キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

何故!美人とブサイクがカップルに?美人の本音を聞く

2017.1.11

誰もが振り返る美人。

隣を見ると何故がブサイクの男性。

選り取り見取りに見える美人は何故その男性の選んだのか?どうして二人はカップルなのか?

聞きたくても中々本人には直接は聞く事が出来ない美人の本音に迫ります。

美人とブサイクのカップルは何故成立する?

意外なことに美人というのは大きく二つに分かれるようです。

一つ目は男運の恵まれないタイプ。とにかく声をかけられる、誘われる事が多いけど、もちろん全員と付き合えるわけではありません。そのため振った人からは逆恨みをされる、同性からも妬まれる、その上付き合った男は、美人がモテるのが判っているから束縛タイプに走ってしまう。その結果、よい恋愛に恵まれないパターンになります。

二つ目は、男性は憧れているけど、「高嶺の花」と思われて遠巻きにされているタイプです。多くの男性は「あんな美人だから彼氏がいるはず」「俺なんかとは釣り合わないよな」と勝手に自己完結されてしまうので、男性と付き合う事がないまま、それなりの年齢になってしまうのです。

そんな恋愛に疲れた美人が、自分を尊重してくれる人が現れたら、誰も声すらかけてくれない自分に、声をかける男性が現れたら、女性としては心が動くのは間違いありません。その男性がイケメンかブサイクかはさほど問題視されないのです。

ブサイクな男性が美人とカップルになるには?

ブサイクな事を認識している男性は、「どうせモテないから」と言って、恋愛と自分の間の距離を置くタイプと、逆にだからこそ自分から積極的に行こうと努力するタイプと二種類いるようです。

そしてイケメンの男性は努力しなくても、相手には困らないので、女性との会話や気遣いにあまり心を砕かない男性もいますが、ブサイクな男性は、だからこそ女性との会話を大切にしたり、相手を尊重するような傾向があります。

そして男性の中にはとにかく「一に顔、二にスタイル〜」というようにとにかく容姿を最重要視する男性も少なくありませんが、女性は、顔が良ければいいけれど、それ以上に自分に対する態度や、会話などを重要視します。中には、経済力を重要視する女性もいますけど、とにかく、男性ほど女性は容姿信仰を持っていないという事なのです。

もし自分の容姿に自信のない男性は、イケメンが怠りがちな女性との会話の内容や、相手への気遣いを細やかにすることで、恋に発展する可能性は決して少なくないのです。

ブサイクとカップルになる美人は現実的なのかも

顔が人を好きになる一つの要素であるように、性格がその人の事を愛する要素であるように、経済力がその人を好きになったという事もあるのです。

人の価値観はそれぞれですから、愛よりも生活を選択するというのも、あり得る事です。

また、美人の女性の中には、とにかく自分が優先される事を重要視する人もいます。それは美人という事で他の人よりも、注目される事が多く、中には優遇されることもあったかもしれません。そういう生活をずっとしていると、自分より目立つ人、自分を脇役にするような人を敬遠する場合もあります。

端的に言えば、ブサイクの男性であれば、自分の引き立て役になり、自分よりも目立つことがない、つまり自分が主導権を握る事ができると考える人もいます。

実際それで本当に主導権が握れるのか、またお金で人生が豊かになるのかは、別の問題ですが、そういう価値観のもとに男性を選ぶ人というのはいます。

それは女性に限らず、男性にもあるものです。

美人とブサイク コンプレックスが強いのは?

美人である事がコンプレックスなんてセリフを言うと、一般女性から刺されかねませんが、でも美人にとっては切実な問題です。

美人であるが故に、人生得する事もありますが、その結果要らぬ恨みを買ったり、妬みを買ったりすることもあります。前述したように、男性運のない美人など、ストーカー被害にも逢いかねませんし、また勝手に高嶺の花扱いされて、男性と交際できるチャンスが巡ってこない美人もいます。

しかし、この悩みだって、共感してくれる人がごく少数ですから、打ち明ける相手がいない場合だってあるのです。そして、やはり年を取れば、美人でもやはりその容姿に衰えが見られるので、特に美しさで勝負してきた人にとっては年を取るのは一つの恐怖かもしれません。

ブサイクもやはりコンプレックスという人もいると思います。ただこちらは結構人の共感を得やすいこともありますし、開き直った時強いのはブサイクなのかもしれません。

美人とブサイク、コンプレックスが強いのはブサイクとは限らないかもしれません。

所詮皮一枚の違いと割り切る

さて美人だブサイクだと言っても、所詮顔の皮一枚の違いです。

美人やブサイクがコンプレックスになるか、自分の強みになるか、それ以外の自分というアイデンティティを確立できるかはその人次第です。

そして仮に美人がイケメンとくっついても、美人がブサイクとくっついても、どう幸せになるかはその人次第です。人生の幸せが美醜に影響されるとは限りません。

時々街で見かけるカップルも美人だからブサイクとくっついたのではないのかもしれません。

ブサイクの人が好きになった人が偶々美人だったのであり、美人と付き合おうと思ってなかったかもしれませんし、美人だからこそ、ブサイクな男性と付き合ったとしても、人を顔の美醜で差別せず、その人の本質を見たのかもしれません。

カップルになる理由が人それぞれですが、顔だけがすべてではないというのが、ブサイクと美人のカップルに言える事ではないでしょうか?

お互いがお互いに満足して、相手を尊重する事、それが一番大切なのです。

 - 恋人・夫婦に関する雑学