キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

先輩が引退!泣く人と泣かない人、どっちが普通?

2017.2.18

先輩が引退するとなると、引退式で泣く人もいれば、泣かない人もいます。

また泣いちゃいそうだけど、泣きたくないと思っている人もいます。

先輩が引退するのであれば、寂しい、哀しいと感じていても、皆の前でどう振舞うべきか悩んでいる人、どうか参考にしてください。

先輩が引退!泣く人の場合

中学生にしろ、高校生にしろ、1年間もしくは2年間一緒に部活をした先輩が引退するとなると寂しい、哀しいと感じると思います。

考えてみれば、たった自分と1年もしくは2年しか年上でしかない先輩ですが、困った時には頼りになり、優しく色々教えてくれた先輩ともう毎日顔を合わすことがないとなると、その気持ちが溢れてしまう事もあると思います。

泣くと格好悪いと思っている人!そんな事気にしなくて大丈夫です。

多くの場合、「泣くほど自分と別れる事を惜しんでくれている」事に感動してくれる先輩が多いはずです。ただし、あんまり一人で号泣してしまうと、逆に回りが冷静になってしまって、一人だけ泣いてしまうという状況が発生してしまう事はありますが…。

とはいえ、そこは心に従いましょう。泣きたい時に涙をこらえてなくてはいけない時は、人生に何度もありますが、少なくともこの場合は該当しません。どうしても涙がでてしまうのであれば、それはそのまま泣いたって全く問題ありません。

先輩の引退に泣きたくても泣けない人の場合

心の中では、先輩が引退して寂しい、哀しいという気持ちが一杯なのに、なぜか泣きたくても泣けない人もいます。

そうすると「私って冷たいのかな?」とか自己嫌悪してしまう事もありますが、そんな事はありません。感情表現というのは得意な人もいれば、不得意な人もいます。不得意だからと言って全然感情がない訳でも冷たい訳でもないのです。

感情を出すのが不得意と言うと、どうもいつも無表情な人が浮かびますけどそうではありません。何となく自分の中に冷静な部分があって、感情的に泣くというのが苦手なのです。

泣くというのは結構感情的な行為です。その感情が溢れる前に少々自分を客観的に見てしまうのかもしれません。そのため、変に冷静な部分が残って、泣くまでの感情の昂ぶりが至らないだけです。

それは人間的な欠点ではありません。また自分を客観的にみられるというのは多くの点で利点があります。

だから先輩が引退するなどで、みなと違って泣けないとしても、それは人として劣っている事ではありませんので、安心してください。

先輩の引退に泣く事が当然な人に、泣かない事を責められた!

時として、「泣くことが正義」みたいな雰囲気が出来上がる時もあります。過半数を超える人が泣く時は、泣かない人は少数派になります。そうすると、「あの子何で泣かないの?」「冷たくない?」「先輩の引退が哀しくないの?」なんて、意味の無い中傷をされる事があります。

言っている人も多くの場合悪気はないのです。寂しい、哀しいから泣くのは当然という認識があるため、泣かない=寂しくない、哀しくないと単純化して考えているだけです。

「泣かないからとって、寂しくない、哀しくない訳ではない」と反論すしてもいいのですが、割と物事を単純化して考えるタイプの人が相手だと、自分の常識を疑われると余計感情的になってしまいます。

ならば「私も泣きそうだったよ〜。だけど頑張って堪えたんだ。」とか「ちょっと涙ぐんだけど、泣くまでは行かなかった。」というように少し泣く事があったようなアピールして、その人の意見に同意した方が無難かもしれません。

人前で泣くのに抵抗があって泣けない場合

「人前で泣く=弱さを晒した」という認識があると、人前で中々泣く事が出来ません。

この意見には一理あります。例えば先生に怒られて泣く、誰かと喧嘩して泣く、大人になって上司に怒られて泣くというような行為は一部の人に「泣けば許されると思っている」という反感を買う可能性があります。

そもそもネガティブな理由で人前で泣くとなると、女性はどうしても「弱さをアピールしている」と取られ兼ねないのです。

しかし、考えてみてください。

先輩が引退して泣くというのは、寂しいから、哀しいからという理由であり、前述のように怒られたり、喧嘩したために泣くというのとまた次元が違うのですね。そういう理由で泣く人を人は「弱い」とは思いません。

だからもし、人に弱いと思われて人前で泣くことに抵抗がある人は、先輩の引退はそれに当たらないことを理解してほしいと思います。そしてそれを無理矢理堪える事にあまり意味はありません。ある程度の年齢になれば、自分で感情の制御は出来ないといけませんが、こういう時は感情を無理矢理制御する必要はないのです。

泣く顔を人に見られるのに抵抗がある!という場合

女優さんは映画で、とても綺麗に泣きます。

でも実際泣き顔はそんなに綺麗ではありません。鼻水は垂れるし、顔は赤くなるし、化粧していれば落ちるし、マスカラなんてウォータープルーフでもパンダになったりします。学生の場合はそこまで化粧する事はないと思いますが、中々綺麗に泣くというのは至難の業です。

そのため、映画でもリアルを重視すると女優さんでもよだれは流す鼻水は出すという演技をする人も少なくありません。

涙は出るけど、泣き顔を人に見られるのは嫌という事ありますよね。

そのために必要なのは、大きめのハンカチです。もう顔半分くらい隠れてしまうのがオススメです。泣く時は涙より先に鼻水が来ます。そして無理に堪えるとやたら鼻水が出てしまう事があります。そのため、泣く時は無理に堪えないほうがいいです。

目をやたら擦るのも、仮にアイメイクをしている時は逆効果になります。目から落ちる涙が顔にこぼれないようにハンカチで拭き、目尻を軽く抑える程度にしましょう。顔半分はハンカチで隠れているので、泣き顔はあまり見られないはずです。

 - 学校・勉強に関する雑学