キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

バイトを辞めるのが正解?迷惑をかけている罪悪感に悩むあなたへ

2017.2.3

念願の初バイト、ずっとやってみたかった・働いてみたかった場所の店員になれた!

しかしどきどきの面接をパスしてバイトデビューした先に待っていたのは辛い現実だった、という人も多いはず。

あんなにニコニコみんな楽しそうに働いているように見えたのに、裏側はまさに戦場。

楽なことしてお金を貰えるとは思っていなかったけど、いつまでも迷惑をかけてしまう・・・そんな自分はさっさと辞めるべきなんでしょうか。

迷惑をかけてバイトを辞める、その原因は?

バイトを辞めようと思うほどにかけた迷惑とは、一体何が原因だったのでしょうか。

辞めたい辞めたいと思いながらバイトに向かうのも憂鬱ですし、いざ働き出してもなかなかモチベーションも上がりません。

接客業であれば暗い店員からサービスを受けてもなんだか嬉しくありませんし、仕事に集中できないことでミスも続く負の連鎖。

そんな状況から抜け出すためにもできるだけ早くきっぱりと結論を出したいところなのに、辞めたいという気持ちを持ったままズルズルと続けてしまっている・・・そんな風に思うならさっさと辞めてしまってみてはいかがでしょうか。

「自分が辞めたらさらに迷惑がかかってしまう」確かに人手が足りなくなれば仕事は円滑に回らなくなります。

しかしあなたがそのバイトを始める前からあった仕事ならば、きっとあなたが辞めてもすぐ代わりは見つかります。

本当にそのバイトを続けたいと思っているのであれば、簡単に辞めるという結論には至らないはず。

バイトを辞めることは決して悪いことではありません。続けるも辞めるもあなた次第です。

周りの環境がこうだから、あの人がああ言っているから、ではなく自分の本心ではどうしたいのかをきちんとまとめることが大切です。

バイトを辞めることが迷惑をかけた償いになるのか

迷惑をかけてしまったのでバイトを辞めたい、それは迷惑をかけてしまったという罪悪感に耐えられないからではないでしょうか。

バイトを辞めることが一つの責任の取り方と考えているかもしれませんが、それは本当に正しいのでしょうか。

会社にとってバイトを雇うことは賭けです。

転職をして即戦力として使える人材というわけではないので、初めは全く仕事ができないところからのスタートですよね。

仕事内容を覚え、一人で働けるようになるまでの時間も当然給料は発生していますし、教えるためにトレーニングをする人も通常業務から外れてわざわざ新人に時間を割くのです。

そのバイトがこの先、会社に貢献する働きをしてくれるだろうという期待を込めてそれだけの時間とお金を用意しています。

バイトの募集をかけるのも決して簡単ではありません。お店に貼り紙をする程度では費用もかかりませんが、それではなかなか人が集まりづらいのが現実です。

あなたがバイトを探すときに利用する求人サイトや新聞の折り込みチラシなど、あれだけのたった小さな枠に何万もの費用がかかったりします。

その上で面接を行い採用されたことを思うと、見方も少し変わってくるのではないでしょうか。

辞めるにはまだ早い!迷惑をかけないバイトなんていない

それでも失敗をして迷惑をかけてしまったと思うと、バイトには行きたくなくなりますし、先輩たちと会うのも気まずく感じてしまいますよね。

もしかしたらみんなに迷惑な奴だと煙たがれるかもしれない、また同じようなことをして迷惑をかけてしまうかもしれない。人は悪い方に考えれば考えるほど、どんどん深みにはまってしまうものです。

でもそうやって迷惑をかけてしまう時期は、あなただけでなく全員にあったということを考えてみてください。

あなたが失敗をしてしまうのは慣れないことをしているからですよね。今はバリバリに仕事をこなし活躍している先輩たちだって初めはみんな初心者からのスタートで、みんな同じ道を通ってきたのです。

最初から完璧にこなそうとはせず、自分のキャパをきちんと理解して一つ一つ確実に身につけていくことが大切です。分かっていないのに分かったふりをしていけば、いつか必ずどこかでボロが出てしまいます。

言われたことだけを聞いているのではなく、なぜそれをやるのか、なぜこのタイミングでやるのかなど疑問に思ったことは全て聞くようにしてみてください。

一つの作業の意味が理解できれば、流れが自然と頭に入るようになってくるはずです。

迷惑をかけないためには同じ間違いを繰り返さない

たくさんの迷惑をかけ、たくさんの失敗をしても許されるのは新人のうちだけです。時間が経てば経つほど、当然失敗に対する評価は厳しくなってきます。

では迷惑をかけてしまう時期には、どのようなことに気をつけるべきでしょうか。

挨拶と返事をしっかりする

これは仕事でなくても人として基本中の基本です。声が小さい、最悪の場合挨拶をしないなんてもってのほか。言われたことに対して頷くだけではなく、はっきりと返事は出来ていますか?

挨拶や返事がきちんとできないだけで、印象はかなり悪くなるので気をつけましょう。

注意されたら素直に謝る

社会では「ごめんなさい」ではなく「すみません」と言う癖をつけましょう。

ふて腐れるような態度をとるのは相手の怒りを増幅させてしまいます。なぜ怒られているのかわからない場合は、きちんと謝ったうえで何がいけなかったのかを教えてもらうようにすれば同じミスを防ぐことに繋がります。

きちんとメモを取る

最近の入ったバイトはメモも取らない、これはよく耳にすることです。相当自分の記憶力に自信があれば別なのかもしれませんが、ほとんどの場合は忘れてしまい、一度教えたのにもう一度教えなければいけないと呆れられてしまいます。

迷惑をかけても仕方ない新人の時期には、“同じ間違いを繰り返さない”という意識が大切なのです。

周りからの評価を気にしすぎるのも毒

「迷惑をかけてしまったから辞めるべきなのかもしれない」

なにか上手くいかなかったことがある度にそう思っていたら、すぐに気持ちが疲れきってしまいます。

仕事をしていくうえでは常に自分の評価はどこかでされているもので、それが次の契約更新や時給のアップとして反映されています。しかし周りの評価ばかりを気にし過ぎてしまうのもあまり好ましくありません。

もしかしたら辞めてほしいと思われているかもしれない、そう感じたところで直接誰かにそう思ってるかなんて聞けませんよね。

悩みや不安は無意識のうちに行動に出ますから、真面目に意欲的に仕事を覚えていけば自分の働きに自信を持てるようになります。自信を持って働いている人は周りから見てもとてもイキイキとしていて好印象、考えても仕方のないことだと思ってどこかで割り切る気持ちを持つことも大切です。

もしも嫌がらせやいじめに感じるようなことがある場合は、会社に設けられているカウンセリングを利用するのも一つの手です。

基本的に匿名で相談でき、メールや電話など直接顔をあわせる必要もないので周りの人にバレてしまう可能性もありません。

自分の心身の健康があってこそのバイト、自身を労わる気持ちも忘れないようにしましょう。

この記事のまとめ

  • 華やかな表の裏にはみんなの苦労がある。
  • 迷惑をかけられるのは新人の特権。
  • 初めから完璧を目指さない。
  • 心のケアを蔑ろにしない。

仕事とは学校と違いお金が発生している分、ただ教えてもらうだけの場所ではありません。

期待に応えようと無理をしてしまうと失敗の元ですし、最初は誰だってプライドもズタズタになります。

しかしそれを乗り越えられるかどうかはあなた次第、自分の気持ちと素直に向き合って後悔のない選択をしていきましょう。

 - 仕事に関する雑学