キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

海苔は消化に悪いって本当?栄養たっぷりの海苔の秘密

2017.1.18

海苔は消化に悪いというイメージが何故かあります。

だから食べ過ぎないように小さい頃に親から注意された人もいると思います。

しかしその一方でミネラル分が豊富で、栄養たっぷりというイメージもあります。

ここでは海苔に纏わるイメージから、海苔の秘密を解説いたします。

海苔が消化に悪いって本当?

海苔はご存知のように海藻を加工して作られたものです。海苔にも色々種類がありますが、大きく二つに分けると「生海苔」と「焼きのり」です。

この二つの違いは「火が通してあるか否か」です。そして「生海苔」はイメージ通り消化には良くありませんが、火を通してある「焼きのり」は消化に悪くありません。ちなみに人気の高い「味のり」や「海苔の佃煮」も火が通してあるので、消化に悪くありません。

一般的には、簡単に手に入る「焼きのり」も「味のり」も「海苔の佃煮」も火を通してあるので消化は悪くありません。にも拘わらず何故消化に悪いというイメージがあるのでしょうか?

そこには海苔の原材料が「海藻」であるという所に秘密があるようです。海苔が海藻からできているというのは皆さんよく知っていて、そして、「海藻は消化に悪い」という事実があります。そこから海藻からできている海苔も同様に消化に悪いというイメージがついてしまったようです。

海苔は体に良いもの?悪いもの?

海苔は消化に悪くても、体に悪いというイメージがないと思います。

どちらかというと体に良いイメージが強いですよね。これはイメージだけでなく事実なのです。

まず海苔にはタンパク質が豊富です。タンパク質というのは肉や魚に含まれる成分で、体には必要な栄養素の一つですが、海苔はその重さに対して、3〜4割がたんぱく質なのです。

そしてビタミンCも豊富に含まれています。多くのビタミンCは熱に弱いので、加熱すると壊れてしまうのですが、海苔に含まれているビタミンCは特別で、加熱しても壊れる数が他と比べてかなり少ないのです。

そして低カロリーでうまみ成分もたっぷりなので、海苔が嫌いな人というのは少ないでしょう。

しかし、どんなに体にいいものでも取り過ぎると害になります。それは海苔も同様です。食べ過ぎると甲状腺に異常が出ることがあるそうです。

といっても海苔だけで、甲状腺が異常になるくらい摂取するとなると1日50枚は食べなくてはいけないそうです。

そこまで食べる人はいないと思うので、食べ過ぎに注意ぐらいで大丈夫だと思います。

意外に知らない海苔の数え方

日本語には不思議な数え方があると思います。

例えばうさぎは「匹」ではなく、鳥と同様に「羽」という数え方をするのは比較的有名ですね。

海苔も「枚」ではないのです。基本単位は「帖(じょう)」です。と言っても、これは結構大きな状態の海苔を指します。具体的に言うと、市販されている海苔で一番大きなサイズはタテ21cm×ヨコ19cmですが、これを全型と言います。これ10枚分が1帖になります。全型を半分にしたものが「半切」になります。全型の1/3が3切になります。半切りの半分、つまり全型の1/4が4切と言います。よくパッケージされた海苔は8切サイズが多く、おむすびに使われるのもこのサイズです。12切は、旅館の朝ごはんでよく見かけるサイズです。

その他にも6切というのもあります。これは名前の通り、全型の1/6サイズです。8切サイズよりやや大きめのサイズでこのサイズで売っているものは少ないかもしれませんので、全型をこのサイズに自分で切っている人が多いでしょう。ちなみにミニ手巻きにはいいサイズです。

海苔は離乳食の味方?敵?

海苔というのは子供が大好きな食べ物の一つです。ごはんを嫌がる子もおむすびや、海苔巻きにしてあげると結構ペロリと食べてくれるので、悩めるママの味方です。

前述したように栄養価も高いので、一見ママの味方に見えます。

しかし、海苔によって必ずしも体にいいとは限らないというモノもあります。

海苔にも色々種類があるというのはご説明いたしました。多くの過程では、全型サイズよりも、8切のパックを使っているご家庭が多いのではないでしょうか?海苔というのは、すぐ時化ってしまうので、大きなサイズですと、使い切る前に時化ってしまった悲劇に見舞われた家庭も多いと思います。

さてご利用されている海苔が焼きのりだったら問題ないのですが、「味付け海苔」の場合は少々問題があります。

これは海苔に塩や砂糖で味付けがしてあるのです。だから味付け海苔を好む子供が多いのですが、これは塩分や糖分も合わせて摂取してしまうので、普通の海苔以上に摂取量に注意が必要です。そして離乳食には「味付けのり」を使うのは辞めた方がいいでしょう。

日本人は海苔を消化しやすいって本当?

これは本当です。

イギリスの有名な科学雑誌には日本人の体内には海苔などの海藻を消化しやすい酵素の遺伝子が体内にあるそうです。

海に囲まれた島国だからこその環境に対する人間の変化なのかもしれません。昔の日本人は海苔を加熱せずに食べる習慣があり、そのため、海藻のバクテリアが体内に取り込まれた順応したと言われています。

世界では海苔を食べる文化があるのは日本だけではありません。例えば日本から遠く離れたイギリスのウェールズ地方でも、やはり昔から海苔を食べる習慣はあったそうですが、それは加熱した海苔を食す習慣だったため、日本人と違い、海苔などの海藻を分解しやすい酵素は獲得されなかったそうです。

こう見ると食習慣というのは、体へも影響を及ぼすものであるというのは理解できると思います。

これは長期的に時間をかけた結果ではあります。しかし、日々食べたものが私たちの体を作っているのは間違いありません。口に入れるものにもう少し気を遣う事で、私たちの体はよくも悪くもなるのです。

 - 食に関する雑学