気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

一人称が名前の女性は自己主張が強い?一人称名前の女性の性格と心理

   

一人称が名前の女性は自己主張が強い?一人称名前の女性の性格と心理

「〇〇ちゃんはね〜」と幼い子供の一人称が自分の名前というのはよくある事です。しかし、年齢が上がるにつれ、名前で呼ぶ子は少なくなっています。しかし、成人しても一人称が名前の女性が一定数います。

彼女たちは何故一人称を自分の名前のするのでしょうか?

彼女たちの性格の共通点は?

一人称が名前の女性の性格や心理についてご説明いたします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

貯金が趣味の人はつまらない性格の人が多い理由と楽しむ方法

趣味が貯金だというひともいますが、お金を使うことによっていろ...

ブドウ糖の点滴は、太る?ブドウ糖の成分と注意点について解説

体重制限をしている方や糖分などを気にしている方にとって、ブド...

トランサミンとは何か?副作用で動悸などが起きた場合の対処法

トラネキサム酸を主成分とした「トランサミン」は、止血効果や炎...

ディーラーの営業マンを変更する時に気をつけたいポイント

車を購入する時にディーラーの営業マンによってはいろいろとお世...

耳が痛い!外側が痛い原因は?何の病気?対処法教えます

耳の外側に痛みがあるのは、心配で不安になりますよね。 ...

一人暮らしが初めてのアラサーへ 失敗しない注意ポイントを解説!

アラサーになるまで実家で甘えていたいけど、家をでてみたいと考...

大学生が一人暮らしでつらいと感じる瞬間とその対策をご紹介

地方から大学に通うために引っ越しをしてきた時に、一...

財布を落とした時のお礼の仕方と、やってはいけない行動

自分が財布を落としてしまった時には、目の前が真っ白...

国会議員の給料は高すぎると感じる理由を解説

国民として国会議員に対する期待は大きいですが、こと...

高3の夏休みに遊びたいなら 把握すべきは自分の○○だった!

高3の夏休みといえば、まさに受験前の貴重な時間です...

公務員になりたいのに勉強がつらい!気持ちを切り替える方法をご紹介

公務員になるために勉強を必死で頑張っているのに、だ...

会社をバックレてしまったときに離職票をもらうための方法

精神的に追い込まれてしまうと、会社をバックレてもいいと思って...

妊娠5ヶ月のお腹の状態と苦しい時の対処法

妊娠5ヶ月になると安定期に入ってきますが、お腹が苦しいので辛...

母が病気になり辛い気持ちで一杯… そんな気持ちの整理の仕方

元気だった母が病気になる、また亡くなる可能性もあるとなると辛...

友達依存をやめたい!自分でできる自分の変え方とは

友達に依存していると自分でも分かっているので、やめたいと思っ...

友達から出産報告がない?祝福したいのに連絡をくれない心理とは

友達との関係性は何かあった時によくわかりますが、妊娠をしたこ...

離乳食、納豆はそのまま使ってOK?加熱の必要性とお勧め活用法

赤ちゃんの離乳食を作るとき、初めの頃は〈生もの厳禁...

料理が下手な嫁に悩んでいるあなたへの解決法!

何を作っても料理が下手なのにその事を嫁に言えずに悩んでいます...

車のテレビが映りにくい!できるだけ電波良くする方法とは

車の中にテレビが搭載されていると何かと便利ですが、...

住所と電話番号を使って調べる方法とは?個人宅まで他人に丸裸に!

個人宅を調べる方法はいろいろありますが、自分で住所...

スポンサーリンク


成人女性が一人称で自分の名前を呼ぶ割合

時々、一人称が自分の名前の人がいますよね。もちろん小さい子にとってそれが当たり前ですが、年齢が経てば一人称は「私」「あたし」等々の一人称を使う人が増えます。

さて成人しても一人称に名前を呼んでいる人がいます。

どのくらいの割合がと思いますか?

20〜60代女性の平均は、12.3%になります。

世代ごとに見ていくと、20代女性は15.3%いるそうです。そして意外な事に30代女性の方が20代の女性よりも一人称で自分を呼ぶ割合は高く、21.3%となっています。

40代女性になるとぐっと下がって10.7%になります。

ここで分かる事は、一定年齢を超えた人は突然一人称が変わるという事はそうそうありません。という事は年齢によって一人称が変わるというよりも、特定の世代が一人称で自分を呼ぶのが流行ったのかもしれません。また各世代に“一人称名前”の傾向がそれぞれあるのかもしれません。

この割合だと同じ会社で一人称名前の女性がいるのではありませんか?一度よく注意してみてください。

一人称の名前で呼ぶ女性のイメージは?

自分の事を名前で呼ぶ女性の事を他の人はどう感じるでしょうか?

あくまでもイメージですが、「わがまま」「自己中心的」「かまってちゃん」というような印象を受けます。

幼い子供が自分の事を「〇〇ちゃん」と呼ぶのは、親が自分の事をそう呼ぶから、自分を指す言葉として採用しています。つまり自分=〇〇ちゃんであるという認識が成り立ったばかりだからです。しかしおおくの人は、成長するにしたがって、自分の一人称を変化させます。それは自分を名前で呼ぶのは子供っぽいからと感じるからです。

自分を名前呼びする人は、その成長過程をすっ飛ばした印象があり、そのためその人本人の性格に関係なく精神的に幼いのでは?と思われつぃまうのです。そこから「わがまま」「自己中心的」「かまってちゃん」という印象が生まれてしまのかもしれません。

子供だと可愛く感じる自分名前を一人称にする呼び方も、成人女性がやるとどうも違和感を覚えてしまうのです。

一人称を自分で名前呼びする女性の共通点とは?

自分のことをどう呼ばせるかは、家庭のしつけの問題だと思います。親がそれでいいというならば、問題はありません。しかし、成人した女性が、自分の事を幼い子供と同様に一人称が名前というのは、何となく違和感を覚えるはずです。つまり、「周囲からどう見られるか」という視点に無頓着なのかもしれません。

下手をすると、前述したように悪いイメージが付きまとってしまいます。恐らく、損はあれども得はないと思います。

これも印象論になってしまいますが、学校でも自分のことを自分で呼ぶ生徒に共通することは、 感情のコントロールが上手でなかったり、すぐ楽な方を選んでしまう傾向があります。自己主張が強いなど小さい子の特徴を備えている事が多いです。

一言で言えば、「精神的に幼い」ということです。

子供の頃に自分の事をどう呼ばせるか、また家族をどう呼ばせるかというのは結構重要です。というのも、その呼び方で子供にインプットされてしまった後の修正はかなり面倒です。

例えば、おじいちゃんやおばあちゃんを「じいじ」「ばあば」と小さい子供が呼ぶ姿は可愛いですが、これが成人を迎えた女性がそのまま使ってしまっているのを見ると、やはり違和感がありますよね。

自分の名前を一人称に使う女性は自己主張が強いかも…

もし一人称が名前呼びというのが、その人の小さな頃からの習慣でそのまま成人しても変わらなかったとしたら、やはり精神的に幼いという印象を受けます。

日本語の一人称は豊富ですが、共通語として女性が使う一人称は公的には「私」、プライベートでは「あたし」でないかと思います。一人一人の名前や顔や性格は違うのに、自分のことを言うときは皆が「わたし」と言う。そこの違和感を感じて、他の人との差別化を意図して、一人称が名前呼びという人もいると思います。

これはこれで何となく性格的に癖がありそうな気がしませんか?

もちろん日本人はどちらかというと個より集団を取るタイプですし、まして女性はその傾向が顕著です。しかしその中でも敢えて、自分の名前を一人称に使うというのは、結構自己主張が強いのでは?という気がします。あくまでも推測ではありますが…。

あなたの近くにいる一人称が名前の女性はどうですか?割と自己主張は強くありませんか?

男性と女性の一人称の比較

またこういう考え方もできます。

男性では自分の名前を一人称に使う成人の人はいませんよね。

ある程度の年になれば、男性はだいたい友達や家族と話すときは、「僕」か「俺」と言うのが一般的です。

大人になると友達との会話でも「私」という人もいますが、親しい友人にはやはり「僕」か「俺」と言うのが一般的です。 つまり、男性にとっては改まった場で言う「私」という言い方と、プライベートな場で言う「僕」か「俺」という言い方の3通りの一人称があることになります。

しかし、それに比べて女性の一人称はしかし、基本的に「私」、精々プライベートで似たような音である「あたし」になります。西日本での言い方ですが、女性は自分のことを「うち」と言って事もありますが、男性に比べて圧倒的に一人称が少ないと言えます。「私」と改まりすぎていると感じる人はそれを回避するために、もしかしたら、自分の名前を一人称として採用しているのかもしれません。

関連記事はこちら

貯金が趣味の人はつまらない性格の人が多い理由と楽しむ方法

趣味が貯金だというひともいますが、お金を使うことによっていろ...

ブドウ糖の点滴は、太る?ブドウ糖の成分と注意点について解説

体重制限をしている方や糖分などを気にしている方にとって、ブド...

トランサミンとは何か?副作用で動悸などが起きた場合の対処法

トラネキサム酸を主成分とした「トランサミン」は、止血効果や炎...

ディーラーの営業マンを変更する時に気をつけたいポイント

車を購入する時にディーラーの営業マンによってはいろいろとお世...

耳が痛い!外側が痛い原因は?何の病気?対処法教えます

耳の外側に痛みがあるのは、心配で不安になりますよね。 ...

一人暮らしが初めてのアラサーへ 失敗しない注意ポイントを解説!

アラサーになるまで実家で甘えていたいけど、家をでてみたいと考...

大学生が一人暮らしでつらいと感じる瞬間とその対策をご紹介

地方から大学に通うために引っ越しをしてきた時に、一...

財布を落とした時のお礼の仕方と、やってはいけない行動

自分が財布を落としてしまった時には、目の前が真っ白...

国会議員の給料は高すぎると感じる理由を解説

国民として国会議員に対する期待は大きいですが、こと...

高3の夏休みに遊びたいなら 把握すべきは自分の○○だった!

高3の夏休みといえば、まさに受験前の貴重な時間です...

公務員になりたいのに勉強がつらい!気持ちを切り替える方法をご紹介

公務員になるために勉強を必死で頑張っているのに、だ...

会社をバックレてしまったときに離職票をもらうための方法

精神的に追い込まれてしまうと、会社をバックレてもいいと思って...

妊娠5ヶ月のお腹の状態と苦しい時の対処法

妊娠5ヶ月になると安定期に入ってきますが、お腹が苦しいので辛...

母が病気になり辛い気持ちで一杯… そんな気持ちの整理の仕方

元気だった母が病気になる、また亡くなる可能性もあるとなると辛...

友達依存をやめたい!自分でできる自分の変え方とは

友達に依存していると自分でも分かっているので、やめたいと思っ...

友達から出産報告がない?祝福したいのに連絡をくれない心理とは

友達との関係性は何かあった時によくわかりますが、妊娠をしたこ...

離乳食、納豆はそのまま使ってOK?加熱の必要性とお勧め活用法

赤ちゃんの離乳食を作るとき、初めの頃は〈生もの厳禁...

料理が下手な嫁に悩んでいるあなたへの解決法!

何を作っても料理が下手なのにその事を嫁に言えずに悩んでいます...

車のテレビが映りにくい!できるだけ電波良くする方法とは

車の中にテレビが搭載されていると何かと便利ですが、...

住所と電話番号を使って調べる方法とは?個人宅まで他人に丸裸に!

個人宅を調べる方法はいろいろありますが、自分で住所...

 - コミュニケーションに関する雑学

ページ
上部へ