キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

学生のカップルが撮るプリクラは、なぜチューが多いのか?

2017.1.11

現在30代後半から40代にかけての人にとって「プリクラ」というのは友達とのコミュニケーションツールでした。

それが一度下火になったと思ったら、今はカップルがお互いのラブラブ感のアピールツールとして復活しました。

さてなぜ学生カップルはチューする写真を撮りたがるのかについて解説いたします。

プリクラ今昔物語

プリクラは1995年に「プリント倶楽部」という名称の機械が発売されたのが始まりと言われています。当時はまだ携帯にカメラ機能がついてなく、デジカメも決して安いものではありませんでした。そのため気軽に取れて、シールタイプなので自分の持ち物に貼れるというのが当時は画期的な機能でした。

友人たちが集まってプリクラを撮って、それをみんなで分け合うという形がスタンダードな使い方であり、そのプリクラの写真の多さが、一種の交友関係のステータスとなっていました。今の感覚で言えば、SNSにおける交友関係の広さとイコールと言えます。

また、プリクラ自体もどんどん機能が増えていき、落書きできたり、フレームやスタンプなどで模様を入れた、美白効果や目を大きくする加工技術も追加されるようになるようになりました。

しかしブームも携帯にカメラ機能が付属し、携帯カメラでも十分上記のような加工ができるようになると、徐々にプリクラは下火になりました。

しかし、また最近はカップルラブラブアピールツールとして復権の兆しが見えます。

なぜ学生カップルはプリクラでチューをするのか?

大人には判りにくいかも知れません。簡単に言えば「自己顕示欲」です。

さて大人の人は昔を振り返ってみましょう。中高校生の時に、初めてできた恋人と、正門前で帰る待ち合わせをしたことありませんか?また下駄箱の前で待ち合わせした事は?

どう考えても、下校時刻であれば一番人目に付く所ですよね。正門前も下駄箱も。でもここで待ち合わせする事で「恋人と下校する」アピールを回りの人にしていたのですね。

ここ数年で、人は簡単に情報を発信することができるようになりました。まずはそのツールであるスマホや携帯、そして発信するための場所であるSNSは誰でも使うことができます。

そして簡単に情報を発信することができる反面、多量の情報に発信する情報が埋もれてしまう事になりました。つまり自分の情報を見てもらうためにはもっとインパクトが必要な訳です。

という訳で、比較的ハードルが低めのインパクトがある画像としての「カップルのチュー写真」が席巻する事になったのです。

プリクラでチューをする学生カップルの心理

よく言われることですが、「私たちはラブラブ」と他の人にアピールするカップルほど、長続きしないそうです。

これは本当にラブラブであれば、他人がどう思おうと気にしないはずなのに、敢えて自分たちのラブラブな様子を第三者に向けて発信するというのは「誰かに自分たちを認めてほしい」という心理の現れであり、つまりお互いのラブラブさに自信がないからという説があります。

また前述したように「自己顕示欲」という心理もあります。

例えば自分の彼氏、彼女はとってもイケメン、とってもかわいいとなると、それを他の人にアピールしたいというのはありますよね。またもっと単純に「自分には恋人がいる!」という事を他の誰かに知ってもらいたいというのがあります。

自己顕示欲は人間の業ですから、これから逃れるのは難しいかもしれません。また簡単に他の人から「いいね」という反応が見えるとなると、自己顕示欲に拍車がかかりやすくなるのかもしれません。

学生の時はいいけれど、黒歴史になる可能性も…

微笑ましいと言えば微笑ましいカップルのキスのプリクラ、いわゆる「チュープリ」ですが、年を取るとともに「若さゆえの過ち」感が半端なく襲ってくる事があります。

これが自分の携帯やスマホ、もしくは写真やプリクラシールであれば、削除するなり、処分すれば、とりあえず黒歴史はなかったことにできますが、イタイのはSNSに上げてしまった場合です。

基本ネットに上げた情報は、拡散する事を覚悟の上でやりましょう。自分が全部削除したつもりでも、どこかに残ってしまう事はあるのです。またネタとしてどこかのまとめサイトに永遠に晒されてしまう事も十分にありえます。

そして、キスの写真を撮った相手と別れて、次の人が現れた時、このチュープリ写真は、新しい恋人が見たら、決して気分のいいものではないでしょう。もしかしたらわかれる原因に発展する可能性もあります。

ラブラブをアピールするのはいいですが、後から振り返って後悔しないレベルに抑えておいた方が無難です。

チュープリでない学生カップルのオススメプリクラポーズ

チュープリは確かに微笑ましいものもありますが、もうどっちがどっちに食らいついているようなモノや、かなり生々しいのは決して第三者には好まれません。

ラブラブ度をアピールしつつ、他の人にも好意を持たれるポイントは「初々しさ」と「爽やかさ」です。それを踏まえた上でプリクラを撮りましょう。

やはり王道は、男子の頬に女の子が軽くキスする写真です。お互い照れくさそうな顔をしていると「初々しさ」が出てオススメです。頬にキスもちょっとハードルが高いというカップルは、お互い頬を寄せ合うというのもありです。親密度が伝わってきます。でも笑顔を忘れずに。

またお互いがお揃いのポーズをするのも、仲の良さがアピール出来て素敵です。結婚式でも見られるお互いの手を合わせてハートを作るというのもカップルならではの写真です。手で作るもありですが、お互い腕を使って大きく作るのもプリクラならではの良さが出ます。

第三者にプリクラを見せたいというカップルは、それを見た相手がどう感じるかも考えた上で撮影する事をオススメします。

 - 恋人・夫婦に関する雑学