気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

公務員と民間の併願はあり?効率的なスケジュールの立て方

2017.2.20

公務員と民間企業を併願する人にとって、民間企業の選考開始時期がズレた事により、併願希望者にとって、中々厳しい状況になりました。

どちらかにすべきなのか悩んでいる方へ、併願できるスケジュールの立て方についてご説明いたします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

風邪で発熱、38度を超えたら?会社を休まずに出来る自分ケア

風邪で発熱して38度になったら、できれば会社を休みたい、いや休むべきですが、状況がそれを許さないとい...

《未来は変えられる》34歳のフリーター、就職に必要なこと

非正規雇用という働き方が珍しくもない現代において、フリーターのまま年を重ねていくことに徐々に不安を感...

育休を取ったけど、仕事復帰しないで退職。問題ない?

待望の赤ちゃん。 でも、今まで仕事も頑張ってきたから、妊娠者出産が理由で会社を辞めたくない。 ...

統合失調症で仕事を辞めたいと考えた時に…

統合失調症で仕事を続けるのがつらい、辞めたいと考えた時、まずすぐに決断するのは辞めましょう。 ...

パートとして就職する際には健康診断書が必要になります

意外と知られていないことですが、パートとして就職する際には正社員として就職する場合と同じく健康診断書...

主婦の内職で、お小遣いが稼げる安全で楽しい仕事はこれ!

家に目が離せない小さい子供がいたり、病気の家族や弱ったお年寄りがいたり、自営業で電話番が必要だったり...

人生の失敗談や目標を聞かれたら… ESの効果的な書き方とは!

ES(エントリーシート)の設問によく挙がるのが「人生の失敗談」や「今後の目標」といったものです。しか...

仕事が憂鬱な人必見!上司のきつい言動を回避する方法

仕事は大変なもの。 理解していますが、それでも上司がきつい人が来るとその苦労は倍増します。 ...

バイト先で挨拶をしたのに無視された! 理由別の解決方法!

バイト先や職場で、挨拶をしたのに無視をされてしまうことに悩んでいませんか?それはとても辛いことですよ...

オフィスが寒い、でも上着を着るのはアリ?すぐ使える冬の防寒対策

職場の環境、それは人間関係や仕事量だけの話ではありません。いかに気持ち良く仕事ができるか、それはオフ...

臨床検査技師が大学病院の就職試験を受験する際の志望動機例

医師が病院に入ろうとしたら就職試験を受験することになります。 そして、そこでは志望動機を聞かれ...

仕事でクビを覚悟するような大失敗の対処方法

どんなに真面目に仕事をしていても、仕事に失敗はつきものです。 取り返しのつく失敗ならば、ひたす...

利益を計算するためには原価計算をお忘れなく!

商売の基本は利益です。 これがなければ企業は存続することはできません。 そのため多くの企...

公務員になりたいのに勉強がつらい!気持ちを切り替える方法をご紹介

公務員になるために勉強を必死で頑張っているのに、だんだんと勉強がつらいと感じるようになるこ...

バイトを辞めるのが正解?迷惑をかけている罪悪感に悩むあなたへ

念願の初バイト、ずっとやってみたかった・働いてみたかった場所の店員になれた! しかしどきどきの...

スポンサーリンク

公務員と民間企業のスケジュール

公務員試験はおおよそ5月〜6月ぐらいに集中しています。さて今までの学生であれば、民間企業の選考開始が8月でしたので、併願は問題ありませんでした。しかし、2017年や2018年卒業の学生にとって選考開始が6月になり、被ってしまったのです。

選考開始というのは、それ以前に準備をしなくてはいけません。また公務員試験も試験勉強が必要です。つまり、二つを同時並行に熟さなくてはいけません。そうすると厳しいですよね。中には諦めてどっちかに絞ろうと考えるかもしれません。

よく「二兎追うものは一兎も得ず」と言いますが、どっちの共倒れになるリスクは負いたくないのは事実です。

でも考え方を変えてみましょう。本当に二兎なのでしょうか?どっちとも就職するというたった一つの目的に対して、ルートが違うだけです。つまりもともと追いかけているのは一兎だけです。

また、社会人になれば、到底無理と思われる事を同時並行でしなければいけない事もあります。どうすれば、そういった事がこなせるのかをここで練習しましょう。

公務員と民間企業の併願に必要なモノ

公務員と民間企業の併願に必要なのは「効率的なスケジュール」です。

スケジュールの立て方はとても簡単です。その前によくある間違いについてご説明いたします。間違ったスケジュールというのは、必ず頭から作成します。大体自分で1日に出来る量を計算して割り振りしていくでしょう。しかし何かしら予定外の出来事が起こり、結果どんどんスケジュールは伸びていきます。そして、最後でつじつまを合わせるために、やたらタイトなスケジュールになるのです。

効率的なスケジュールは、まずお尻を決めてそこから考えます。民間企業の場合は6月1日、公務員試験の場合はその日程に合わせます。また、企業説明会などは6月以前に行われる事が多いのでそれも織り込んでおいてください。

出来れば1年ぐらいのスパンを考えると無理なく、スケジュールをこなせるでしょう。

4年生になって始めるからあわてるのです。出来れば3年生の冬辺りから準備を始めていきましょう。

民間企業への就活に必要な準備

まずはどの業界のどの企業を志望するか検討しましょう。就活で失敗するのが、やたら条件や会社の名前などだけで判断してしまうからです。

もちろん会社の条件も大切です。これは毎日務める会社なので、変に妥協すると勤められなくなります。ただし、ここは妥協しても、こっちの条件が合えば問題ないというように、どこかで折り合いをつけるようにしましょう。

次に、何故その業界を選んだか、そしてどうしてこの企業にしたかをきちんと考えましょう。何故ならエントリーシートでも、面接でも必要になるからです。ネットを探せば必ず例文は落ちていますが、企業側も同じような文章をたくさん目にしています。出来れば自分の言葉で語れるようにしましょう。

もちろん企業は一つにする必要はありませんし、別業界でもかまいません。ただ志望する業界や企業についてきちんと調べる必要があります。合わせて新聞を読む習慣を付けましょう。いわゆる時事の確認です。

またSPIの問題集もやる必要があります。

公務員試験に必要な準備

民間企業よりも公務員試験の方が準備はしやすいです。皆さんは大学入試の時のすでにある程度している事です。ただこれもやはり自分が志望する公務員の種類によって、問題にもかなり差があります。

まずは志望する公務員試験を決定します。そして、その過去問をやりましょう。とにかく過去問は出来るだけ解くことをオススメします。試験問題というのは傾向がありますから、過去問をやる事で、問題のクセをつかみやすくなります。

ただし自分で判らない所があったり、只管過去問をするというのが苦手という人は、公務員試験の専門講座などを利用してもいいと思います。

後民間企業と違うところは論文を求められることがあります。そのため論文の練習も必要です。時事に関しては民間企業と同様に必要となる部分です。新聞を読む習慣と合わせて、時事問題の参考書など読んでみると、ここ数年の社会の動きが判って逆に面白く感じられるかもしれません。

長期間のスケジュールをこなすのは、楽しみを見つける事が重要です。

公務員と民間の併願を成功させるためのスケージュール

大学3年生から準備を始めます。出来れば年内に志望する公務員や、企業、業界についてある程度選考します。またネットでもOKなので、新聞社が提供するニュースを見る習慣を開始。日経新聞を読んでいればさらにベターです。合わせて時事に関する参考書など空き時間を見つけてみましょう。

年が明けたら、志望する企業や業界の調査を開始しましょう。選考時期も確認してください。この頃から、志望する公務員試験の勉強を開始します。模試があればぜひ受験してみましょう。エントリーシートなども作成を開始します。

大学4年生になると、卒論のテーマ決定などで大学も忙しくなりますが、基本通学日が減りますので、その間も公務員試験の過去問を続けましょう。またSPIなどもやり始めてください。こちらはある程度傾向を掴んで点数が取られれば、結構です。

5月になると、公務員試験の申込が始まり、企業説明会も始まります。勉強に時間を割くのが難しくなりますので、うまく時間を使いこなしてください。

6月は公務員試験の本番です。ただ企業の選考も開始されますので、かなり忙しくなります。試験が終わったら、一息つく前に今度は面接の準備をしましょう。7月になると企業の面接がどんどん増えます。

中々大変な時期ですが、時間を上手く使いこなして頑張ってください。

 - 仕事に関する雑学