気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

月が大きいと感じるのは錯覚?大きく見える月の秘密に迫る

2017.2.3

時々月を見て、想像以上の大きい月にビックリする事ありませんか?

もちろん実際に月が大きくなる事はありません。

あくまでも人間の目が月を大きいと錯覚しているだけなのですが、どうしてこういう現象が起こるのかをご説明いたします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

主人の祖父のお葬式に行かないのは非常識?

主人の祖父が亡くなったと連絡があったけど、あまり親戚が好きでないので、出来れば葬式には行きたくない…...

「対応」と「対処」は違います 使い方を誤ると恥じをかく!

みなさん「対応」と「対処」を使い分けていますか? 社会人として社外に出す文章でこの言葉を間違っ...

書類等に記入する電話番号にハイフンは必要なのでしょうか?

みなさんは携帯電話の電話帳に登録するときや書類に記入するときなど、電話番号のハイフンはどうしています...

知っておこう!結婚祝いにご祝儀を包む時の相場とマナー

親しい人が結婚をするのは、とても喜ばしいことですが、いざ、その結婚祝いにご祝儀を包むとなると、その相...

一人で外食する人を見るのは不愉快?この質問の問題点

ある質問サイトに投稿された質問で「一人で外食をする人を見るのが不愉快」であるとして、「どういう育ちを...

祖父の葬式に参列するマナーとは?わかりやすく解説します!

お通夜やお葬式でのマナー、意外と知らないものですよね。 まして、祖父や祖母、身内のこととなると...

月が大きい!そしてオレンジ色の理由は?不吉の前兆か否か

時々月を見て、驚くほど月が大きいと感じた事ありませんか? また、色がオレンジだと「キレイ!」と...

江戸時代の武士の仕事はこれ!

武士といえば、主君に仕え、主君のために戦うのがその役目で仕事です。 しかし、江戸時代に入ると、...

今更人には聞けない!「YES Sir」の使い方や意味、注意点

よく映画で軍人や警察官の人が「YES Sir」って使いますよね。 ちょっとカッコいいと思いつつ...

財布を落とした時のお礼の仕方と、やってはいけない行動

自分が財布を落としてしまった時には、目の前が真っ白になってしまうほどショックですが、運良く...

いまさら聞けない与党と野党をわかりやすく解説します

与党と野党の違いとは何でしょうか? 知っているよういても改めて聞かれると意外と返事に困るもので...

スポンサーリンク

月が大きいと感じるのは錯覚?

月が大きいと感じるのは、「錯覚」の所為であるとよく説明されます。

「錯覚」とは具体的に言えば、人間が見たモノと感じる事の間に齟齬をきたしているのです。実際月は物理的に大きくなった訳ではないのに、「大きい」と感じる事を言います。

さて何故人間は月の大きさを錯覚するのでしょうか?

それは、月がどこにあるかによります。

多くの人が月を大きいと感じるのは地平線近くにある時、つまり月の出や月の入りの時が多いのです。

そうすると、今の日本で月を見れば必ず何か建物や、木、山などが一緒に視界に入ります。それ等との比較で、月が大きいと感じるのです。

逆に言えば、建物や木などを視界に言えなければ、大きさを誤認することはありません。

簡単な確認方法として、5円玉を使うというのがあります。腕を伸ばして、大きいと感じている地平線近くの月を、5円玉の穴を通してみてください。そして、月が中空に来た時に同じように試しましょう。両方とも、大きさが変わらない事が確認できます。

「大気のレンズ効果」でも月の大きさは錯覚される

大気というのはご存知の通り、地球の周りを覆っています。

そして大気の厚さというのは、一定ではなく、場所によって違います。

地平線近くは大気が厚く、天頂部分は一番薄いそうです。

さて大気のレンズ効果というのは、大気の温度差によっておこる現象です。大気に地表近くには暖かい空気、地表から離れるとだんだん空気は冷たくなります。そのため大気には温度差が出来るのですが、その温度差が屈折率の違いを生みます。

つまり地表近くの月というのは、その屈折率の違いから拡大されて大きく見える傾向があるのです。

前述した心理学的な「錯覚」は目に映った月がどう判断されるかによっていますが、この場合は、大気のレンズ効果が人間の目にすでに錯覚を起こさせているという事なのです。

両方とも実際に月が大きくなっている訳ではありません。しかし、そう感じさせるのは心理的な場合と、物理的な場合があるという事です。

どっちが原因なのか特定するのは少々難しいかもしれません。

月が大きいのは錯覚でない「スーパームーン」

では月が大きく見えるのはすべて錯覚かというと、そうではありません。

「スーパームーン」という言葉をニュースで聞いたことあると思います。最近では2016年11月14日に起こりました。

これは月と地球の距離が一番近づいた時に満月だと、月が普段よりも「物理的に」大きく見えるのです。

何故月と地球の距離が近づいたり、遠ざかったりするのか?それの答えは簡単です。

月の軌道が楕円系だからです。地球の周りを楕円形の軌道を描いていますから、地球と月の距離が近くなったり、遠くなったりする訳です。

ちなみに月と地球の距離が一番短くなるのは約35万キロで、一番遠くなった時は約40万キロになります。その差は約5万キロですが、満月の大きさは距離が遠い時の満月と比較して14%も大きく見えます。

月が大きいと感じる夜は、もしかしたらスーパームーンの場合もあります。ネットで検索するとスーパームーンが見られる日というのが分かりますので、一度調べてみてください。

スーパームーンと日食

「皆既日食」や「金環日食」などの天体ショーが見られる日は、テレビでも色々と報道されます。両方とも数年から十数年に一度見られるかどうかという天体ショーなので、大騒ぎになります。

日食というのは月が太陽を隠してしまう現象というのは、皆さんご存知だと思います。でも、「皆既日食」と「金環日食」の違いはご存知ですか?

皆既日食というのは、月よりも太陽が小さく見えるので、月が太陽を完璧にかくしてしまうので、一時的に夜のように暗くなります。しかし、金環日食は、月が太陽を隠し切れないので、月の周りから太陽の光が見えます。その様子が金の環のように見えるので、金環日食と言われます。

これは月と地球との距離が関係しています。

皆既日食の場合、地球と月の距離が近いので、太陽を完全に隠すことができます。逆に月と地球の距離が遠い場合は、月が太陽よりも小さく見えるために、太陽の光が月の影の周りに見えるのです。

そういった意味では「スーパームーン」と皆既日食と金環日食には関係があると言えます。

月が大きいという錯覚

昔から、「月が大きく見える」というのは、議論になっていました。これを「月の錯視」と心理学用語でいうそうです。

なんとこの問題は、2000年も前から議論されているそうです。しかし現代に至っても決定版という説はまだ見つかっていないのです。

前述した建物の大きさによる錯覚というのが、一番有力な説と言われています。

その一方で全く地平の見えない暗い場所でも錯覚が起こる事から、この説に関しても色々反論があるそうです。

今は月の錯視が起こる理由として、単一の原因ではなく、例えば見ている位置や姿勢、地平線のものの見え方などいろんな条件が絡んだ結果、そういう錯覚が見られるのでは?と推測されているそうです。

月というのはどうも昔から人間の心をつかんで離さないのかもしれません。実際、満月は人を狂わすという説も、かなり昔からあります。これも科学的根拠のないものの、病院関係者や、警察官などは「満月の夜は忙しい」と言っているそうなので、満更根拠のない話ではないのかもしれません。

 - 一般常識に関する雑学