気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

カラオケの高音で裏返る人必見!自宅で出来る高音発声練習法

2017.2.3

カラオケで高音を出すとどうしても裏返る事ってありますよね。

一緒に行った人が裏返らないのを聞いて、「音域が違うから…」と諦めていませんか?

ある程度であれば、高音を裏返らずに発声できる練習方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

カラオケの高音は張り上げずに、うまく歌える練習方法

カラオケで高音の時、何とか裏声を回避しようと声を張り上げていませんか? しかし、こんな無理な歌...

カラオケで高音が続かない!どんどん上達する練習法まとめ

打ち上げの二次会であったり、久しぶりに会った仲間と行く流れになったり、カラオケは好きでも好きでなくて...

暇な時の遊び方。やる事がない時に友達と試してみて!

暇というのは「死に至る病」です。 そんな恐ろしい病になる前に、是非試していただきたい遊びがたく...

貯金が趣味の人はつまらない性格の人が多い理由と楽しむ方法

趣味が貯金だというひともいますが、お金を使うことによっていろいろな体験や経験をすることができます。 ...

スポンサーリンク

カラオケの高音で裏返るのは?

自分の音域が狭いと思っていませんか?

そうとは限りません。例えば日によって同じ歌でも、きちんと歌える日もあれば、裏がってしまう日はありませんか?裏返る理由はたくさんあるのです。

例えば、カラオケではじめに歌ったらダメだったけど、しばらく歌った後であれば、声が裏返らなくなったという経験はありませんか?

人間の喉というのも、使う事によってやはり発達していくのです。歌う事と話すことでは、声帯の使われ方が違います。だから、あまり歌わない人が突然歌ったら、やはり声帯もついていけずに声が裏がってしまいますが、普段から練習をしているとそういう事にはなりにくくなります。

次にカラオケで高音が裏返る理由として、呼吸が安定していないというのがあります。安定していれば、出る声も呼吸が安定しないと出ないそうです。これの解決方法として「腹式呼吸」が出来ている事というのがあります。逆に言えば腹式呼吸が出来ていない人は、呼吸が安定しにくいという事です。

カラオケで高音を出すための発生練習

姿勢がきちんとしていないと高音は出せません。

カラオケなどで熱唱していると高音を出すときに、顔を上に向けて、後ろに反り返るように歌っている人いますよね。この姿勢でプロでも高音を出す事は難しいです。それこそ、オペラ歌手のように、姿勢正しく立つ事が大切です。

そして高音は頭の上から、突き抜けるようなイメージで出す必要があります。そして口は大きく、目も鼻も出来るだけ大きく開けるようにするのが大切です。

そして、自分が出しにくい音域の声を日々練習するのです。と言っても、ただ発生しているだけではつまらないですよね。だから、自分が歌いたい高音のある歌を練習します。とはいえ、毎日歌の練習にとる時間のない人は、鼻歌から始めましょう。これだって立派な発声練習です。特に鼻から息を抜いて声を出せるようになると、高音も楽に出るようになります。

とにかく練習、練習また練習です。無理に高音を発声させると喉を傷めるので鼻歌がオススメです。

カラオケで高音を出す練習方法 ― 腹式呼吸をマスターしよう

腹式呼吸はやはり高音を出す秘訣です。腹式呼吸なくしては、高音を安定して出せる事が出来ません。

また腹式呼吸をマスターすることで声量も上がると言われていますので、腹式呼吸をマスターしましょう。

腹式呼吸の基礎は、10秒かけて鼻から息を吸い込みます。そして10秒かけて口から息を吐きます。その間、手はおなかに当てておきましょう。きちんとおなかが膨らんだり凹んだりしないと、腹式呼吸は出来ていません。これを10回繰り返して1セットとなります。

目標としてはこれを1日に3セット行うことです。よく数を熟して、達成感を味わっている人がいますが、これは数よりも呼吸法を身に着ける事が大切です。始めは苦しく感じるはずです。それでいいので、数よりもきちんと1回1回熟すことが大切です。

さて、これが出来るようになったら次の段階へ進みましょう。先ほど10秒かけて鼻から息を吸い込むとご説明いたしましたが、今度はここで3秒息を止めます。そして、10秒かけて口から息を吐きますが、出来ればその際に「あー」と声を出しながらするとベターです。

今回はこれを15回で1セット。やはり理想は3セットですが、無理のない範囲から初めて、徐々に数を増やしていきましょう。

声が裏返る人のためのミックスボイスの練習方法

最近流行っている発声方法にミックスボイスというのがあります。簡単に言えば、地声と裏声の間の声となります。ただしこれは意図的に出すというよりも、高音を出そうと練習するうちに自然に身に付くと言われています。

特に練習しなくても、上手な人は自然にこのミックスボイスを使いこなしているそうです。

その発声練習は諸説あります。ただよく言われるのが、「声帯を閉じる」「声帯を閉じたまま喉を開く」事が出来ればミックスボイスが出せるようになるという事です。

しかし、素人が声帯をどう閉じればいいのか、そして喉を開くというのはどういう事か、中々実感しにくいのが実際の所でしょう。

動画で説明してくれるサイトもいくつか見受けられます。それの見ながら練習するというのも一つの方法です。ただ、動画で説明されている内容を理解しても、その通りに体の一部を動かすというのは中々至難の業です。最終的には自分が実感できないと中々習得は難しいのかもしれません。

いっそボイストレーニングを受けてみる

最近はボイストレーニングをしている教室も多くありますので、家で一人やっていても上手くいかないという人は、先生に習ってみるというのも、一つの手です。

数ある教室のどこが一番いいか、ボイストレーニング教室もたくさんありますから困りますよね。口コミを参考にしてもいいのですが、口コミというのはある程度フィルターがかかっている可能性があります。

何故なら自分で口コミを書こうと思う人は、その教室が自分にとって「良かった」人か「悪かった人」かのどちからしかいないからです。そして人のモチベーションは悪かった時の腹いせに書く方が多い傾向にあります。

なので一番は自分で体験する事です。まずは通う必要がありますから、通うのに比較的便利で、値段的にも毎月どのくらい金額が出せるかというので、ある程度数が絞られると思います。その中で体験レッスンを申し込んでみるというのが一番です。体験レッスンの場合、無料がかなり金額が控えめで体験できますので、そこで講師の人の教え方や教室の雰囲気、習っている人の様子などを参考にしましょう。

 - 趣味・遊びに関する雑学