キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

《男なのになんで?》周りから「かわいい!」と言われてしまう理由

2017.1.11

人にはそれぞれ、言われて嬉しい言葉と嫌な気持ちになる言葉がありますが、難しいことに嬉しいはずの言葉は、人によって嫌な言葉にもなり得るものです。

例えば女性が「細いね」「華奢だね」と体型を褒められたとしても、これは男性からすると「頼りないね」「女性みたいだね」と言われているように感じることもあるのです。

そこでよく耳にするのが「男なのにかわいいと言われる」悩み。

そんな悩みが可愛く思えてしまいそうですが、これが嫌な男性からすると大問題だったりするのです。

男がかわいい?そう言われるのが嫌な理由

言われたことがない人からすれば、何が嫌でそもそもなんでそう言われてしまうのかもよくわからないかもしれません。

しかし「男なのにかわいいなんて言われたくない・・・」と悩む男性が実は多いのです。

女性としては「かわいい!」は褒め言葉ですよね。なので言っている側には、おそらく相手を悩ませている意識はないでしょう。

ではなぜ悪意がないその言葉が胸に引っかかってしまうのか、それは男性は「かっこいい」と思われたい生き物だからです。

男女では生まれたときから身体の作りや脳の作りが異なります。

ヒトとは男の方が身体も大きく力もあり、昔から女子供を守る存在であり、いつの時代も力を得て世の中を支配していたのは男たちです。

かわいいという表現は、守ってあげたくなるような、自分よりも弱い立場のものなどに対して使われることが多く、反対にかっこいいという表現には頼りになる・守ってくれるというイメージを持ちます。

決して貶されているわけではないのに嬉しく思わないのは、この言葉のイメージがあるからなのです。

かわいいというのも、もちろん褒め言葉ではありますが、“かわいい男の人”という言葉から連想される男性像が、男女では少しずれているようです。

言われるのは仕方ない?増えてきている“かわいい男”

近頃、ニュースや雑誌などで取り上げられるようになった“ジェンダーレス”という言葉をご存知でしょうか。

男性の読者モデルを中心として“ジェンダーレス男子”と呼ばれる人々が多くのファンや賛同者を集めています。

ジェンダーレスとは男性・女性の性差を無くすという意味を持ち、主にファッション業界で女性が男性向けに作られた服を着たり、男性が女性向けに作られたアイテムを身につけたりと自分の好きなものを選択して自分らしさを出していく考えのことです。

女装をするのとはまた異なり、あくまで自分の個性を引き立たせるために、男性でも自らメイクをする人も珍しくはなくなってきました。

例えばそうした男性に対して“かっこいい”というのも“かわいい”というのも“綺麗”というのも、間違った使い方には思いません。

なぜならその男性自身も、かわいいと思った服を着たりアクセサリーを身につけたりするからです。“かわいい”という言葉が女性のための褒め言葉、という意識は無いのではないでしょうか。

またジェンダーレスを主張する人々は男らしさや女らしさを感じさせない中性的な顔立ち・雰囲気を目指す人も多く、そうしたモデルが増えてくることで女性も男性に対して“かわいい”と褒めることへの抵抗が薄れてきたのではないでしょうか。

かわいいは男に禁句?そう言われるのは母性のせいかも

そうはいっても世間のブームなんて知ったこっちゃない!

性差を無くすジェンダーレスが正しいというわけではなく、あくまでそうした考えもあるという程度に過ぎません。言われて嫌なものは嫌ですから、言われないようにするためにはどうしたらいいのでしょうか。

“かわいい”という言葉には守ってあげたくなるようなイメージを持つと述べましたが、女性には母性本能というものがあります。

これは子供を産み育てていく上でとても重要なもので、意識をしていなくとも本能的に備わっているものなのです。

この母性本能が働いてしまう時にかわいいと思ってしまうのは女性にとって普通のこと。そしてその母性本能とは女性が「守ってあげたい」と感じた時にくすぐられるものでもあります。

例えば、普段きちんとしている人のどこか抜けているところを見てしまった時。そのギャップも相まって「かわいいな」という感情が出てきます。

また母性とは子供への愛情ですから、子供っぽい一面を見たときにもかわいいと感じやすいかもしれません。

このように本能的にかわいいと思ってしまう部分はなかなか直そうとしてできるものでもなく、思わないようにしようと思っても難しいもの。

それを相手がどう捉えるか考えずに、女性が口に出してしまうかどうか、というところですね。

なんでもかんでもかわいい!女性の不思議な口癖

つまり男性が気にするほど、女性の言う“かわいい”に深い意味はありません。思ってなくてもつい言ってしまうほど、口癖に近いものだと思ってよさそうです。

例えばショッピングをしている時に「この靴かわいい!」「このワンピースのデザインかわいい!」というのはわかりますよね。

しかしレストランで「このパスタかわいい!」というのはちょっと違和感を覚えませんか?

そんな使い方をする人なんているの?と思いきや、街中の会話に耳を傾けてみると案外いるんです。なんでもかんでも「かわいい!」と言ってしまう女性が。

学校や会社など、人は常になんらかの集団の中に身を置いている場合がほとんど。10人いれば10人の、100人いれば100人の個性があって当たり前ですが、集団の中では同調しないと仲間はずれになるケースが少なくありません。

もちろん全てがそうとは言いませんが、そのようなパターンが多いのも事実です。

特に女性は男性よりもその傾向が強く、学生のうちからとにかく相手を褒めて褒め返してもらう会話に慣れてしまいます。

「俺のことをかわいいと言ってくるこの人は、きっとそういう女社会の中で生きてきたから口癖になってるんだ」と思えば、聞き流すことができるようになるかも?

それでも嫌なものは嫌!どうやって伝えればいい?

言葉とは何気ない一言でも、なぜかずっと心に引っ掛かるもの。

生まれ持った顔や、何十年も変わらない性格のことをかわいいと言われても、嫌だからと言って簡単には変えられません。

なぜかわいいと言われてしまうのか理由はわかったとしても、それが我慢する理由にはなりませんよね。

どんなに仲の良い友人であっても、何を言っても言いわけではありません。

素直に言わないでほしいと伝える

かわいいねと言われるたびにうるさいな〜と適当に流していると、相手にはきっとそれが嫌なことなんだと伝わっていません。

スキンシップの一環としてわざと相手がムッとするようなことを言ってふざけ合ってるようにしか思っていないかも。

しかし我慢しあう関係は長続きしませんし、伝えて気まずくなるような人とは距離を置いていったほうがあなたの為です。

思い切って嫌なことは嫌という勇気を持ちましょう。

かわいいよりもかっこいいと言ってもらう

冗談も言えるような中であれば「かわいいよりもかっこいいのほうが嬉しいんだけど」と何気なく会話の中に本音を挟んでみましょう。

切り出すのもちょっと恥ずかしいかもしれませんが、うまくいけばよりも自然に相手に伝えることができそうです。

容姿がコンプレックスだと伝える

童顔や女顔であることがコンプレックスであると相手は知っているのでしょうか。コンプレックスやトラウマだと知ると、なかなか気軽に触れられる話題ではなくなります。

自分としては別にそこまでのことではなくても、真面目に話してみることで“かわいい”だけでなく容姿に関する言葉を使われなくなることが期待できます。

この記事のまとめ

  • 女性の“かわいい”は母性本能からきている。
  • 口癖程度だと思って深く考えない。
  • “かわいい”は女性だけの褒め言葉ではない。
  • 親しき仲にも礼儀あり、嫌なことは嫌と伝える。

容姿に関する言動は、友人関係に予期せぬ亀裂を生むこともあります。

あまり考えすぎずに軽く受け流せればそれが一番楽ですが、そう簡単にいくものでもありません。

良好な友人関係を築いていくためにも、素直に気持ちを伝えられるようにしていきたいですね。

 - コミュニケーションに関する雑学