キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

アルバイト先から電話がかかってこない!モヤモヤ期間の対処法

2017.3.6

何か新しいことを始めるときは誰だって緊張するもの。それがアルバイトであっても例外ではありません。

気になる仕事を見つけていざ応募!ほとんどの場合一度連絡をして折り返しの連絡を持ってから面接に進んだり、合否の結果を電話で知らされたりします。

やるとなったら早く始めたいものの、いつまで経っても電話がかかってこない!そんな待っているモヤモヤ期間中はどうしているのが正解なのでしょうか。

やっと見つけた希望のアルバイトなのに電話がかかってこない、これって普通のこと?

100%面接に受かるなんて保証はないけど、それでも応募するアルバイトは吟味しますよね。

労働時間や福利厚生、髪型・ピアスといった身だしなみの規定や職場の雰囲気がわかるプロフィールムービー。何度も何度も求人ページを見てやっとここにしよう!と決めて応募をしたのに、向こうからの連絡はなく何も進まない。そんな思いをしたことのある人は多いはず。

働き手が欲しくて募集をかけているはずなのに一体どういうこと?となりますが、会社によって採用にどの程度力を入れているかは当然ながら全く違います。

その求人を知ったきっかけはなんだったでしょうか。

  • 求人サイトに掲載されていた。
  • その会社のホームページに載っていた。
  • その店舗や会社に張り出されているのを見た。
  • 働いている人からの紹介。

多くがこれらに分類されるかと思いますが、まず働いている人からの紹介であれば面接・採用までの流れは比較的スムーズなはず。紹介した側としても適当には扱えませんし、会社からすれば知り合いがいることで馴染みやすく、急に辞めたりする可能性も低いと考えるからです。

“アルバイト”“求人”といったキーワードで検索をかければCMでもよく見るような王手求人サイトがいくつか表示されますが、あれらは全てを無料で利用できるわけではありません。

料金の発生するタイミングは求人サイトによって異なりますが、検索結果の上位に表示するようにすればするほど、一度の画面に載る範囲を大きくすればするほど数万円単位で上がっていくのが一般的です。

それだけの費用をかけているということはそれだけ採用に積極的であるという証拠。自社のホームページや店舗の張り紙は費用も安く済み、なおかつ終了していてもそのまま更新されずに放置してあるパターンも考えられます。

確実且つスムーズにアルバイトをはじめたいのであれば、まずは大手の求人サイトから探してみることをおすすめします。

電話がかかってこないのにひたすら待つ時間はムダ!次のアルバイトに見切りをつける目安

どんなにやりたいアルバイトだったとしても、連絡がこないのにいつまでも待ち続けるのはおすすめしません。連絡を待って何もアクションを起こせない日々が、とてもムダな時間に感じてしまいませんか?

どこかで「次を探そう」と見切りをつけることが大切ですが、そのタイミングもなかなか難しいもの。折り返し連絡をしますと言われれば大抵数日を想定しますが、一週間経っても音沙汰がない場合は諦めた方が良さそうです。

でも他のアルバイトが決まったタイミングで、もしこの先電話がきたら?あらかじめ選考に時間がかかると言われていたわけでなければ、一週間以上経ってかかってきた電話をお断りしても失礼には感じられません。

そもそも連絡をするといってしてこないわけですから、働き出してもいろいろと適当なことが多い会社かもしれませんね。

自分の経験ですが、高校生で初めてアルバイトを始めようと思って電話したのが駅近の飲食店でした。後日すぐに面接の日程が組まれ、3日以内に合否の電話をしますと言われたもののいつまで経っても着信はなく。

一週間待ってこちらから電話をしましたが「今日担当者が休みだから○日に電話する」とのことで、さらに待つこと数日。

その日になっても結局連絡はなく、面接からは二週間くらい経ってました。せっかくやる気になって部活の日程などの調整もしていたので、その計画も崩れてショックでした。

面接してくれた人も感じの良い店長だったので残念でしたが、数ヶ月後にそのお店は閉店していたので採用されなくて良かったかもしれません・・・。

アルバイト先からかかってこない間も無駄にしない!電話は練習あるのみ

相手の顔が見えない分、相手の印象を決めるのは話し方と声です。丁寧な言葉遣いであっても電話向きの発生でなければ勿体無い!

普段の話し方と変えられようにしておけば、面接や今後のビジネスシーンでも役に立ちます。これは文章を読んですぐに変われるわけではないので今から練習しておきましょう。

地声よりも高い声で話す

はっきりと聞こえるように話すためには、普段話している声よりもワントーン高い声を出すつもりで話すとハキハキとした印象を受けます。

そのため緊張しすぎると声が裏返ってしまう人もいますが、そこまで高くしすぎる必要はありませんよ。

笑顔で話す

顔が見えないのになぜ?そう思うかもしれませんが、無表情のまま話すのと笑顔の状態で話すのとでは驚く程声の調子が変わります。

緊張した状態で電話をかけるのに笑顔になんてなれない!もちろん自然な笑顔が出るまで待って電話をかけろというわけではありません。口角を上げて、無理やり笑顔の表情を作った状態でも効果があります。

早口にならないように気をつける

緊張すると噛みやすくなりますが、早口になって噛んでしまうとなかなか元に戻すのが難しくなってしまいます。

ゆっくりゆっくりと意識して話していけば噛んでしまうリスクも低くなりますし、相手にも聞き取りやすくなります。

もしかしら印象が悪かったのかも・・・気を付けたい電話口でのやりとり

ネットから応募をして折り返しの連絡を待ち、そこから面接の日程を決めるということもできますが、早く進めたいのであれば初めから電話で応募をするほうがおすすめです。

電話は緊張するからしたくない、と思っていても結局いつかは電話しないといけなくなりますから、それなら早いほうがいいですよね。

電話は相手の顔が見えない分、自分の言っていることをそのまま相手に伝えることが難しいもの。そんなつもりじゃなくても怒っているように聞こえたり、声が小さくて自信がなさそうな人物像をイメージされたり。

きちんとした正解はありませんが、ちょっとしたことを意識するだけで電話の印象はぐっと良くなります。

声の大きさに気をつける

直接会って会話するよりも電話の声は聞き取りづらく、何度も聞き返しながら会話を進めていくのはストレスです。

でかければ良いというわけではありませんが、電話する前に一度声出しをして調子を整えましょう。誰かに手伝ってもらい、電話口で聞こえる声の大きさにアドバイスをもらうのも有効です。

電話口に近すぎる距離で大きな声を出すと音が割れたり声がこもって聞き取りづらくなるので、注意してください。

失礼します、という締めの一言を忘れない

どんなに感じの良い話し方をしても、最後にブチッと電話を切るのは絶対にやってはいけません。それだけで台無しになってしまいますし、常識がないと思われても仕方がありません。

すべての要件が終わり、ではよろしくお願いします。という流れになったら「失礼します」「失礼いたします」と一言添えてから切ります。

本来であれば要件を伝えた側・用事があって電話をかけた側が先に言うものではありますが、そこまで深く考えなくてもいいでしょう。

今のうちから考えておこう、アルバイトを始めるにあたっての心構え

アルバイトは何かと軽く扱われることも多いのが現実で、会社によってはいくらでも代わりはいる。というようなスタンスも多々見受けられます。

労働者の権利として会社の福利厚生や有給休暇、保険の加入などがありますが、求人の段階でこれらが開示されていないのであれば面接できちんと確認しておきましょう。まだ採用も決まっていないのに細々と聞くのは恥ずかしい、と思わず気になることはどんどん質問していくべきです。

これが就職活動になれば、逆に質問を考えなければ!とみんな躍起になりますからその練習だと思いましょう。

給料も求人サイトに書いてあった額より低い額でスタートすることが多く、それが研修期間の扱いだとしたらいつから給料が上がるのか。初期費用は実費なのか給料から天引きなのか会社負担なのか、お金にかかわる部分も疑問点はすべて働く前になくしておきましょう。

また面接の段階でどのくらいの日数勤務できるのかと聞かれて、採用してもらうために希望よりも多く言ってしまう人もいますが、それは後々自分の首を絞めることになるので見栄を張らず正直に答えた方が良さそうです。

これも給料と同じで、求人では週1からと書いてあったのに、実際は土日も含まなければいけないというケースも。応募してもらうために良く思われたいというのは会社側も同じなんですね。

この記事のまとめ

  • 見切りをつける目処は一週間。
  • 声のトーンや話す速度、表情を意識する。
  • 気になる箇所は事前にきちんと聞いておく。
  • 電話がかかってこなくてもへこまない!

手応えのあった面接の後やうまくできたと思った電話応対のあとで、折り返しの連絡がパタリとこなくなったらちょっとへこみますよね。でもアルバイトなんてそんなもの!たまたま運が悪かった!と前向きに考えてどんどん応募してみましょう。

ビジネスにおいて電話応対は必須ですし、練習台にしてやるというくらいの気持ちでいられるといいですね。

 - 仕事に関する雑学