気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

中学の部活でバドミントンを始める子に必要なものと購入時期

2017.1.18

中学で部活を始める子多いですよね。

意外とお金がかかる部活動ですが、バドミントンの場合、あまりメジャーでない事もあり、どんなモノが必要で、どのくらいの金額かかるのかわからなくて困る事も。

とりあえず初心者に必要なモノと購入時期についてご説明いたします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

筋トレは毎日やっても無意味!これが正しい筋トレの方法

筋肉を鍛えようと毎日トレーニングをしている人が多くいます。 しかし、これは無意味なことです。 ...

野球の試合中に選手がマウンドに集まるのはなぜなのか

テレビの野球中継を見ていると、試合の途中で選手たちがマウンドに集まる光景をよく目にします。 彼...

カナヅチ卒業!水泳初心者の為の段階別クロールの練習方法

泳げるようになりたいと思いながらも練習方法が分からないせいでどうしていいか悩んでいる人もいると思いま...

女子がハマっている腹筋パンチは効果があるの?

有名女優がドラマの中で腹筋パンチをしているシーンが映し出され、ブームに火がつきました。 そのた...

スポーツジムに女性が着ていく服はこれがベスト!

近年の健康ブームを反映して、スポーツジムに通う女性が増えてきました。 あなたの周りにもそういう...

陸上の200m走の練習方法 こうすればスピードに乗れる!

陸上の200mは100mに比べて2倍の距離を走ることになります。 そのため、持久力が必要となっ...

子供に野球をやらせるには何歳がベスト?野球の適正年齢とは

ついこの間までは泣くことしかできなかった我が子が、次々と出来るようになることが増えていき、様々なこと...

陸上の短距離では走り方を変えれば速く走れるようになる!

スポーツ全般にいえることですが、正しいフォームを身に付ければ上手くなれます。 特に、陸上の短距...

器具を使わない太ももの筋肉の鍛え方を紹介します

太ももの筋肉を鍛えれば、男性はたくましい体に、女性は引き締まった体になります。 でも、スポーツ...

スポーツをするのならA型とB型のどちらが向いてるの?

日本人はなぜか血液型占いが大好きです。 関連書籍も多数出版されベストセラーになる本も少なくあり...

陸上短距離選手のためのトレーニング こうすれば早く走れる!

陸上の短距離選手には何よりスピードが求められます。 そのためには、まず体をつくることが必要です...

スポンサーリンク

中学の部活でバドミントンを始めるとして必要なモノは?

まずは、ラケットとシューズでしょう。

ラケットは始めのうちは、バドミントン部にある共有のモノを貸してもらえるかもしれませんが、やはり長く続けるとなると自分のラケットが必要になります。

そしてシューズ、体育館でやるのだから体育館履きでいいのでは?と思いますよね。確かにそれでも出来ない事はないのですが、例えばバスケ部にバッシュなしでバスケをやれ!と言っているようなものなので、出来れば専用のシューズの方がいいでしょう。

バドミントンというのは想像以上に激しいスポーツです。専用シューズと体育館履きでは大きな差があります。足への負担を減らすためにも、やはり専用のシューズは必要と言えます。

後、しばらくすると学校でユニフォームを作る事になると思います。どんな弱小校でも、公式試合はするので、これも買わざるを得ません。

ちなみにバトミントンのラケットはよくガットも切れるので、場合によっては年に何回かは張り替える必要がある事もあります。

中学のバドミントンの部活でかかる費用とは?

ラケットはピンキリです。100円ショップでもバドミントンのラケットは売っていますよね。でもやはり試合をするとなると、それなりの価格のモノが必要です。目安としては初心者用としても1万円前後はかかると覚悟しましょう。5000円レベルはお遊び用だそうです。

次にシューズですが、これもピンキリです。これも1万円前後を目安にしましょう。ねらい目は型落ち品です。これだとセール時期になれば結構手軽な値段で購入可能です。中学生となるとデザインも気にして色々と騒ぐと思いますが、デザインよりも機能を優先させた方がいいでしょう。何故ならラケットもシューズも基本消耗品なのですから。

特にラケットはガットが切れるとその場で貼りなおす事が出来ないので、試合などは代替のラケットを用意する必要がある時もあります。

そして、シャトルですが、これは中学校の部活費で賄える事が多いですが、予算が少なかったり、使用が激しい場合は、別途徴収されることもあります。

中学の部活でバドミントンを始める場合の購入時期とは?

ここまで記事を読んでいただいて、めまいを感じているご両親も多いと思います。

もちろん自分の子供がそれで部活動に3年間打ち込んでくれるのであれば、惜しくはないのですが、途中で辞められるというリスクを考えると決して安いものではないから、それを見極めたいという希望はありますよね。

しかし、正直なところ子供が3年間部活動に打ち込めるかどうかは神のみぞ知るです。

本人にやる意思があったとしても、部活動の人間関係で辞めることもありますし、もちろん親御さんが心配するように意思が続かない事もあります。

しかし、どんな事にも絶対はないので、どこかで子供に賭けるしかありません。

4月の入部当初というのは、誰もが借りたり、別のモノで間に合わせたりしている時期なので、しばらく様子見でいいでしょう。

しかし5月となると誤魔化しが聞かなくなり、部活も本格的に練習を始める時期です。このころになると子供からの要求も厳しくなってくるので、特に部活をさぼる様子がなければ買ってあげてもいいかもしれません。

部活を子供が辞めたいといった場合の対処方法

子供が部活を辞めたいと思う理由は色々ありますが、やはり人間関係が多いようです。例えば先輩からイジメられるとか、へたくそだから同級生にバカにされるとか。また友達がいなくて上手く馴染めないという事もあります。

親としては一度始めた事を途中で投げ出すなんて良くないと考えますよね。また、正直お金だって掛かっている訳ですか、気楽に部活を辞めたり、変えられたりするのはたまらないと考えます。

でも無理矢理続けさせる事にあまり意味はないのです。

特に人間関係がこじれている場合は、本人の努力だけではどうにもならない事もあります。もちろんそういった苦労をして成長する事もあるのですが、追い詰める事が子供にいい結果を生む事はありません。

もし部活動を辞めたいと子供が言い出したら、一度きちんと話会いましょう。自分勝手な理由を言われれば頭に来ることもあると思います。でもお金のことは一度頭から追い出して、その上で結論を親子で出しましょう。

中学のバドミントン部活の問題点

オリンピックの種目でもあるバドミントンですが、中々日本ではプレイヤーが育ちにくいとも言われています。

というのも、中学になると部活動のバドミントン部に所属しないと、全国大会に出れれないのです。しかし部活動というのは、みながオリンピックを目指すわけではないから、練習も目指すような子とそうでない子は天地の開きがあります。ならば部活動に所属していて、練習は他でやるという方法があると思いますが、これも顧問が「部活をさぼって試合だけでるなんてまかりならん」というタイプだと不可能となり。

つまり才能があったり、モチベーションのある子供たちが、本来なら全力に練習につぎ込むはずの時間を部活動という時間の取れているというのです。

しかし、上の子のレベルに合わせれば、とても部活動の範囲を超えてしまうので、結果中々良いプレイヤーが育ちにくいとう環境になってしまうのです。

そういった意味では部活は部活、オリンピックを目指すプレイヤーの人はその人のレベルにあった練習を出来るように棲み分けをしてあげる必要があるのではと思います。

 - スポーツに関する雑学