キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

定年後に趣味と実益を兼ねた事がしたい!?待ち受ける落とし穴とは

2017.6.6

定年後に趣味と実益を兼ねて何かがしたい、稼ぎたいと考える人達はとても多いです。

今まで仕事や家事・育児などでがむしゃらに頑張ってきたけれど気付けば人生も中盤をとうに過ぎてしまっていたという人は、第二の人生を楽しく充実していくために、趣味と実益を兼ねる事に挑戦していきたいと思うものです。

ですが趣味と実益を兼ねるにしても注意していないと落とし穴が待ち受けている事もありますから注意しなければなりません。

定年後に趣味と実益を兼ねて行えるものはよく吟味しよう

定年になってすぐの頃は退職金が入ったり、保険を解約したお金が入ったりなど、割と懐事情が潤っている人も多いです。そして、会社を定年退職したのを皮切りに、趣味と実益を兼ねた事を行いたくなる人もたくさんいます。長年憧れてきた農業を行い始める人もいれば、蕎麦打ちを始める人、釣りを始める人や株などの投資を始める人など、選択肢は人それぞれです。

しかし趣味と実益を兼ねて自分の興味がある事柄に手を出すにしても、老後の資金を脅かすような事に手を付けたらいけませんし、趣味と実益を兼ねてお金を稼ぎたいと考える人は隙が生じるので思わぬ詐欺に引っかからないとも限りません。

定年後に趣味と実益を兼ねて何かをしたいと思った場合には、自分がそれのために使う資金はいくらまでと決めたりして、あまり入れ込まないように気を付けておく事も大切です。

定年後に趣味と実益を兼ねる場合はリスクが低いものを選択

上の方で書いた事と少々似たようなお話になってしまいますが、定年後に趣味と実益を兼ねて何かをするのであれば、リスクが低いと思える事を選択するべきでしょう。老後に生きていくための資金の準備などがきちんとできている場合、それを更に増やそうと頑張りすぎてはいけません。むしろ今まで蓄えてきた資産をどのように守っていくかの方が稼ぐ算段より重要なのです。

そのため、定年後に趣味と実益を兼ねて何かをする場合には、投資しすぎない・欲張らない・良く考える・出来ればお金をかけないといった事を徹底するようにしましょう。若い頃と違い、失敗してもすぐにどこかに就職して挽回できるというわけではありませんので、あくまでも趣味の範疇を超えない程度に計画する事が大切と言えます。

老後の楽しみに家庭菜園などならともかくとして、趣味と実益をマッチングさせるのは意外と簡単なようで難しいようです。

定年後の趣味と実益を兼ねる事が出来ると生きがいにつながる

定年後は今まで仕事をしていた時間が自分の自由になりますので、人によってはいきなり退屈になってしまう事があります。趣味と実益が兼ねられるものを早めに見つける事が出来れば、定年後の生きがいに大きく貢献してくれます。

今まで貯めた老後のための資金を守りつつ、年金を受給しながら暮らし、趣味と実益を兼ねたもので少しでも生活費の足しにできればモチベーションもアップします。日がな一日テレビを観ていたり、散歩しかする事が無い人と比べれば遥かに幸せそうに思えますよね。

いらぬリスクは避け、自分が楽しみながら実践していける実益も兼ねられる趣味を見つけるために、毎日アグレッシブに生きていけば定年後も多くの楽しみと、それつながりの人脈が新たに広がっていく事が期待できます。出来れば家の中だけで行う事だけでなく、家の外に出かける用事を作る事が出来るものも探してみると良いでしょう。

リスクについて考えないと落とし穴がある事も

定年後はリスクについて考えながら自制しないと、思わぬ落とし穴にハマる事もあります。特に定年退職した際の退職金で投資を行う事に楽しさを見出すタイプの人は要注意です。残念ながら若い頃のように無茶は出来ませんので、大失敗して多くを失っても平気というわけにはいきません。

定年後に趣味と実益を兼ねて何かをするのであれば、老後の資金に支障が出ない範囲で金額を決め、綿密に計画を立てた上でリスクが少ない方法を行うようにしましょう。また、趣味と実益を兼ねる方法は色々ありますが、趣味に没頭しすぎて過剰に投資してしまい、もとが取れなくなってしまう人もしばしば見られますので、時には冷静になって自分のしている事を振り返ってみる事が大切です。

趣味と実益を兼ねて何かをする際には、金銭欲が強すぎると思わぬ失敗をしてしまう事があります。あくまで趣味の範疇を超えず、実益が出ればラッキー位に考えておくのが望ましいでしょう。

無理の無いペースで楽しめる事が大事

定年後は趣味と実益を兼ねた事を探して実践するのが楽しくて仕方ないという人も多く見られます。いくら趣味と実益を兼ねる事ができると言っても、精神的にも肉体的にもゆとりがある老後を過ごすためにはペース配分も大切です。自分にとって無理が無く、他の生活に支障が出ない程度に楽しんで行っていくのがベストと言えるでしょう。

趣味と実益に金銭が絡む場合は、より多く儲けたいという概念を捨て去った方が、思わぬ詐欺や落とし穴に引っかかりにくくなります。逆に老後の資金が乏しいから趣味と実益を兼ねた事で儲けたいというのであれば、しっかりとリスクについて考え、先の見通しを立てた上で臨むのが望ましいと言えるでしょう。

金銭的にも気持ち的にもゆとりがある老後を過ごすために、何を目的としているのかをはっきりと明確にしておくことが大切なのです。

 - 仕事に関する雑学