気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

マンションのピアノ練習による騒音問題の対策とポイント

2017.2.3

たとえ分譲マンションでも、ピアノの練習を「騒音」と認識して騒音問題に発生します。

問題が拗れるとかなり厄介になります。出来るだけ初期の間に、問題を大きくしないうちに沈静化させることがご近所トラブル回避につながります。

問題解決のポイントをご説明いたします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

お風呂の排水溝のにおいが気になる方、必見!原因と対策は?

お風呂場でなんだか嫌なにおいが・・・ においの元をたどってみるとどうやら排水溝からのにおい! ...

政府が増税したがる理由 これが財務省の考えだ!

増税を好きな国民はいません。 しかし、政府は増税が大好きです。 民主党の野田政権も公約違...

ファンヒーターと灯油が安い!と思える簡単な節約方法

寒くなると暖房が必要になります。でも、気になるのは一冬の燃料費です。 寒いのに、燃料費が気にな...

独身の男性にとって趣味とは何かについて考えよう

独身貴族という言葉は主に独身の男性に使われる傾向があります。 確かに独身の男性は、あらゆる出来...

洗面所の床を綺麗に保つ方法とできてしまった黒ずみの掃除

洗面所の床は湿気が高く気が付くと黒ずんで、なんとも不潔な状態になってしまうことにがあります。 ...

住所と電話番号を使って調べる方法とは?個人宅まで他人に丸裸に!

個人宅を調べる方法はいろいろありますが、自分で住所や電話番号を使って調べることはできるので...

賃貸と分譲のマンションに対する損得の考え方

よく賃貸と分譲のマンションはどちらが得でどちらが損なのか、という議論を聞くことがありますが、実際はど...

自転車をインテリアとして保管!玄関をお洒落に?

生活の中の1部になっている自転車。 通勤・通学・お買い物などに大活躍すると思えば、サイクリング...

これでトイレ掃除も完璧!重曹やクエン酸を使った掃除法

最近ではテレビでも度々紹介され、掃除の際の必需品とまでいえるぐらい活躍する重要やクエン酸ですが、これ...

マンションの足音が気になるけど、分譲の場合どうする?

マンションの足音が気になって、眠れない、落ち着かないという事は時々あります。 これが賃貸であれ...

毎月の貯金額はどれくらい?共働き世帯の貯金の仕方

なかなかよくならない景気に、昔の様に夫が働いて妻は専業主婦という世帯も少なくなり、いまや夫婦共働きが...

アパートにありがちな騒音問題 深夜の騒音への対処法は?

アパートやマンションといった集合住宅に住む上で、特に問題になりやすい深夜の騒音問題と言えるのではない...

《みんなどうしてる?》アパートでタバコを吸うのはベランダ派

近年急速に進むタバコ離れ。タバコ自体の値上げや公共施設の全面禁煙化など、喫煙者は年々肩身が狭くなって...

友人の結婚式に欠席する場合、お祝いはどうすれば?

友人の結婚式の欠席する時、悩むのはお祝いです。 あげるべきか、あげないべきか。 あげると...

友人の結婚式でイライラした時にすべき3つの事

友人の結婚式というのは、中々複雑です。 また友人は悪気がないかもしれないが、失礼な対応にイライ...

スポンサーリンク

分譲マンションでも発生するピアノの騒音問題

一般的に分譲マンションというのは、賃貸マンションに比べれば、騒音対策に対して配慮されて設計されています。とはいえそれはあくまでも生活音レベルであり、ピアノなどの楽器に対しては、よほど特殊な仕様でない限り、防音対策はされていないと考えるべきです。

よく「ピアノ可」など記載されているマンションがあっても、多くの場合、ピアノの演奏音に関する防音対策が施されている訳ではありません。あくまでも設置可能というだけです。

実際ピアノは通常の家具に比べてはるかに重みがあり、ピアノの種類にもよりますが一般的なアップライピアノですら、100kgを超えます。つまりその重さに、部屋は耐えられますよ、というだけです。また新築で家を建てられる方は、2階にピアノを設置するならば事前にその旨業者と相談した方がいいでしょう。場合によっては家が傾く原因になるとも言われています。

つまり、「ピアノ可」の分譲マンションでもピアノを設置する事と、ピアノを弾く事は別問題と考えるべきという事です。

分譲マンションでピアノの騒音トラブルを回避しよう

ピアノの練習は毎日やった方が上達しますし、時間も長い方がいいでしょう。練習した分だけ上達するというのはどの楽器にも共通しています。

しかし、ピアノの音というのは、誰しもが心地いいと感じる訳ではありません。特に練習中のつっかえつっかえ、同じフレーズを延々と聞かされるというのはかなり苦痛に感じる場合もあります。

もし毎日長時間練習したい人は、きちんと業者に依頼して部屋を防音室にした方がいいでしょう。そうすれば、そもそも騒音問題にはなりません。

そこまでするお金のないという人は、消音機能付き電子ピアノを使いましょう。自分の演奏音はヘッドホンで聞く事が出来ますので、長時間や夜の演奏のオススメです。

また念のために、隣近所に「何時から何時までピアノの練習をしますが、それ以外の時間は致しません。」という風にご挨拶をしておくと、大分印象が違うそうです。

ピアノの音は、階下に一番伝わりやすく、次に上、隣、斜め上下へと伝わるそうです。伝わりそうな範囲にはご挨拶をした方がいいでしょう。

簡単に出来るピアノの騒音対策

お金があれば業者に頼んで防音室を作る事もできますが、万人がそうできるとは限りません。また、「そこまで練習していない」「週に何回か1時間弾く程度」であれば、さすがに防音室を作るのは、オーバースペックかも知れません。

しかし何もしないのであれば、やはりいつかは騒音問題へと発生する事があります。そのためにも、簡単に出来る防音対策はしておきましょう。

まず窓を締めます。そして厚手のカーテンを閉めます。最近は防音カーテンも販売されているので、出来ればこっちの方がいいでしょう。絨毯も防音機能があるものがあります。

そして壁からピアノを放してください。15cmぐらいでOKなので、その隙間に防音材や、毛布などを入れます。

音というのは、振動で伝わりますから、出来るだけ部屋の外へ振動を伝えない事が大切です。部屋のまどりにもよりますが、隣の家に隣接してない部屋にピアノを置くのがオススメです。

もちろん、この場合もご近所に挨拶する事は必須事項です。

マンションでも音に敏感な人とそうでない人がいる

音に関する認識というのは結構人によって差があります。また、その人の生活リズムにも依存しているようです。

例えば、ピアノの音は階下に伝わりやすいとご説明しました。階下や隣、上の住人からは苦情が来ないのに、斜め下の人から苦情が来たというケースがあります。

また日中あまり家にいない人であれば、日中のピアノの練習音は全く気にならないでしょう。逆に、夜勤などで日中が逆転している人であれば、日中のピアノを騒音に感じるかもしれません。

また人間というのは、一度気になった音というのはなぜか耳がその音を拾いやすくなります。恐らく同じ部屋の家族の間ですら、「うるさい」と感じる人もいれば、「気にならない」と感じる人もいるでしょう。

一般常識のレベルで演奏時間を設定しても、音に敏感だったり、他と違う生活リズムの人にとっては、それでも「うるさい」と苦情が言われることがあるという事です。

こればかりは色んな人が暮らすマンションではよくある事です。運が悪いと思って諦めるしかありません。

マンションでピアノの騒音問題に発展した場合

マンションでは基本当事者同士の話し合いですが、そこで解決しない場合は、管理組合に持ち込まれるケースが多いようです。

または部屋が特定されていない場合は、管理組合に相談が言ってそこから部屋特定→話し合いへと移行するパターンがあります。

どういう裁定になるかというと、マンションの規約に「ピアノ演奏は禁止」と記載があれば、たとえピアノの先生で生活の糧としてピアノを弾いていても、発表会が近くてもそのマンションで弾くことができません。どうしてもであれば、規約を変更するしかありません。しかしマンションの一定数の賛成が必要になります。しかし「お互い迷惑にならないように注意する」というのであれば、場合によっては弾くことが可能です。

ただし条件付きです。「部屋に防音対策を施す」「演奏する時間を決める」などのルールが課されることが多いようです。

色んな人が同じマンションに暮らすためには、色々なルールが必要で、それを守らないのであれば、そのマンションで暮らすのはかなり難しくなると思われます。話し合いにはきちんと出席して、感情的にならず冷静に、誠意をもって話し合うのが大切です。

 - 暮らしに関する雑学