気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

これってバレる!?就活中の面接で、卒論の嘘は通用するか否か!

2017.2.3

就活中は、どれだけ頑張ってもなかなか成果が出ないために、時に面接官に対して嘘をついてしまうことがあります。

大抵の場合は、確かめることが出来ない事柄についてですが、”物的証拠”のある卒論に対しての嘘は別です。

後に提出を求められたりして、嘘がバレる――そんな危険性はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

大学でゼミの選び方を悩んでいる人へのアドバイス

大学と言えば、サークル活動、アルバイト、そしてゼミが重要な要素です。 選び方次第で、大学生活が...

受験の失敗から立ち直りを決意するまで

受験の失敗というのは辛いものです。 これから最低でも1年間はこの事実と直面しなくてはいけません...

大学でパソコンは必要? パソコンが必要になる3つの理由

大学生になって、生協からおすすめのパソコンの案内を見ると、大学でパソコンは必要?と考えますね。 ...

勉強に集中するため有効なbgm その鍵を握るのは脳波

人間は古くから、音楽を心の栄養として楽しんできました。 その音楽の力を、是非勉強にも取り入れた...

大学に行くべきか否か、進路で悩みを抱えている高校生へ

高校生にもなると、ただ大学へ進学という進路ばかりではありません。 下手をすると将来に直結する選...

受験に対する不安を解消するには

受験とは文字の通り試験を受けること。その合否によって入学が決まったり、資格の取得ができたりと、次につ...

高校で部活に入らないのは将来不利になるか知りたい

高校生の部活動は、強制の学校もあれば、任意の学校もあります。 入るという選択肢と入らないという...

専門学校で奨学金を申請する時の理由の書き方

家の経済状況によっては進学する為の学費を捻出するのが難しいなどの理由により、奨学金を申請しよう! ...

大学の卒論の発表で緊張のあまり失敗しないためにやるべき事

卒論が完成してホツとしたのもつかの間、今度は発表という壁があなたの前に立ちはだかっています。 ...

大学で希望のゼミに落ちた時の立ち直り方

大学のゼミで、希望のゼミの選考から落ちたらショックですよね。 またどうしてもそのゼミで研究した...

No Image

大学受験のために部活を辞めて勉強に専念すべき?両立の問題

大学受験を考えると部活と勉強の両立は難しいと感じる受験生は少なくないでしょう。 特に体育会系の...

高校の一クラスの人数はどのくらい?世界と比べた日本の現実

高校のクラスの人数を基準に学校を選んだ人はいないでしょう。 しかし、日々生活していく上でクラス...

大学生はバイトにテストに忙しい!失敗しないスケジュール作り

細かく校則で定められた制服を着て常に規律を求められてきた環境から、自分のことは自分の意思で決めて進ん...

高校の部活の人間関係に疲れた時に試す方法

ドラマや映画、マンガなどでも高校の部活はよく題材にされています。 先輩は厳しいけれど頼もしく、...

通信制大学はどのくらいの勉強時間で卒業できるのか

通信の大学では自分のペースで勉強を進められるメリットがある一方、自己管理が不得意な人はなかなか勉強が...

スポンサーリンク

就活の面接で、ついつい卒論について嘘を… これってバレる!?

就職活動に精を出し、何社も入社試験を受けても、一向に成果が出ない。

そうして煮詰まってしまった就活生は、時に面接などで嘘をつくことがあります。
 

本当は名前だけの所属だったのに、「サークルの中心メンバーとして活動していた」。

本当はまだ内定を1社も貰っていないのに、「内定を貰ったけれど御社が本命なので蹴った」。

本当は平のアルバイトだったのに、「アルバイトリーダーに任命されて、他のアルバイトの指導をしていた」。
 

なんとか自分をよく見せたい・いい印象を与えたいからと、嘘をつく。

実は、これは特別なことではありません。

それが良いことなのか悪いことなのかは別として、就活に必死な学生であれば、多少の針小棒大なアピールは当たり前になっています。

嘘をつく就活生としても、そしてそれを受ける企業の面接官としても「どうせ調べてもわからない・調べようがないこと」だと分かっているからです。
 

ただ、卒論に関しては別です。

他のものと異なり、卒論は確かな”物的証拠”として存在するものだからです。

そんな卒論についての嘘は、果たして通用するのでしょうか?
 

基本的に、就活中の卒論に対する嘘はバレない可能性が高い

「卒論について聞かれて、とっさに嘘をついてしまったけれど…調べられたらどうしよう!」

そんな質問が、インターネット上にいくつも存在します。
 

結論から言ってしまえば、

  • 就活生に卒論を提出しろと言われることは(募集要項にない限り)ほぼない
  • ただし、業務に直接関わる研究・論文であるならば、是非読んでみたい、詳細に話を聞きたいと言われてもおかしくはない
  • 卒論のテーマに関しての事象に十分な知識があるものと見なされ、意見を求められる・掘り下げて聞かれる可能性がある

と言えるでしょう。
 

ただ、卒論のテーマが面接を受ける会社の業務とかけ離れているから、どんな嘘をついても大丈夫!――とは、残念ですが言い切れません。

何故なら、面接官が”個人的に”興味をいだいている内容を扱った卒論であれば、興味を持たれて意見を聞かれてしまうことがあるからです。
 

これは筆者の体験談ですが、実際、文学部だった筆者がIT開発会社の面接を受けた時に「ある文学書についての卒論を書いている」と答えたところ、偶然その文学書が好きな面接官に、かなり詳細に――それこそその作者の当時の立場や境遇という、ニッチな質問をされて面食らった経験があります。
 

面接官は就活生の卒論が嘘かどうかより、○○を見ているもの

ここで、就活生の面接を受ける側である、面接官の立場の意見をまとめてみます。
 

  • 嘘をつかれていたとしても、それを確かめるようなことはほぼしない(※資格の有無等、証明が必要なものを除く)
  • 膨大な数の学生と面接するため、余程インパクトがある人でないと記憶に残らない
  • ただし、インパクトがあれば良い=入社できるとは限らない
  • 質問に対し、筋道の通った回答をする人のほうが好印象を受ける
  •  

    卒論についても、業務に直結するものでなければ、提出を求められることはないようです。

    面接官は何十人もの就活生を相手にするのですから、全員に卒論を提出されても、中身をすべてチェックするのは不可能ですし、何よりも「机上の勉強と実際の業務は全く異なる」ことが前提ですから、卒論自体に重きを置いているわけではないのです。
     

    ならば何故、面接で卒論のことについて聞くのかと言うと、”卒論はその人の学生時代の集大成”だからです。

    自分の学問の集大成を、いかに他者に分かりやすく伝えようと努力するか――そうした態度を見ているのです。
     

    最も、もし内定後や入社後に「是非君の卒論を読んでみたい」と言われた場合には、「その後、卒論のテーマの変更を強いられてしまった」等で言い繕う必要はあります。
     

    就活中の嘘、どこまで通用する?面接官にはバレている?

    社会人なら誰しも口にするのですが、”学生時代の勉強と実際の業務はまるで違う”ものです。

    特殊な技能や知識を求められる業務でない限り、学生時代の功績はそれに直結しません。
     

    事実、もし成績優秀な学生=優秀な社員という式が絶対であるならば、就職試験に面接など存在しません。

    ならば何故、就職試験に面接があるのかというと、”受験者の人となり”を見定めたいからに他なりません。
     

    面接官の質問というものは、内容よりも、答える学生の態度から「この人を入社させることで、業務は円滑に進むか」「周囲の同僚と協力して会社の発展に貢献できるか」「求められる業績を上げてくれる人材かどうか」を推し量るための物なのです。
     

    何か質問をした時に、「たどたどしくはあるが、誠実に答えようとしている人間」を取るか、それとも「立て板に水のごとくスラスラと聞こえのいい回答をする人間」を取るかは、社風や面接官の考え方で異なります。

    後者を好む社風であるならば、嘘もいい方向に進むかもしれません。
     

    就活中の嘘が、将来自分を窮地に追い込む可能性があることを忘れないで

    それでもやはり、面接の時に大きすぎる嘘・現実とは離れすぎている嘘をつくのは、倫理的な面でも問題ですが、何より働き出した後のあなたのために、避けたほうがいいことです。
     

    確かめられることはない、とタカをくくって嘘をついた結果、

    「○○に詳しいって言うから採用したのに、期待はずれだ」

    「コミュニケーション能力が高いんじゃなかった?」

    「そう言えば○社に君のサークルの先輩がいるな。そこからアポを取ってくれ」

    ――と、後々、自分の首を締めることになる可能性があるからです。

    入社した後に、”嘘をつく人間”というレッテルを貼られると、その挽回に苦労するのは勿論、最悪の場合、ずっと信用できない人間だと考えられてしまいます。
     

    あくまで就職試験や面接は、入社希望者の人となりを見る場。

    そこでついた嘘を入社後も付き続ける自信が、あなたにはあるでしょうか?

    そうでないならば、誠心誠意、素直に質問に答えることが出来る人間であることを、面接官にアピールするほうが、ずっといい方向に向かうのではないでしょうか。

     - 学校・勉強に関する雑学