気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

子供と夫婦がベッドで寝ているが、二人目はどうするべき?

2017.2.3

寝室というのは、家族の構成やライフサイクルによって大きく変わっていきます。

始めての子供場合は何とかベッドで寝ることが出来ますが、子供が二人になると、さすがに4人寝るのは厳しいでしょう。

ライフサイクルに合わせた寝室の構成をご説明いたします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

子供を二人、同時に寝かしつけられる4つのポイント

お母さんは子供を二人いる場合、毎日寝かしつけなくてはいけませんが、下の子が赤ちゃんだった場合、上の子...

発達障害の子供に幼稚園が加配を付けてくれるか知りたい

発達障害の子供を持つ親は、幼稚園で先生が目を離した隙に、何かあったらと考えると、心配が尽きません。 ...

発達障害の子供が幼稚園で迷惑か心配。どうすればいい?

自分の子供が発達障害だとしたら、心配事が一杯です。 幼稚園で先生に迷惑をかけていない?お友達に...

子供の将来が不安な時にこそ試してみよう

親になると初めてわかるという子供の将来を不安に思う気持ち。 現代社会は親が不安に思う要素が一杯...

ママ必見!10ヶ月の赤ちゃんが一人で遊べるおもちゃを紹介

10ヶ月になると、ハイハイで高速移動をし、早い子はそろそろ歩き始める赤ちゃんもいます。 中々目...

子供のために仕事を辞めたいと考えるママへ。決断のポイント

働くママの中には、ずっと子供の傍にいられない事が寂しい。 子供に申し訳ないと考えて、子供のため...

幼稚園の先生が冷たい?先生とよりよい関係を築く方法

愛する我が子を幼稚園に預けていて、ふとした時に感じた違和感。 「あれ?先生がウチの子だけに冷た...

元夫が再婚!子供にどう伝えればいいのか?伝え方のポイント

元夫が再婚したとなると、心穏やかにはいられないでしょう。 でも子供がいる場合、子供に元夫が再婚...

産後のママの心配!体重は退院時にどのくらいまで減らせるか

産後のママにとって、気になるのは体重です。 早く体形を戻したいと切望するのは女性として当然の心...

保育園や幼稚園、複数の園を併願して受けることは可能?

子供がある程度大きくなってくると、親として考えなければならないのが、保育園や幼稚園に通わせるかどうか...

畳の部屋に子供の為にマットを引きたい時のコツと選び方

畳の部屋にわざわざマットを引く必要はありませんが、 子供や特に赤ちゃんがいるご家庭では様々な理...

お寺に子供を預ける親の心理について

お寺で生活すると「修行」して、人間的に成長できるというイメージがあります。 そのため最近は、手...

自閉症の子供を持つ親のストレスを軽減させる方法

自閉症の子供を持つ親は子育てで、通常よりも過剰なストレスを抱える事になります。 ついつい子供を...

卒乳の時期、平均はどれぐらい?無理なく卒乳する方法は?

赤ちゃんが成長し、1歳を迎える当たりになると、お母さんにとって気になりだすのが”卒乳”の時期なのでは...

発達障害の子供について幼稚園の入園面接で正直に言うべき?

発達障害の子供を幼稚園に行かせたいと考えるご両親。 こどもの発達障害について、正直に言うべきか...

スポンサーリンク

子供一人と夫婦二人がベッドで寝る時代

結婚する時に、シングルベッドを2台購入したり、ダブルベッドを1つ購入なんてパターン多くありませんか?

しかしベッドはかなり大きいものですから、寝室はベッドやダブルベッドでもう一杯ですよね。さて子供が生まれて、始めのうちはベビーベッドを利用しているママも多いと思うのですが、夜中の授乳や寝かしつけをするのであれば、添い寝が楽ですよね。という事でベビーベッドはいつの間にか使われなくなり、シングルベッドをくっつけて寝るか、ダブルベッドで子供と夫婦の3人で寝るというパターンへ移行していきます。

問題なのは子供の場所です。

子供の寝相が悪いのは、添い寝するママなら嫌というほど味わっていると思います。頭と足の位置が逆転するのは日常茶飯事、そもそも布団なんてかけてくれませんから、追っかけて布団をかけている日々ですよね。

伝統的な寝方に川の字がありますが、子供は大人すら乗り越えていくのかもしれませんから、出来れば一番壁側に寝かしておきたいところです。

子供が二人になった時の寝室の使い方

下の子は新生児の時には、やはりベビーベッドを使うのがオススメです。子供は寝相の悪いですから、いくらポジションを決めても、勝手に移動をしていきます。新生児やまだ寝返りが出来ない子が上の子にのしかかられたり、上の子が蹴とばした布団が顔にかかったりすると命にかかわりますから、ある程度の年齢になるまではベビーベッドを利用した方がいいでしょう。

同じ寝室で難しいかもしれませんが、出来れば、大人のベッドとベビーベッドは出来るだけ話して、入り口の傍に置く方がいいかもしれません。

というのも、まだ睡眠時間が定まっていない赤ちゃんは、夜中に泣き出すこともあります。下の子が泣いて、上の子も起きて泣くとなると、ママにとっては悪夢以外の何物でもありません。もしパパが一緒に寝られる時間に帰宅しているようなら、上の子の寝かしつけはパパの担当にして、ママと下の子は一時的に別の部屋で寝るという方法もあります。

寝かしつけは早めの段階でパパに参入してもらうと、今後が楽になります。

下の子が一緒に寝られるようになった時のベッドの使い方

シングル二つでも子供二人と夫婦が寝るのはかなりギリギリな感じです。ダブルベッドならば明らかに定員オーバーとなります。

シングルの場合は、出来ればベッドひとつに対して、親一人、子一人を定員にしたいところです。そのためにもパパにはぜひ寝かしつけには参加してほしいです。しかし、パパが努力しても、どうしても子供はママの傍に寄りたがるのは仕方ありません。

シングルベッドを二つくっつけて、一番端をパパ、上の子、ママ、下の子という構成がいいのかもしれません。もしパパがいない場合は、ママがベッドの端にきて、子供たちがベッドから落ちるのを防いであげるとともに、ベッドガードなどを購入した方がいいかもしれません。

さてダブルベッドの時は、残念ながらパパはベッドから出てもらう必要があるかもしれません。ベッドの下に布団が引けるスペースがあるようならば、布団にパパ、そしてママと子供二人がベッドという構成になるでしょう。ママの位置は基本的にベッドの端です。

子供が二人に増えたらベッドを処分したほうが良い?

どんなに気を付けていても、子供はいつの間にかママを乗り越えてベッドから落ちることもあります。もしそういうのを避けたいのであれば、やはりベッドの処分は検討したほうがいいでしょう。

ここで必要なのは、ライフサイクルを考えた上で寝室の構成を考えるべきです。子供との添い寝時代は長くは続きません。上の子も小学校に入るようになると、一人で寝られるようになります。

そういう事を見越して、新規に家具なり布団なりを購入する事が必要です。

例えば、新婚時代のベッドは処分して、親子4人で並んで練る時はシングルの布団×2で過ごして、子供が一人寝できるようになれば、二段ベッドとか子供用の布団とかを購入するなどです。

また、賃貸で暮らしている家族は、マイホームの購入計画もあるかもしれません。その時にすべてを一新するからそれまでは我慢という方法もあります。

今自分がライフサイクルのどの時点で、今後どうしていくのかを見据えてから家具や布団の購入をすると無駄が少なくなります。

ベッドよりも布団の方が子供に良いか否か?

前述したように子供の寝相は悪いので、ベッドに寝かせた場合は必ず落ちる事がある事を理解する必要があります。その対策としては、ベッドに柵をつけたり、ママやパパが必ずベッドの端に寝るようにするなどありますが、完璧に防げるとは限りません。落ちるのがどっちにしろ防げないのであれば、ベッドの下に布団を敷いて落ちた衝撃を和らげるという方法もあります。

まだ赤ちゃんなら心配ですが、ある程度の年齢であれば、ベッドから落ちてケガをする事はかなり少ないと思われます。寝室に行ったら、子供がベッドから落ちて、下で平気で寝ていたなんてあるあるネタだと思います。

ただ子供が落ちるのが心配というのであれば、やはり布団のほうがいいでしょう。布団からはみ出していてもケガをする事はありません。またベッドの場合その大きさが大きさ分生かされないことはあります。どうしても人間は落ちる事を考えてベッドの大きさよりも小さく使いがちです。しかし布団は下が床ですから、布団の大きさがフルに生かされるので、同じ大きさであれば布団の方がゆったり寝られるのは事実です。

 - 育児・子育て・出産に関する雑学