ではないでしょうか。

周囲に自分の能力を見せないで最低限の仕事をしているというのは勿体無いなと感じますが本人的にはそれで納得できているので問題はないのかもしれません。

どうしてその人は職場で空気扱いされてしまうのか、その原因は何か。

でも、どうしてそんな扱いを受けてしまっているのでしょうか。

第一に考えられるのはやる気があまり感じられない事ではないでしょうか、前向きな考え方でないと基本仕事に対して受け身になってしまいます。

いつも受け身の方は仕事を振る側からすると仕事への熱意をあまり感じなくなってしまいますので、同じ業務を依頼するにしても積極的な対応をする方へ作業が偏ってしまい、結果的により作業比率が下がりこの繰り返しによって空気扱いされる事が生じているのではと考えられます。

従って、空気扱いされる人は本人に原因があるのは間違いないのですが周囲、特に仕事を割り振る役割の人にも一定の原因があるとも考えられます。

バランスの悪い仕事の割り振り方をしているとも捉えられますので、その点は考慮する必要はあります。

こういったアンバランス状態を調整するのが上司の役割とも言えますが少人数で多くの仕事を行う最近の職場ではなかなか上手く行かない事が多いですね。

気扱いされる人も職場の戦力としての認識はどうなのでしょう。

確かに仕事を振れば対応は出来るのでコストばかりかかる不要な人材という事にはなりませんが、あくまでも余剰分があれば仕事を渡すような方になってしまいます。

常に余剰分があればそれなりに稼働するとは思いますが、いつも余剰分がある訳でもないので会待機となる時が多いかと思います。

待機している時も自ら仕事を探す等の意欲的な動きはしないので、働けるのに働いていないという非常に勿体ない状況になっている訳です。

逆の立場でよく働いている人からすると普段あまり働いていない空気扱いされている人が時々業務に参画してくると従来のサイクルが崩れてしまって仕事がやりにくくなるという事もあります。

これは作業効率の観点からあまりよろしくないのですが、やはり職場で働いていない人を許容するような業務サイクルを作ってしまう事は正しくないと思います。

職場もその人を空気扱いしてしまうと損なのではないですか。

仕事に対してやる気人も空気扱いの人待機時間にはコストはかかりますので、職場しいては会社としては結果的に損をしている事になるのです。

やはりきちんとバランスを取って待機時間を可能な限りゼロに近づけるように仕事を割り振るようにしないと空気扱いされている方も職場も損をしている事になります。

そこで空気扱いされている本人の意識を変えていく必要もあります、これには周囲からの働きかけが重要ですが他人の意識改革は非常に難しい事です。

今まで本人としてはあまり負担にならないレベルでの作業をこなして思い作業負荷は受けずに楽に過ごしていた職場なのに、いきなり忙しい職場に変わってしまう事は本人としても気分良く仕事に取り組む気はなかなか出てきません。

こういった働きかけは短期間ですぐに効果がある方法はありません、周囲が粘り強く今の仕事は重要な意味を持っているので責任感を持って対応するようにフォローしていく事が大切です。

空気扱いではなく、あなたも職場で役に立っているという意識を持ってもらいましょう。

他人からその人の意識を変えるのは難しい事は前述しましたが、その人に仕事の処理能力が適切なレベルにあるのなら、その仕事は大切なものであると説明を加えて割り振るようにすれば空気扱いされている方の意識も徐々に変わってくるかと思います。

そもそも自分が職場で空気扱いされていると感じている方は自分自身にあまり価値は無いのではという感覚があると思います。

その意識を変えてもらう為にはいつも余剰業務の振り先としての扱いではなく、きちんと作業の目的とその重要性を説明する事を続けていけば空気扱いされる方の意識改革はそれほど難しい事ではないように思います。

周囲の協力も不可欠ですが、目的意識と作業内容の正しい理解をしてもらって空気扱いからきちんとした職場の戦力になってもらって、楽しく協業できるようにしていければ良いですね。

 - 仕事に関する雑学